≪ スマイルカット | メイン | ビーツ ≫

2007年09月15日

■ 小布施の栗鹿ノ子
おいしい話

お土産にいいよと勧められて「小布施の栗鹿ノ子」を、夫が軽井沢のお土産に買ってきました。 信州小布施の栗は、 甲州の葡萄、紀州の蜜柑と同じように、歴史は古く600年もさかのぼる土地の名産だそうです。この小布施は調べてみると、 晩年の葛飾北斎がこの町で絵を描くなど、文化人が行き来し、今も文化の香を残す町のようです。それにしても、 鹿の斑紋に似ていることから名付けられたこの「栗鹿ノ子」、さすが、大粒の栗が三つ、栗だけで練り上げた栗餡の中に入って、 いやいやこれはとてもとても満足な栗きんとんです。さぞかし、江戸の大家もこの味に舌鼓を打ったのでしょうね。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2007年09月15日 19:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/838

コメント

ぎゃあ!
この栗鹿ノ子、私も大好きです。おいしいですよね~?・600年ですか。老舗ですね。

ところで……もしかして、夫さまの文のときないですか?違ったらすみません。なんか文体が……そんな気が……。

投稿者 ちょこっと : 2007年09月16日 23:17

拙者は岐阜で栗鹿ノ子を頂戴し、感激した覚えがあります。本当においしい栗鹿ノ子は、驚きの味ですよね。

投稿者 ター様 : 2007年09月21日 17:44