≪ 阿波和三盆糖 | メイン | 激うま牛丼 ≫

2007年09月23日

■ 温泉卵
私のお薦め

温泉卵の作り方は色々紹介されていますが、案外温度管理が難しいのが欠点です。 炊飯器での作り方は便利ですが、少々時間が掛かります。そもそも温泉卵の原理は白身は75℃~80℃で、黄身は65℃~75℃で固まることを利用したものです。ここで紹介する作り方は少し荒いですが、それらしく、黄身は固まりかけて、白身は完全に固まらない状態のものです。まずタッパーウェアでかぶる位の熱湯を注ぎ、しっかり蓋をし10分置く。時間がきたらまず1個を冷水にとり割ってみてください。もしまだのようでしたら時間を2分位のばしてみてください、たぶんOKですよ。牛丼の上や、また消化もいいので朝におすすめですね。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2007年09月23日 20:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/843

コメント

先生出来ました!(^^)v

温泉たまごだけにおんたまげまし・・いえ(T_T)びっくりです。

簡単に作れて、ごはんの進み具合も違いマス・・。

投稿者 オリハルコン : 2007年09月27日 02:36