≪ 小魚のマリネ | メイン | 鳴門の桜鯛 ≫

2008年04月11日

■ キャベツの芯で蒸し焼き
おいしい話 , レシピ

  これ春キャベツの芯の部分を、手でバキッと折って、鶏肉とともに鍋にいれ、少しの水をいれて蓋をして、少しこんがりする位まで蒸し焼きにして、塩のみで味をつけた1品です。実はこれ、教室でキャベツの葉の部分だけ使った撮影があり、芯の部分が余ったものですから、作った一品です。皆さんもそんな状況のときは、是非お試しください。時間にして5~6分で出来ます。キャベツの甘いこと甘いこと、鶏からのおいしいスープとの合わせワザで、丸ごと1個分の芯を部分を、本当においしくいただきました。少しこんがりした方が、水分が抜けて、甘みも出ておいしくなります。中火で様子を見ながらトライです。(右下の応援クリックもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2008年04月11日 07:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1051