≪ キャベツの芯で蒸し焼き | メイン | 鳴門のワカメ ≫

2008年04月12日

■ 鳴門の桜鯛
おいしい話

びっくりする贈り物が1年に何度かありますが、今回は本当にびっくりしました。しかも予告なしの、今が旬の嬉しい『鳴門の桜鯛』。私の地元の徳島の方からいただきました。漁師さんが1本釣りで釣り上げたものだそうで、1匹5キロもありました。もう30分位ながめたり、写真に撮ったり、どなたに持って行こうかしらと、もう大騒ぎ。早速三枚に下ろし、身のほうはお刺身やサッと皮目に熱湯をかけてあらいに、骨は焼いて香ばしくお出汁をとり鯛茶漬けに、そして頭はあら煮にし、庭で取れた木の芽をたっぷりのせて、2尾を総勢10人以上で堪能させていただきました。本当に御馳走さまでした。「お口がはれる」と、思わず叫んでしまいたい位の贅沢をさせていただきました。感謝です。(右下の応援クリックもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2008年04月12日 07:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1054

コメント

見事な桜鯛です! 鳴門の荒海に体を張って、漁師さんがその腕に掛けて釣り上げた大物・・。

外れやまぐれ無しに目出度い!ですね。

投稿者 オリハルコン : 2008年04月13日 06:11