≪ 食事会のお土産は、『もっちもちパン』 | メイン | 矢澤ちゃんが作った『ズッパインクレーゼ』 ≫

2008年06月20日

■ 真夜中のおつまみ
わが家の食事

チーズ大好き人間の主人に出したら、感動されちゃいました!何より、3分でできる料理ですのにね・・・。二人してチーズが好きで、休みの日によく買ってきます。それでこの日は、冷蔵庫の中に、硬い系の『コンテ』と、白カビ系の『カマンベール』があり、それを使って、夜遅い食事に利用しました。食事と言っても、ホント真夜中ですし、何か食べれてお酒のおつまみになればというリクエスト、私もコンロ台を使わないでと思ってましたから、このタップリサラダとフランスパンになりました。ですからホントに簡単です。チーズに負けないクセのあるセロリを薄く切り、コンテとカマンベールも薄く切ってのせ、塩胡椒とちょとお値段の高いエキストラバージンオイルを振っただけで完成です。クセのあるもの同士がお口の中で合わさって、お互いのクセをおぎなう感じで、逆に旨みだけが広がりました。ホント主人には、真夜中に大受けでした。フランスパンも、あらかじめ1.3ミリの厚さで切って冷凍庫に入れていたものを、焼いただけです。タップリ作った真夜中のおつまみですが、赤ワインでしっかりいただきました。真夜中のチーズとフランスパン、常備してちょっと工夫するだけで、雰囲気も変わりおススメですよ。皆さんも是非。(右下の応援クリックもヨロシクネ)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2008年06月20日 07:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1142

コメント

●chiezoさん
6/16のコメント、キリンの一番搾りの「麻婆賀茂茄子」のレシピのお問い合せにお答えします。出演の三谷さん、佐藤さんからも、おいしいと言われましたので、一度試してみて下さいね。【材料】茄子5本、豚挽き肉80g、九条葱2本4cm長さ微塵切り、にんにく1かけ微塵切り、生姜1かけ微塵切り、鶏がらスープ250cc、豆板ジャン大1(お好みで)、酒大1/2、醤油大1、テンメイジャン小1、砂糖小2、ラー油(お好みで)、水溶き片栗粉適宜、以上これがCMで使った材料です。【作り方】(1)茄子は乱切りにして少し高い温度で揚げる。(2)豚挽き肉は、私の場合は熱湯で洗い脂を抜いておきましたが、この位であればそのまま油を引かずに炒めてもOKだと思います。熱湯で洗った場合は、炒めるときに少し油をいれて炒める。生の場合は、パラパラになるまで炒め、にんにく生姜をいれ炒め、豆板醤、テンメイジャンをいれ炒める。(3)水と調味料を入れ、一煮立ちさせたら茄子をいれ2分位煮込む。(3)最後に水溶き片栗粉でまとめ、葱みじんを散らす。九条葱が揃わなかったら、ピーマン、椎茸、人参等もいれていただいてOKですね。レシピ遅くなりましたが、ご主人の誕生日に間に合いましたでしょうか。どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者 浜内です。 : 2008年06月20日 18:26

●nyuzabuさん
6/18のコメントにお応えします。
豆腐パンを、しっかり見てくださり有難うございます。私も何回も試作を繰り返しました。焼き立ては、豆腐の匂いが残るのですが、10分位立てばあまり気にならなくなると思いますが、気になられる場合は、少し砂糖を多くするとか、カレー粉も、良いと思います。それとジャムを入れ込んでもいいのではないでしょうか。是非チャレンジしてみてくだい。今後とも宜しくお願い致します。

投稿者 浜内です。 : 2008年06月20日 18:34

●ちゃぁちゃんさん
6/19のコメントにお答えします。もっちりパンは水分が多い絹ごしでしたら、水分を切ってから使ってみてくだいね。使えないことはありませんので、大丈夫です。ポイントは100gについて小さじ1のベーキングパウダーを用いてくださいね。チャレンジは大切です。宜しくお願い致します。

投稿者 浜内です。 : 2008年06月20日 18:39