≪ 真夜中のミントと私です! | メイン | 阿波名産『半田そうめん』 ≫

2008年06月26日

■ 今年もルバーブのジャムの季節
わが家の食事

今年も、ルバーブのジャムの季節がきました。庭のルバーブは、今年は太い茎にならず、細い茎がたくさん出てきました。育て方が悪いのかなと思いつつも、このところの長雨で、傷まないうちに採ってジャムにしました。やはり酸味がつよいので、砂糖30%のみで作ることが出来て、本当に楽なジャムです。チョット手に入りにくい食材ですが、青山や麻布の外人の方が多いスーパーに行くと、置いてありますよ。チャンスがあったら作ってみてください、確かにヨーロッパの味がします。わが家は、ジャムはほとんど手作りです。でも、以前イチゴを買って来てジャムを作ろうとした際、ヨーグルトに添付されている粉糖を利用してつくったところ、見る見るうちにねずみ色に変色してしまい、悪夢のようなジャムになったことがあります。この疑問はまだ解けていないのですが、くれぐれも砂糖は上白糖、又はグラニュー糖を使っくださいね。作り方は、ルバーヴの筋をとり1cmの長さに切り、30%の砂糖をいれ、蓋をし中火にかけ沸騰後、蓋を取りそのまま中火で煮詰めるだけです。簡単でしょ!(右下の応援クリックもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2008年06月26日 07:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1158

コメント

清潔感、さっぱり感、そしておいしそうな料理、私、浜内先生のファンです。本日ブログを知り、延々と読んでいるところです。熊本ではルバーブが手に入りません。ジャムを長野から取り寄せで食べたことありますがいつか作ってみたいです。それと先生の料理教室に体験講座があることを知りいつの日か上京の折に是非参加したいと思っています。

投稿者 ぼたちゃん : 2008年06月30日 20:18