≪ ズッキーニの和風煮込み | メイン | コクがあってサッパリのポークチャップ&ライス ≫

2008年10月23日

■ 残り野菜のフルーティなサッパリ漬け
講習会

私はいつも、生のものを、必ず食卓に出すように心掛けています。生のものには、消化分解酵素もしっかりあり、いただいた栄養を、吸収してくれるという事のようです。しかし、その消化分解酵素は、熱に弱く、50度以上になると無くなってしまうとも聞いています。ですから、刺身やサラダ、フルーツなどを、しっかり取りたいと思っています。もちろん人間の体の中ででも、消化分解酵素を作り出しているのですが、年を重ねると年々その機能も衰えてくるそうです。そんなこんなで、冷蔵庫の残り物を刻み、塩をし、余計な水分を出しました。ナス、カブ、大根を薄切りにして、絞って今季節のスダチを掛けていただきました。スダチは、酸味もありますが、とってもフルーティーです。『フルーティーなさっぱり漬け』と命名したいと思います。残り野菜で、是非お試しください。(右下のランキングクリックもヨロシクね)
講演会&サイン会のお知らせです。
10/25(土)、午後2時~(開場13時30分)、『煥乎堂(かんこどう)・前橋本店5階ホール』
にて
サイン会だなんて、ビックリ、恥ずかしいのですが、私の考える家庭料理のお話をさせていただこうと思います。お近くの皆さん、是非!是非!応援してくださいね。参加を心よりお待ちしています。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2008年10月23日 08:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1285

コメント

おはようございます。
先生のブログを毎朝チェックするのが日課になっており、楽しくてたまりません。

今日は朝から雨が降っていて、体温も低くなっちゃいそうな気がしますね。
生のものには、消化分解酵素が含まれているんですね。
初めて知りました。
でも、これから寒い季節に入り、体温を上昇させるようなお料理も食べて、免疫力アップとも考えてしまうのですが。

生のもの、温かいもの、両方を摂取するのがBESTということでしょうか。

投稿者 yumeko : 2008年10月23日 09:55