≪ ユリネの酢の物サラダ | メイン | 浜内さん家のけんこう和食 ≫

2008年12月05日

■ 『秘伝のだし』のリレーの最後のレシピ
わが家の食事

『お野菜タップリ鍋』の残りスープで『カブラの煮物』を、その『カブラの煮物』の残りスープで『サトイモとレンコンのトマト煮』をと、まさに『煮汁のリレー』、『秘伝のだし』リレーです。今回は、主人から要望がありました。「サトイモを洋風に出来ないか」と。そこでサトイモに、レンコン、ニンジンをプラスして、冷凍してあったトマトの水煮を入れ、味をととのえました。本当はこのトマト味の後に、カレー味にしようと思っていたのですが、あまりにもスープがおいしくて、主人が何度もお代わりをするもので、ついついお皿に全部入れてしまい、これで『秘伝のだし』も、この日で最後になってしまいました。里芋は、包丁で剥くのではなく、ホイルで擦り洗いをして皮を剥きました。レンコンはきれいに洗い皮ごと、それにニンジンも同様に皮ごと入れて、トマトの水煮を入れ、蓋をし蒸し煮にし、最後に塩胡椒で味を整えました。こうしてみると1週間の煮物が、手を変え、品を変えることができました。また煮物を必ず一品作るということが決まっているだけでも、食材選びは楽になりました。炒め物や、サラダをつけたら、もう完成ですね。でも、これでスープも無くなり、「さて明日は何をしようか?」と、また悩みが…、でも皆さん頑張りましょう(右下のランキングクリックもヨロシクネ)
14日(日)、講演会があります。是非、来て下さいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2008年12月05日 07:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1338

コメント

「煮汁&秘伝のだしリレー」、とても、参考になりました。野菜を皮つきのまま、煮込んでいくことは、ぜひ、取り入れていきたいとおもいます。栄養分もとれる上、生ゴミも減り、一石二鳥ですよね。今日は、残りの「ずいき」のアクをしっかりととりのぞき、ずいきの酢の物に成功しました。ずいきのさくさくした歯ごたえが、なんともいえないおいしさです。最近、先生御用達の「超電水」を大掃除にむけて、購入しました。二度拭きいらずの上、よく汚れがおちて、とても掃除が楽しくなりました。

投稿者 つきこ : 2008年12月05日 20:02

私は、色々な料理をした後に残る出汁を全部おでんに入れています。

土鍋に残り物の出汁(魚の煮汁・手作り蕎麦つゆなど)を足していき、具もなくなると次々に継ぎ足していると、エンドレスに簡単で便利で美味しいおでんができるのが気に入っています。

でも、浜内先生のように煮物リレーも簡単&便利&美味しそうなので真似させていただこうと思います☆

投稿者 rin : 2008年12月08日 00:12