≪ 福は内、鬼は外。 | メイン | 下仁田ファームの下仁田葱でネギスープ煮。 ≫

2009年02月05日

■ ピンチヒッター「切干大根」のキャベツ煮
わが家の食事

ひょっとしてと思っていましたが、電話をかけてきた主人はやはり食事を取っていません。こんな遅い時間にと…、ピンチ!!です。私も翌日の撮影の準備で手一杯で、全く考えていません。冷蔵庫を見るとキャベツを一玉発見。でもキャベツだけでは、ちょっとと…ねぇと、そこで登場してもらったのが常備保存の乾物「切干大根」です。その切干大根を洗って一つかみお鍋に入れ、キャベツ一玉丸ごとざく切りにして、上から乗せました。小さめのキャベツでしたが、1kgはあったでしょうか。同じく常備保存の冷凍「ベーコン」を2枚切って、キャベツの上に乗せ、カップ半分の水と塩小1(6グラム)で20分くらい中火弱で火にかけました。その間に私はお風呂をいただき、丁度主人が帰ってきたころ出来上がったのが、この切干大根キャベツ煮です。キャベツから出たスープで鍋底の切干大根は上手い具合に戻ります。キャベツの甘みと切干大根のちょっとピリリとしたおいしいスープで、主人は丸ごとのキャベツ煮をワインとパンでいただいていました。イヤーぁ、ピンチ脱出です。私もワインを少しいただきながら、主人の今日一日の聞き役です。テーブルには、取って置きの塩と胡椒を用意して、キャベツ煮を盛ったお皿の上からガリガリと効かせたいただきました。是非、皆さんもこのピンチ脱出法、一度お試しあれ。(右下の応援クリックもヨロシクね)
今度の8日(日)テレビ東京で16時「たかの友梨ビューティーコンテスト」の審査員で出ます。9日(月)は、23時15分テレビ朝日の「お試しかっ!」でタカ&トシさんと出ます。是非見て下さいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2009年02月05日 08:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1406

コメント

ピンチの時の先生の様子が、手にとるようにわかります。そういう時こそ、本領発揮ですね!私も、先生をみならって切干大根を常備しています。いざというときに使います。私が常備している切干大根は、人参もミックスされています。今は色々な種類が、出ているんですね。今日、スーパーで、マッシュルームが特価品、100円で売っていました。先生に講義の時に教えて頂いたように、マッシュルームの頭をこっそり、押してみました。硬かったので、「買い」だと思いまして、購入しました。家で、マッシュルームの頭をとっても中の色は、黒ずんでいなくて新鮮でした~。先生のアドバイスに感謝です。

投稿者 つきこ : 2009年02月05日 22:30

風邪を引いたのか珍しく食べると胃が気持ち悪くなり・・・
食べたいけれど食べられないで、食いしん坊なので辛い・・・。
このブログのメニューに魅かれて作ってみましたら、
優しい味で胃にも優しく元気を取り戻しました。
外食では何万円だしてもこんな癒し料理はないですね~。
家庭料理万歳です!!!!!

投稿者 monica : 2009年02月07日 01:14