≪ グリンピースを茹でずに使いました。私的にはビックリ!! | メイン | 甘くシャキシャキの新玉ねぎサラダ ≫

2009年03月06日

■ 深夜のワインによく合うライスサラダ
わが家の食事

これはいいと思います。相変わらず深夜に、食事をせず戻って来た主人のお腹を十分満たして、一緒にワインを飲むお摘みにも十分なるライスサラダ、これはいいと思いました。まず冷凍ごはんを解凍し、ノンオイルで炒った塩胡椒の溶き卵を、そのご飯の上に載せました。そして、和風そのもののキュウリの浅漬けを、ピクルス感覚で斜め薄切りにして載せました。さらに、新玉ネギをスライスしたものを載せました。そしてブリーのチーズも薄切りにして載せました。もうノセノセです。最後に塩胡椒をたっぷり降って、混ぜます。いつも料理は楽しく、素敵にと思いながら、そしてせっかくだから、少しはいつもとは違ったものをとか、正統的にはこうだろうというところを横道にそれながら…、なんて考えていると案外新しいメニューになってくれます。漬け物の載せ載せサラダ、『これはあり!!』と、いたって主人は気に入ってくれました。漬け物も、チーズと同じ発酵食品、塩胡椒で洋風になって、特にこのライスサラダにピッタリでした。ライスサラダは、ワインのいいお摘みにもなって、ペロリといただいてくれました。食事を済ませていた私も、ボールに残っていたライスサラダを味見のつもりでいただいたら、しっかり全部食べてしまい、夕食の二度食べになってしまいました。主人は『もっと食べたかった!』と残念がっていましたので、また近いうちに少し内容を変えて、この手のライスサラダにまたチャレンジしてみようと思っています。それにしても、大成功の深夜料理でした。やったね、です。(右下の応援ランキングクリックもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2009年03月06日 18:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1443