≪ 2009年10月 | メイン | 2009年12月 ≫

2009年11月30日
 ■ 我が家のサニーレタスとルッコラ お庭の話 , わが家の食事

大きなボウルでサラダがあるだけで食卓は華やぎます。 我が家は、自給自足ができる家かも?と思うくらい、主人がいつも庭から野菜を収穫してくれます。もしかして、そっと近くで買い込んで来て、摘んでいるふりでも?とそんな気持ちになることも…。でも、そのおかげで野菜が買えない時には、重宝させてもらっています。この日、主人が採ってきたのがサニーレタスとルッコラです。庭の係の主人によると、冬のこの時期は花が咲くものがなく、実物(みもの)の野菜は出来ないそうで、葉物や根菜が多くなるそうです。葉物でもキャベツやハクサイなど結球するものは、収穫まで少々気長に待たなければいけませんが、このサニーレタスはある程度大きな葉になったら、外葉から摘まんで使うといいらしいです。外葉から摘んでも、また真ん中から新しい葉が出て来て、暫く楽しめるそうです。サンチュもそうでしたが、葉物でもこんな具合に次から次へと採れる野菜って、家庭菜園にとっては嬉しいですね。主人は、キンカンの大きな鉢にルッコラを下草のように植えています。ルッコラも次から次へと摘まんで使えるお野菜で、サニーレタスとはちょっと葉の付き方は違いますが、株がしっかりしていると、摘んでも若い葉がどんどん出てきます。この日は冷凍庫のシラスを取り出して、サニーレタスとルッコラでサラダを作りました。 庭のサニーレタスです。 キンカンの鉢に植えたルッコラです。 シラスは、イノシンサンとグルタミンサンの両方が含まれていて、冷凍庫に入れておくととても便利です。生姜微塵10g、塩小1/4、酢大1、水大2、刻み昆布少々を、少しずつ混ぜこんで塩タレをつくり、サラダに和えました。私は、器の中で何が気になる?と聞かれると、イの一番にサラダボウルと答えると思います。それくらいサラダボウルを選ぶ時は、ワクワクしながら内容を考えてボウルを選びます。なかなか日本の食卓で大きなボウルがないのが残念ですが、大きいボウルが食卓に上るだけで華やかになりますね。この日も庭の野菜を素敵なサラダボウルに入れて、本当に幸せな気分です。
2日(水)、夕方4時50分、『ゆうどきネットワーク』です。私のお奨めの「フタ蒸し料理」です。是非応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 16:54 個別ページ表示 | コメント (0)

2009年11月29日
 ■ 差し入れの散らし寿司 おいしい話

生ハムと鶏肉とチーズの散らし寿司です。 アボカド散らし寿司です。 有名なシンガーソングライターである私の生徒さんのライブが渋谷であり、差し入れをしました。急いでいたので、あまり丁寧にはできませんでしたが、少し今風なチラシ寿司を二つ用意させていただきました。届けたチラシ寿司の一つは生ハムと鶏肉とチーズに、黒コショウとパルメジャーノレジャーノをたっぷり降ったチラシ寿司です。もう一つは、『おもいッきりPON!』でもご紹介した、アボカドをペーストにした緑のアボカドチラシを作り、それをベースにエビとアボカド、ゆで卵を入れ、写真では写ってはいませんが、マヨネーズを線引きにデコレーションしたものです。ご飯(600g)が温かいうちに、砂糖大1、塩小1を混ぜて溶かし、その後酢大3加えて混ぜ込み、生ハムや鶏肉、チーズなどの具材を散らします。アボカドチラシの方は、酢にアボカド1/2をペースト状に潰したものを混ぜておき、その酢で、砂糖と塩を溶かしたご飯を混ぜ込み、エビやアボカド、ゆで卵を散らします。大きな風呂敷に包んで、会場に持ち込みましたが、ライブには間に合わず、終わり間際のお届出したが、お口にあったでしょうかね。翌日の芸能ニュースにも、そのライブの様子が取り上げられていましたが、そんな私の生徒さんがいるなんて、ちょっと嬉しいですね。(レシピは、こちらのブログと、番組のサイトを参考にして下さい。)
●来週は、30日(月)『おもいッきりPON!』(朝10時30分過ぎ、日テレ)と、2日(水)『ゆうどきネットワーク』(夕方4時50分、NHK)です。応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 19:21 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日
 ■ 私のおせちが、今売れています。 おいしい話

受付てます。売れています!!。皆さまにご好評いただいて、とても嬉しく思っております。セブンイレブンとイトーヨーカドーの方々とご一緒させていただいて、こんな立派なおせちができました。振り返れば山を越えなければならない日々もありましたが、振り返ってみると本当に良かったなと思える結果になりました。何回見ても、何度いただいてもおいしくて、涙が止まりません。『色々沢山入っていて賑やかで、家族全員が楽しめて、しかも価格的にはお値打ち感があるものに。またご家庭でも作れるおせちとして、レシピも公開し、食べて良かったら是非お家でも作って欲しい。』と、そんな欲張りをコンセプトにしたおせちに、邁進して参りました。1段目は昔ながらの口取をベースにお正月らしく豪華に。2段目は少し現代風にアレンジメニューが入り、味の変化を意識すて和に、中華、洋風を入れ込みました。楽しく、華やいだ感じの二段重になったように思います。お正月くらいは、主婦の方も少し台所から離れ、ご家族とくつろぎながら、このおせちがちょっとした話題作りになれば良いなと思って、健康感をベース考えましたので、納得していただけたら嬉しいです。たとえばニンジンの臭みをオレンジジュースで消したり、甘みも程々にさせていただいたり、アーモンド(アンチエイジング)をふんだんに入れて田作りやタタキゴボウの中に入れ込んだり、栗きんとんもリンゴジュースで、甘すぎず甘みと酸味のバランスを付けました。なんていろいろアイデアを詰め込んでいますので、ぜひご覧くださいね。私の着物姿もチラリと見てください。
●セブンさんのサイトで申込めます。●おせちのレシピはこちらで見れますよ。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 20:01 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月25日
 ■ ショウガを冷凍で保存すれば…。 テレビ

丸ごとラップで包んで冷凍します。 コチンコチンに冷凍したショウガを擦り卸します。 先日の『はなまるマーケット』で、我が家のショウガ使いをご披露しました。ご披露した使い方は、至って簡単!!。でも、はなまるの岡江さんからは、目から鱗!と、お褒めの言葉をいただき、薬丸さんや皆さんもこりゃ楽だ!と、楽しんで頂きました。その使い方は、ナント!そのままショウガを冷凍するだけ、丸ごと冷凍するだけです。ショウガを擦って使う時は、これがとても楽です。擦って卸したい時、例えば豆腐を奴で食べる時、豆腐の上にそのまま卸せばいいのです。 直接、鍋にも卸せます。 直接、お皿にも卸せます。 焼きナスも、その上に直接。番組の中でご紹介したトマトスープも、スープをよそった器の上から皆さんに直接卸していただきました。皆さん、「あっ、ちゃんとショウガの香りも味もするわ」「口の中に繊維が残らない」「筋っぽくなくていいわ」「いつも卸して絞り汁を取っていたので楽だわ」と、実に自然なお言葉でした。ラップか保存袋に入れて冷凍しておけば、いつでも使えて、また保存できます。コチンコチンに凍っていますから卸すのは楽です。少々周りに氷が付いていても、直ぐ融けますから大丈夫。粉のように、降り降ろせますから、食材の上からも、容器の上からも、鍋やフライパンの上からも簡単に調味料代りに使えます。寒さが到来のこの時期、免疫力UP,カゼ予防に、皆さんご一緒にジンジャラーになりましょう。ホント便利ですよ!お試しあれ。(右下のランキングクリックもヨロシクね)
●明日は、また『はなまるマーケット』です。
●今、私の「おせち」が、とっても好評です。是非、ご予約ください。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 11:52 個別ページ表示 | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月24日
 ■ 煮込まなくてもおいしいカレー テレビ

煮込まなくてもおいしくなる秘訣が一杯のカレーです。 昨日の『おもいッきりPON!』は、わずか8分、煮込まなくてもいい本格的なカレーを作りました。カレーと言うと煮込むイメージがありますが、その概念を捨ててください。煮込んで味を浸み込ませた方がおいしくなるお肉を今回は使いませんから、火の通りが良くてそれでいてお肉に負けないくらい旨味の詰まっている素材を使って煮込まなくていいのです。しかも、その方がスパイスの香りも残って、おいしくカレーができるんですよ。そのお肉に負けないくらいの旨味のある素材は、干しシイタケと同じ旨味を持つシメジです。ただ、そのシメジを使う時のポイントですが、シメジの旨味のグアニル酸は、奥の芯の方にありますので、必ず中火で4~5分ゆっくりと炒めて引き出してください。強火で炒めるとその旨味が飛んでしまいますのでご注意くださいね。炒める時は、コクと香りのいいオリーブ油を使うといいですね。シメジが炒まったら、赤パプリカとピーマンを炒めます。軽く火が通ったら、コクを加えるためにお安くて結構ですから赤ワインを加えます。一煮立ちさせてアルコールを飛ばしましょう。アルコールが飛んだら、水を加えもう一度一煮立ちさせます。後はもう、カレーのルーを加えるだけです。カレーのルーは手早く溶かすために予め細かく刻んでおくと楽です。カレーのルーが溶けたら、醤油を少し入れて混ぜれば完成です。お肉を使わず煮込みませんでしたが、おいしいカレーがPON!と簡単にできる秘訣が一杯の『PONカレー』です。(詳しいレシピはこちら)是非一度、お試しくださいね。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
26日(木)は、『はなまるマーケット』(8時30分、TBS)です。
27日(金)は、『女神のマルシェ』(15時50分)、日テレ)で、「浜内千波のよくばりおせち」です。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 06:34 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月23日
 ■ 慶応の三田祭に行って来ました。 私のお仕事

大賞は鹿児島ラーメンです。鹿児島学生会の皆さん、元気で明るい方ばかりです。 昨日は、慶応大学の三田祭に呼ばれて行って来ました。100店近く出展される模擬店の中から№1を決める恒例企画「中庭模擬店大賞」の審査です。訳も分からず行ったのですが、会場は大いに盛り上がり、私自身も若い皆さんからとても元気をもらいました。模擬店と言えど、食べ物を出すのは小さな食ビジネスですね。如何にこだわるか、それをどう伝えていくか、とっても楽しい元気のあるプレゼンのステージでした。この元気さは、巷のお店も見習って良いのではと思ったくらいです。こうした楽しい三田祭を、陰で進めておられる実行委員の皆さんの姿もとても印象的でした。ホント行って良かったなと思いました。(ランキングクリックもヨロシクね)
Mr看板息子と、Miss看板娘のお二人です。もう私の子供みたいですね。 こんな素敵な手作りのプラカードまで用意していただきました。 ●本日は『おもいッきりPON!』(日テレ、10時30分過ぎ)。私も元気に行ってきますね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 08:58 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日
 ■ ニラのホットお浸し わが家の食事

ホットお浸し、簡単ですよ。 我が家は、ニラを買うことが多いかも知れませんね。主人が好きですし、値段もお安いし、そして栄養もたっぷりですものね。この日も、また2束買って来て、お浸しにしました。お浸しと言っても、ホットお浸しです。普通お浸しは、浸すと言うくらいですから、茹でたものをお出汁になじむ程度しばらく浸すことになりますが、ホットお浸しはさっと茹でたものに、水8・ミリン1・醤油1でホットつゆを作り、そのままかけて、削り節をタップリ降って完成です。とてもシンプルで、ご免なさいね、と言ったメニューです。浸す時間も要らず、冷たくもなく、歯ごたえもあり、いい感じなんですね。ニラだけでなく、ホウレンソウや、小松菜、チンゲン菜もおすすめです。ホットつゆを作るとき、シメジなどを一緒に入れることもありですね。時間のない時の副菜に、とても便利だと思います。是非お試しください。(ランキングクリックもヨロシクね)
●明日の月曜は、『おもいッきりPON!』(10時30分過ぎ、日テレ)。26日(木)『はなまるマーケット』(8時30分、TBS)。27日(金)『女神のマルシェ』(15時50分、日テレ)、応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:25 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日
 ■ いつもの鍋セットを、洋風鍋に。 わが家の食事

アッ、何だかいつものお鍋と違う!!。野菜ダシの魚介類一杯のお鍋です。 取り皿ではなく、スープ皿に盛って、スダチを絞りました。 土日はいつも教室からの帰り、主人と近所のスーパーに寄ります。この日は二人とも、お肉は今一その気にならず、お魚売り場に行ってみたところ、何とお鍋セット980円が半額で、しかも1セット残っているではありませんか。思わず手にとって立っていたら、主人は「こんな出来合いの鍋セットにするの?」っと言った感じです。確かに、お鍋のダシスープも付いていて、それを入れて煮込めば出来上がりといった代物です。で、主人に「洋風鍋はどう?」と言ったところ、その言葉にとても惹かれたのか、早速OKが出て買って帰りました。冬に「お鍋」と言うと、カツオや昆布のおダシで、ポン酢でいただくと言った定番のお鍋を直ぐ思い浮かべますが、まさしく主人もそうだったみたいです。まず白菜のざく切りとトマト1個を荒微塵切り、1cm位の厚さに切ったジャガイモを入れ、フタをして蒸し煮にして十分にダシを取りました。そこに、この日買って来た鍋セットを入れ込み、ブロッコリーとトマトも入れて、水を1カップと塩をして煮込みました。 いかにもトレーも和風で、鰹・昆布ダシのスープも付いたいつものお鍋セットです。 「成る程!洋風鍋と言われてみれば、ああそう言うことか・・・」と言った感じですが、余りにも定番のお鍋が頭の中にあり、主人には大変新鮮だったようです。白菜とトマトの野菜ダシに、あの半額の魚介類が、もう贅沢においしいこと!おいしいこと!とてもいい感じでした。ジャガイモもサッシーと言う新しい品種で栗のようにホクホクして、お野菜とお魚をスープ皿に取って、スダチを絞りながらいただきました。なんだかとても幸せな気分で、500円の鍋セットがこんなにも変身するのだなと思いました。もう一度レシートを主人と見返して確認をしましたが、やはり500円でした、よかったですね。皆さんも、いつもの鍋セットを、洋風鍋にしてみるのは如何ですか。是非、お試しください。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 14:00 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日
 ■ 島ニンジンです。 わが家の食事

沖縄の島ニンジンです。細長く黄色いのが特徴です。 千切りにして炒めてみました。とっても甘いです。 先日ビックサイトで全国の食品の物産会がありました。とにかく多くの人が訪れ、5万人位はいたでしょうか、ビックリしました。私たちも講習会で参加しましたが、講習会の合間に色々なブースを見て回り、試食をしたりの楽しい二日間でした。その中で沖縄のブースを覗いた時に、珍しい島ニンジンを見つけ買い求めてみました。沖縄在来のニンジンで、細長く黄色い色が特徴です。島ニンジンは千切りにして、エノキダケと中国ハムを加え、炒め、塩・胡椒で味をつけたのですが、とても甘いこと甘いこと!。沖縄で食べたことはありましたが、改めて再確認をしました。色はきれいな黄色で、味もニンジン臭く無く、おいしくいただくことができますよ。皆さんも、沖縄物産展がありましたら、是非一度買い求めてみてください。(右下の人気ランキングもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:38 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日
 ■ 今が旬の里芋です。 わが家の食事

手が汚れるくらいのドロドロの土の付いたおいしそうな里芋です。 素材の味をシンプルに、塩煮にしてみましたが、ねっとりと贅沢な味です。 とにかくおいしい!そんな里芋に出会いました。触るとまだドロドロの土が付いている掘ったばかりの里芋です。お向かいさんからいただいたもので、西武ラインズのファンの親子が触れ合いながら農業体験をするライオンズファームでの収穫物だそうです。何といっても素材が一番!の里芋ですが、なかなかおいしい里芋に出会いません。ですから、いつも疑いの目を持ちながらも、好きなものでついつい買ってしまう私です。さて今回は、見かけはおいしそうだし、どうかしらと期待しながら塩煮にしてみました。まず里芋は、皮をむき、きれいに洗います。洗った里芋は、1㎏ありました。1%の塩ですから10gですが、刻み昆布を2gほど入れましたので、10gよりは少し少なめの塩を入れまぶし、1カップの水を入れて、蒸し煮にしました。その間に、牛挽肉100g位を熱湯で洗ってザルに取り、お湯を切り、里芋に火が入り始めたら加え、全体に時々混ぜながら火を通しました。約15分位で串がスーッと入り、完成です。さて、お味ですが、実にねっとりしていて、本当に贅沢な里芋で、期待通りでした。ネットでライオンズファームを見てみましたが、3月に植えて、7月に草取りをし、この11月に収穫した『狭山サトイモ』だそうです。親子が一緒に、農作業を体験しながら、自然や食物に対する理解を深め、全国第3位の生産量を誇る『狭山サトイモ』の郷土学習も同時に行う試みだそうです。ナルホド!ナルホド!と、その試みに感心しながら、1kgの里芋をペロリといただいた主人と二人です。(右下の応援クリックもヨロシクネ)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:01 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日
 ■ 冷蔵庫のお掃除の一品 わが家の食事

とってもクリーミーな一品でした。 この日は、冷蔵庫の掃除と銘打っての一品です。でも実際には、夜遅い食事で、買い物をする時間も無く、冷蔵庫のもので何とかなるだろうとの一品でもありました。まずは、冷凍庫の奥の方にコーンを発見!それと塩そぼろ!。野菜は、キャベツとネギの端くれです。牛乳も少し余っています。これだけあれば、後は保存食の切干大根とお餅を取り出して、寒い夜でしたから、イメージはクリーム煮か、シチュー風に仕上げたいと思いました。切干大根は、さっと洗い鍋に入れ蓋をし、蒸し煮にしました。5分位すると火が通ってきますので、塩そぼろとキャベツ、コーンを入れ煮込み、さらに牛乳を加えて煮込みます。最後に、焼いた餅とネギを入れ、塩・胡椒で味を整えました。時間にして10分、寒い真夜中に実に温かい、そして冷凍庫がとてもきれいになった一品でした。(右下の人気ランキングもヨロシクね)
●本日は、『はなまるマーケット』です。応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:31 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日
 ■ 本格的、棒々鶏サラダです。 テレビ

昨日の『おもいッきりPON!』は、ちょっと本格的に棒々鶏サラダをご紹介しました。材料もいつもよりは多目ですが、ご家庭であるものばかりですし、ナルホドッと思える簡単な調理ばかりですので、是非お試し下さいね。使った鶏肉は、骨付き鶏もも肉です。骨付き肉の方が、柔らかくて骨から出る旨味が浸み込み易く、ジューシーに仕上がります。火の通りを早く、味が浸み込み易くするために、骨に沿って切り込みを入れて広げておいてくださいね。そこに、お肉をより柔らかくするために、もう皆さんには何度かお伝えしている、砂糖と酒をまぶして揉みこんで、30分ほど置いて下さい。砂糖の保水効果で、お肉の中の水分やお酒で足した水分が保持されて、柔らかくなりますよ。次に、タレの材料で余るネギの青い部分と、ショウガの皮を、香りと旨味を増すために熱湯に入れ、そこに先程の鶏肉を入れて下さい。必ず、熱湯に入れてくださいね。それで、表面のタンパク質が固まり、旨味を閉じ込めます。中火で20分程茹でたら、今度は鶏肉は取り出さず、そのまま冷ませて、使う直前まで置いてください。鶏の骨から出た旨味のスープが、冷めて行きながらお肉に戻って行きますよ。後は、鶏肉を細かく割いて盛り付けて、万能胡麻ダレをおかけ下さい。万能胡麻ダレも簡単。砂糖をお酢でよく溶かしたところに、ラー油、醤油、練り胡麻、ネギとショウガ微塵を入れて混ぜるだけ。ポイントは二つ。最初に、砂糖はお酢でよく溶かしてください。他は濃くて砂糖が溶けにくいです。そして練り胡麻は入れたら、分離したり、胡麻の風味を損なわないためにも、ワン方向にゆっくり混ぜることです。最後に、香り付けに、ゴマ油を足して混ぜれば、万能胡麻ダレの完成です。どうです、柔らかくジューシーな鶏肉に、胡麻の風味のおいしいタレがかかった棒々鶏サラダ!!。是非、皆さんもお試しくださいね。(右下の人気ランキングもヨロシクね)
●詳しいレシピは、こちら。毎週、月曜日は、10時30分過ぎの『おもいッきりPON!』(日テレ)、応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 13:44 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日
 ■ ミントも庭でお手伝い? お庭の話

庭のミントは、手持ち無沙汰のようです。 主人が庭の収穫をしている時、ズーッとミントも側で、その様子を見ています。でも主人は、収穫に夢中で、ミントにあまりカマってやらずで、少々退屈気味ですね。庭のテーブルに運ばれて来た野菜は、ネギとアサツキに、ルッコラとスープセロリに、チコリですが、これらの野菜は、ちょっと苦手だなといった顔つきです。今、主人は、キャベツやハクサイ、ブロッコリーにカリフラワーにもチャレンジしていますが、これはミントも好きな野菜です。でも結構、虫さんに食べられたりで、葉の裏を一枚一枚見ては捕まえたりと、主人の方は苦戦しています。何れにしろ、このところ休みの日は、主人もミントも庭で過ごしています。(右下の人気ランキングもヨロシクね)
九条ネギです。本当は、根元に土を被せるのですが、早く摘んでしまいました。 キンカンの鉢に、下草のようにルッコラを植えています。 スープセロリは、イタパセと似ていますが、丈夫です。 ●今日は、これから『おもいッきりPON!』(日テレ、朝10時30分過ぎ)の本番です。毎週月曜は、頑張っていますので、応援してくださいね。
葉っぱが、チクチクしているチコリです。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:53 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日
 ■ 我が家のショウガ お庭の話 , わが家の食事

葉っぱも黄色くなってきましたので、掘り起こしてみます。 立派なショウガで、感激です。 我が家では、甘酢に漬けました。 サツマイモと同じく、主人が庭から掘り出した根菜にショウガがあります。いつも見慣れているショウガが、土の中でこんな風に根のところで塊になっているのは初めて見たそうで、昨日の紅アズマと同じく土の中からこの塊がでてきた時は、感激したそうです。サツマイモは感激の割には、アララッてな感じでしたが、ショウガはお店で売っている物より一回り小さいですが、立派なショウガです。まだ、葉っぱが青い、夏の終わりに採ると、それは葉ショウガで、茎の部分を持って、筆みたいなショウガをガリガリ食べます。主人は、食べ方からして、見た目からして、この葉ショウガは、別の種類と思っていたようです。ですから、夏から秋にかけて、こんなに形も、楽しむ味も変わるなんて、これも大きな発見だったようです。小さくても、とても沢山取れましたので、教室に持って行ったり、薄く切って甘酢に漬けました。蒸したり、茹でてもOKですが、シャッキリと味を楽しみたくてそのまま甘酢に漬けましたが、主人と夜、ビールのお摘みにいただいたり、さらに千切りにしてサラダのアクセントにしたりと楽しんでいます。植え付けは、梅雨前からと、収穫まで結構時間もかかりますが、気長に構えていると、庭の片隅でもプランターでも手間要らずだそうです。私も自前のショウガに少々感激しています。来年は、皆さんもご一緒に如何ですか。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
明日、月曜は『おもいッきりPON!』(日テレ、朝10時30分過ぎ)です。頑張りますので、応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 18:12 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日
 ■ 我が家の紅アズマ お庭の話

袋を利用して葉も青々です。 写真では大きさが、分かりませんが、トホホと言う位本当に立派です。 庭の係りの主人が、このところブログでご紹介している葉野菜だけではなく、根菜のサツマイモを掘り起こしてきました。サツマイモは、培養土の袋をそのまま口を切って、そこに直接苗を植えて育てていましたが、夏を越して葉も青々として、実りの秋を迎え、楽しみに掘り起こしたようです。ベニアズマの赤い芋が見えた時はもう感激で、その下からもっと出てくるだろうと期待して掘り進んだようですが・・・、何とそれで終わりだったようです。大きさも、写真では分かりませんが、親指2本分の長さと太さでした。この手間と時間をかけた可愛い収穫物を前に(実際には、サツマイモは手間は要らずで、放っぽりぱなしだったそうですが)、庭のお世話をしていただいている方に聞いたら、俗に言う「ツルボケ」で、葉の方ばかりに回る肥料だったのですかねと、二人して大笑いしたそうです。失敗しても、年に一度しか経験できませんので、いい経験だったようです。 小さくても、中はホクホクの紅アズマです。 きっと主人は、来年リベンジすると思いますが、上手く行くかしら…、期待せず、楽しみにしたいと思います。でも、このお芋さんに、大喜びしてくれた子がいます、我が家のミントです。ミントはお芋さんが大好きで、蒸かしてあげました。中はしっかり黄色く、小さくても紅アズマです。主人のこの収穫物にミントは大満足でした。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
毎月曜、朝、『おもいッきりPON!』(日テレ、10時30分過ぎ)、楽しくお役立ちのお料理をご紹介しています。応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 16:47 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月13日
 ■ ベビーリーフのサラダ お庭の話 , わが家の食事

中華風ビーフジャーキーがいいアクセントのリーフサラダです。 昨日に続き、庭の係の主人が、この日曜日、庭に入って収穫してきたものに、ベビーリーフがあります。ベビーリーフとは、小さい葉の種類の葉野菜があると、主人は思っていたようで、それが、あのレタスやルッコラなどの、若い葉だと知って、とても意外そうに納得していました。レタスと言えば、お店では大きく形になったものばかりを見ていますが、当然まだ小さく若い段階のものがある訳ですものね。一つの葉野菜を大きく育てるのは、間引いたり、虫を摘まんだり、肥料を施したりと大変ですが、ベビーリーフはそれ用のMIXされた種(ムスクラン)を買って来て、鉢に蒔けば、ほぼ間違いなく芽が出て来て、一斉にみっしり生えて来てくれるそうです。陽が当たるところに置いて、水を切らさず、出来れば不織布をかけ虫が付かないようにすれば完璧のようですよ。そんな訳で、この日の主人の収穫はドッサリのリーフレタスです。赤高菜・グリーンオークレタス・赤サラダからし菜・ルッコラ・レッドリボン・水菜の鉢と、リーフレタスの鉢と、サラダホウレンソウの鉢、レッドマスタードの鉢と4鉢を、摘み採ったようです。若い葉ですから、栄養も抜群だそうです。 レタスや高菜や水菜などの若い葉(左)と、リーフレタスの若い葉(右)の鉢です。 サラダホウレンソウの若い葉(左)と、レッドマスタードの若い葉(右)の鉢です。 どうです!!ベビーリーフがドッサリです。 ちょっと忍びないのですが、これ以上置いておいても、密集して返って弱りますので、元気なうちに摘んで、我が家と教室の生徒さん達にもいただいてもらいました。我が家では、香港土産の中華風乾し牛肉を細く裂いて、オリーブオイルと塩・胡椒でいただきました。鉢で出来るそうですから、皆さんもベビーリーフのサラダは、如何ですか。(右下のランキングクリックもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:13 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日
 ■ 庭のサンチュとニラとチャイブで焼き肉巻です。 お庭の話 , わが家の食事

サンチュも贅沢に使って、お肉とニラもたっぷり巻きました。 庭の係の主人によると、サンチュは、最初は背も低く、大きくなった外葉から摘んでいくそうです。そうすると、だんだん背が高くなりながら、次々に葉が育つので、また摘めるそうです。その繰り返しで、先端に花が付いたらその株も終わり、しかし主人もこんなに長く楽しめるとは思わなかったようです。途中、台風が来て、倒れないように手入れをした位で、手入れも簡単!、秋のキッチンガーデンにはおススメの野菜とか。しかも、お店で買うと、数枚で結構な値段、思わずニッコリですね。手入れが楽と言えば、ニラやチャイブもです。 サンチュは、最初は背も低く、外葉から採って使います。 こんなに背が高くなって、先端に花も咲きました。 葉っぱを束ねて、ペットボトルを切ったものに入れて保存します。 根元から切って使えば、何度も育ってくれるそうです。このところ日曜日に主人は庭に入り、収穫をしてくれますので、その内容によってメニューを決めますが、この日は収穫のサンチュでお肉を巻こうと思いました。仕事帰りにお店に寄ったら、あいにく遅い時間で豚バラ肉しかスライスしたお肉はなく、ここは脂が少なめの豚もも肉のブロックを買って、薄く切りました。そのお肉に、擦り卸したショウガを揉み込みしばらく置き、肉に対して1%の塩をして、フライパンでこんがり焼きます。まさしく生姜焼きですね。 ニラです。根本で切れば何度も伸びます。 ガーリックチャイブです。やはり根本で切るとまた伸びて来ます。 ペットボトルに入れて保存します。暫く持ちますよ。 サンチュを広げ、お肉とニラとチャイブを乗せて、巻いて食べたところ、ビールが進むこと!進むこと!。私は、あまり焼肉屋さんには行きませんが、こんなスタイルで、皆でワイワイいただくのが楽しいのでしょうね。主人の摘んだタップリのサンチュとニラとチャイブに、焼肉屋さん気分も加わり、もうとてもハッピーな気分になりました。(右下のランキングクリックもヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:11 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日
 ■ 新しい定番、アボカドちらし。 テレビ

きれいでしょう。本当にアボカドちらし、おいしいですよ。是非! 昨日の『おもいッきりPON!』で、皆様にご紹介したのは、今や定番の「アボカドロール」ならず、アボカドを使ったちらし寿司「アボカドちらし」です。でもちらし寿司となると、ちょっとハードルが高そうに聞こえますが、ここはお手軽に作っていただきたいのでお任せ下さい。合わせ調味料も作らず、普通に炊いた温かいご飯でOK、具もお子様が喜ばれる材料で作りました。まずエビは、お湯を沸かして茹でずに、洗って鍋に入れ、酒大1でフタをして沸騰させ、余熱で2分、裏返して2分放って置くだけです。エビは、余熱で硬くならず、酒で臭みも取れ旨味も増します。酢飯は合わせ調味料を作って混ぜてもいいのですが、ここは砂糖と塩を温かいご飯にそのまま加えて混ぜ、溶かしてしまいます。その後酢を入れますが、酢にコクを付け、仕上がりの酢飯の色目も良くするために、アボカドを半分ボウルで潰して酢と混ぜ、ご飯に加えます。後はエビと残りのアボカド、ハムとゴマを乗せ、お好みでマヨネーズをかけて完成です。どうです、きれいでしょう。お味もコクがあるのに、サッパリしておいしいですよ。マヨネーズは、ビニール袋に入れて先に爪楊枝で穴を開けると、細く出ますよ。皆さんのご家庭の定番に「アボカドちらし」を、是非お加えください。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
毎週月曜、『おもいッきりPON!』(日テレ・10時30分過ぎ)、ザブングルズ、高橋みなみちゃんと、楽しく役に立つお料理を紹介しています。詳しいレシピはこちら。皆さん応援して下さいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 13:57 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月09日
 ■ 浜内千波の「毎日の野菜料理」です。 本・出版

「こんなに野菜を食べるの!?」と以前は言っていた、お世話になっている番組のディレクターの方が、今では「もう野菜がおいしくって!!」と、嬉しそうに言ってくれます。野菜は種類も豊富で、その素材が持つ本来の旨味が分かるようになると、自分の味覚も進歩したような気持ちになりますし、何だか健康的な感じにもなって来ます。あるご家庭のパーティーに呼ばれて気付いたことは、野菜のお料理が少ないことでした。腕を振るったメイン料理はボリュームもあり、とてもおいしいのですが、そればかりでお腹一杯になると何だか体が重く、シャキトしません。決して私はベジタリアンではありませんが、この「毎日の野菜おかず」を、毎日のお料理にお役立て下さい。でも、「毎日と言われても…」。そうですね、毎日のお料理は大変ですよねぇ、私もそう思います。でも、その積み重ねが大切で、毎日続けられてこそ、家庭料理ですよね。ですから、私のご提案する家庭料理は、シンプルで、調味料も少なく、料理が苦手と言う方も無理なく続けられます。また食材も道具も進歩していて、今までの「ねばならない」を捨てて、今の時代に合ったお料理をたくさんご紹介しています。「これでイイのと?」と思われる作り方もあるかも知れませんが、是非チャレンジしてください。私のお料理のプロセスには、必ず理由があります。皆さんそのナルホド~が分かると、目の前がパッと明るくなったようになり、お料理がどんどん面白くなります。しかも、体の調子が良くなっていく実感を感じると、益々お料理をしてみようという気持になれるかも知れませんね。この浜内千波の「毎日の野菜料理」、私が普段家で作っているものばかりです。是非、お役立て下さい。(右下の人気ランキングも、ヨロシクね)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 18:51 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月08日
 ■ ホウレンソウのサラダ わが家の食事

生で食べるホウレン草のサラダです。是非お試しを。 お店で主人に、ミズナとホウレン草、どっちをサラダにするか尋ねました。よく皆さんからも、ホウレン草は生で大丈夫と聞かれますが、主人もホウレン草が生で食べれるならと、ホウレン草を選びました。最近のホウレン草は柔らかく、そんなに灰汁(アク)は感じられませんので、是非一度よく洗って生のまま使ってみてください。この日、そのホウレン草と合わせたのは、マグロとタコのお刺身、大根の千切りと庭で採れたサンチュです。味に塩コンブをたっぷり降り、塩・胡椒を軽く、オリーブオイルも少したらして混ぜました。私は、塩コンブを味付けによく使いますが、この日は特に大根にしみ込んでとても美味しく感じました。食卓にサラダがあると、とても華やかになりますね。でも、主人と私はこの日も、やはり馬のようにサラダをいただいてしまいました。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
●明日放映予定の、私が出る『生活ほっとモーニング』(NHK)は国会中継で、延期になりました。でも、10時30分過ぎの『おもいッきりPON!』(日テレ)は、予定通りです。是非応援してください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:41 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月07日
 ■ 三つ葉タップリの豆腐のトロトロ炒め わが家の食事

スープがとってもミルクみたいにおいしかったです。 日陰でもドンドン芽が出てきます。 今週の『おもいッきりPON!』で、ご紹介した「豆腐のトロトロ炒め」、お会いした主婦の方からも早速作ってみたわよと声を掛けられたり、豆腐と塩がこんなに合うなんて、マーボ豆腐に比べてとてもシンプルと、コメントもいただいたりで、本当に有難うございます。この「トロトロ炒め」は、以前ご紹介の「塩マーボ」の簡単バリエですね。我が家でもこの日は、温かい豆腐が食べたいと言う主人のリクエストで、挽肉を使って庭の三つ葉とタップリあわせてみました。暫く冷凍してあった豚挽き肉ですから、ニオイと余計な油を取るために、熱湯に軽く潜らせて引き上げ、フライパンで炒め、そこに絹ごし豆腐をこの日はそのまま入れて崩しながら炒め塩・胡椒し、盛り付けてからタップリと三つ葉を乗せました。三つ葉って、今あればいいのにと思うけれど買うと多過ぎて、また買ってもドーンと使うにはと・・・、思う方もいらっしゃると思います。でも、幸いなことに我が家では、今年主人が三つ葉を鉢で育ててくれています。お店で売っているほど立派ではありませんが、切って使えば次々と新しい芽が出てきますし、日に当て過ぎない方がいいらしくて、手間も掛からないと言っています。てなことで、この日のトロトロ炒め、水溶き片栗粉でまとめませんでしたが、豆腐から出た液がそのままミルクみたいに豆乳の甘いスープになり、挽肉の旨味と合い、三つ葉がいいアクセントになりました。三つ葉と豆腐は相性がいいのですね。皆さんも、「豆腐のトロトロ炒め」、簡単ですし、自分流に色々工夫してみてください。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
●9日の月曜、朝予定の『生活ほっとモーニング』(NHK)は、国会中継で別日になるそうです。またご案内しますね。●10時30分過ぎの『おもいッきりPON!』(日テレ)は、是非応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 12:59 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月06日
 ■ シーフードのトマト煮 わが家の食事

イカとアサリからいいおダシも出て、とてもおいしいトマト煮です。 この日は、主人からトマト煮のリクエストがありました。主人は、始めてトマト煮を食べた時、トマトを水煮にした缶詰なんていう物があるんだと知り、とても感激したそうです。主人の記憶によるとその時私は、具材にタラを使ったそうですが、この日はお店でタラを見ると、とても値段が高く、手が出ません。閉店前でお安くなっているモノはないかしらと見ていましたら、ありました!ありました!しかも主人の大好きな、イカとアサリです。後は主人の感激したトマトの水煮缶さえあれば、作り方はとても簡単です。玉ネギ1/2個をスライスにして、オリーブオイルで炒めます。イカのハラワタを取り出し、スミなどの汚れをきれいに洗って薄皮を取ったものを炒めます。生臭さが消えて香ばしくなったら、赤ワイン大2を入れ一煮立ちさせ、その後トマトの水煮1/2缶を入れ、具材のイカの輪切りと、アサリ、それにキャベツを入れ、フタをし蒸し煮でサッと火を通します。イカが硬くなりますので、あまり火を通し過ぎないでくださいね。塩・胡椒で味を整えますが、アサリからも塩味も出ますので、味を見ながら整えてください。仕上げに、庭のバジルをタップリ散らしました。水分は、トマトの水煮缶だけですが、汁が案外タップリ出てきて、アサリやイカのハラワタからのおいしいダシになっています。勿論、スープは残しておいて、次の日のスープリレーです。このスープを使って、次はリゾットにしようかな~と思いながらいただくのも嬉しいものですね。シーフードのトマト煮、十分堪能いたしました。私のChinmi Shopでもトマトの水煮缶扱っていますので、皆さんもトマト煮、是非如何ですか。(右下のランキングクリックもヨロシクね)
●今度の9日、月曜、朝8時35分『生活ほっとモーニング』(NHK)・10時30分過ぎ『おもいッきりPON!』、是非応援してくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:26 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月05日
 ■ 鶏胸肉のハーブ焼き わが家の食事

ボリュームのある鶏胸肉も柔らかでしたよ。 この前の日曜日は、大阪で親子料理教室でした。とても楽しく、逆に勉強になりました。そんな気持ちで戻ってきたら、迎えに来た主人は朝から忙しくてろくに食事もしてないとのこと。これはいかんと思い、いつものスーパーに寄りましたが、何と鶏胸肉が国産でグラム38円。これには主人と驚きつつ、買い求めました。家に帰って、主人に庭からローズマリーとスープセロリを摘んで来てもらい、鶏胸肉をハーブでこんがり蒸し焼きにしました。鶏胸肉に塩・胡椒をし、皮目を下にしてフライパンで、ローズマリーを入れ込んで、中火弱で蒸し焼きにしました。大きな鶏胸肉に8割方火が通ったら、大ぶりに切ったキャベツをその上に乗せ、フタをしてさらに蒸し焼きで仕上げました。お肉を焼いている時は水分は出ませんが、キャベツを入れますと見る見るうちに水分が出てきて、ソースになってくれました。後は、いただく時にスープセロリを乗せ、コショウを降っていただきました。お腹の空いている主人も、この大きな鶏胸肉には大満足。ローズマリーの香りで風味も良く、スープセロリと一緒にいただくと、あのセロリの香味がして、とても上品な鶏胸肉のステーキになりました。ボリュームのある鶏胸肉、皆さんも蒸し焼きは如何ですか。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
●来週の9日、月曜は、8時35分『生活ほっとモーニング』(NHK)、10時30分過ぎに『おもいッきりPON!』(日テレ)、是非見てね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:12 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月04日
 ■ ハロウィンのチーズパンプキンカナッペ わが家の食事

我が家のハロウィンパーティーです。 リンゴと洋ナシにパンプキンを乗せて頂きます。ワインと実に合いましたね。 先週末、我が家でもハロウィンにちなんで、カボチャでお料理をつくりました。教室のスタッフのつぼみチャンが、ハロウィンをすると帰り道言っていたのがどうも気になり、ついつい私もカボチャを買いました。カボチャの煮物でもと思いながら帰ったのですが、冷蔵庫を開けたらショームのチーズがあったのを発見し、それならと言うことでこのようなことになりました。題して『チーズパンプキンカナッペ』です。一口大に切った雪の下のカボチャを圧力鍋に入れて蒸します。時間にして3分位ですね。熱いうちに皮をむき、皮はミントにあげました。ミントはカボチャが大好きで、ハロウィンのおすそわけです。皮をむいたカボチャに、ショームのチーズを入れ、手早く崩しながら混ぜ、少しホクホクしていましたので牛乳を加えて緩め、塩・胡椒で味をつけ、カボチャの形に仕上げました。庭からバジルを採って来て、その上にたっぷり乗せ、周りに洋ナシとリンゴをの薄切りを並べました。どうです!可愛いでしょう。主人と二人で盛り上がって、ハロウィンの雰囲気に合う人形も出して写真に撮りました。さて、お味ですが、これが期待以上にいけました。全体に胡椒をして、ナイフでカボチャを切り崩しながらフルーツに乗せ、バジルと一緒にいただくのですが、ワインに合うこと!合うこと!。主人と気持ちまで、ウキウキのハロウィンになりました。つぼみチャンのおかげですね。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
●来週の9日、月曜は朝8時35分からNHKの『生活ほっとモーニング』、その後10時30分過ぎに日テレ『おもいッきりPON!』です。どちらも生放送。頑張りますから、是非見てくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:05 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月03日
 ■ 自家製ラー油でいただく、トロトロ豆腐炒め テレビ

見ていると唾が出てきますね。My・ラー油で召し上がれ。 昨日の『おもいッきりPON!』では、My・ラー油をご紹介しました。ラー油は皆さんも、1本位はお持ちだと思いますが、ご家庭でとても簡単においしいラー油が出来るとしたらちょと素敵だとは思いませんか。材料はゴマ油大6、七味トウガラシ大1のみです。まずゴマ油大3をフライパンで煙が出る位まで熱し、七味トウガラシを入れたボウルの中に、一気に入れて香りを出させます。温度が下がれば残りのゴマ油を入れます。もうこれだけです。もっと本格的な作り方もありますが、これで十分いけるMy・ラー油ができますよ。で、このラー油にかけていただくメニューは豆腐をくずしました。トロトロ食感でとても新しいメニューに仕上がりました。これも簡単です。作り方は、熱したフライパンに絹ごし豆腐のトロトロを入れ火にかけます。温まったら枝豆(冷凍)を入れ、生姜みじんを入れ塩小さじ2/3、胡椒を入れ味をととのえ、水溶き片栗粉でまとめました。豆腐一丁で、見栄えのある一品になりますよ。トロトロ豆腐は、タッパーウエアーに豆腐一丁をそのまま入れ、フタをしてシェイクして下さればOK。肉類は使っていませんが、もちろん挽肉など入れてもらえると、それはそれで美味しくなると思いますよ。熱したゴマ油をステンレスのボールに移す時は、一瞬煮えたぎりますので、気を付けてくださいね。My・ラー油で、トロトロ豆腐炒め、豆腐のコクがあって、ちょっとピリッとおいしいですよ。是非お試しください。詳しくはこちら。(右下の人気ランキングクリックもヨロシクね)
●毎週月曜、朝10時30分過ぎ、日テレ『おもいッきりPON!』、私のコーナーがありますので見てくださいね。
●来週の9日の月曜、朝8時35分、NHKの『生活ホットモーニング』にも呼ばれています。こちらも見てくださいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 09:29 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月02日
 ■ 保存野菜、塩もみ大根で作る蒸し煮 わが家の食事

塩もみ保存野菜で、アッと言う間に、アツアツの蒸し煮の出来上がりです。 先日のブログで、塩もみで保存野菜を作っておくと、夜遅かったり、時間がない時、とって楽で便利ですよと、お伝えしましたが、今日はその続きです。1%の塩でもんだ大根は、保存野菜になります。一度切り置きしておけば冷蔵庫で5日ほどは十二分に持ちます。たったそれだけのために、わざわざ保存野菜をと思われる方もいるかと思いますが、私はこの技法は毎日の家庭料理だから使える技法、ナルホドって思っていただけるのではないかと思っています。先日は炒め物にしましたが、この日は蒸し煮です。この日は、スーパーで買い物をする時、頭に最初からこの塩もみ大根のことがありましたから、蒸し煮にする食材を探しました。ありました!ありました!「鮭の粗(あら)」です。鮭の粗を買って来て、熱湯で洗って臭みを除き、塩もみ大根と鍋に入れ、大根から出た漬け汁も加えて、蓋をし蒸し煮にしました。アッという間に火が通り、しかも味付けはいりません。とても楽な一品ですね。時間にして調理のし始めから10分もかからないくらいで蒸し煮が完成したのも、驚きですね。主人も、これは便利と思ったようで、色々質問をしますので、保存野菜のイメージを、言って見れば「漬物ね」って言うと、ナルホドっと思ったようです。これなら、しばらく保存もできますし、その漬け汁も丸ごと利用すればいいのだと分かったようです。後日、この塩もみ大根は、他の野菜も足してサラダにしました。ぜひ皆さんに、保存野菜の技法をお勧めします。私は、今度はキャベツでトライをしてみようと思っております。またご報告しますね。(右下の人気ランキングもヨロシクね)
●これから、『おもいッきりPON!』の本番です。日テレ、10時30分過ぎ、是非お役立て下さいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:33 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)