≪ 秋の味覚、自然な甘みの柿のサラダ | メイン | 自家製ラー油でいただく、トロトロ豆腐炒め ≫

2009年11月02日

■ 保存野菜、塩もみ大根で作る蒸し煮
わが家の食事

塩もみ保存野菜で、アッと言う間に、アツアツの蒸し煮の出来上がりです。 先日のブログで、塩もみで保存野菜を作っておくと、夜遅かったり、時間がない時、とって楽で便利ですよと、お伝えしましたが、今日はその続きです。1%の塩でもんだ大根は、保存野菜になります。一度切り置きしておけば冷蔵庫で5日ほどは十二分に持ちます。たったそれだけのために、わざわざ保存野菜をと思われる方もいるかと思いますが、私はこの技法は毎日の家庭料理だから使える技法、ナルホドって思っていただけるのではないかと思っています。先日は炒め物にしましたが、この日は蒸し煮です。この日は、スーパーで買い物をする時、頭に最初からこの塩もみ大根のことがありましたから、蒸し煮にする食材を探しました。ありました!ありました!「鮭の粗(あら)」です。鮭の粗を買って来て、熱湯で洗って臭みを除き、塩もみ大根と鍋に入れ、大根から出た漬け汁も加えて、蓋をし蒸し煮にしました。アッという間に火が通り、しかも味付けはいりません。とても楽な一品ですね。時間にして調理のし始めから10分もかからないくらいで蒸し煮が完成したのも、驚きですね。主人も、これは便利と思ったようで、色々質問をしますので、保存野菜のイメージを、言って見れば「漬物ね」って言うと、ナルホドっと思ったようです。これなら、しばらく保存もできますし、その漬け汁も丸ごと利用すればいいのだと分かったようです。後日、この塩もみ大根は、他の野菜も足してサラダにしました。ぜひ皆さんに、保存野菜の技法をお勧めします。私は、今度はキャベツでトライをしてみようと思っております。またご報告しますね。(右下の人気ランキングもヨロシクね)
●これから、『おもいッきりPON!』の本番です。日テレ、10時30分過ぎ、是非お役立て下さいね。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2009年11月02日 07:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1714