≪ 冷蔵庫のお掃除の一品 | メイン | 島ニンジンです。 ≫

2009年11月19日

■ 今が旬の里芋です。
わが家の食事

手が汚れるくらいのドロドロの土の付いたおいしそうな里芋です。 素材の味をシンプルに、塩煮にしてみましたが、ねっとりと贅沢な味です。 とにかくおいしい!そんな里芋に出会いました。触るとまだドロドロの土が付いている掘ったばかりの里芋です。お向かいさんからいただいたもので、西武ラインズのファンの親子が触れ合いながら農業体験をするライオンズファームでの収穫物だそうです。何といっても素材が一番!の里芋ですが、なかなかおいしい里芋に出会いません。ですから、いつも疑いの目を持ちながらも、好きなものでついつい買ってしまう私です。さて今回は、見かけはおいしそうだし、どうかしらと期待しながら塩煮にしてみました。まず里芋は、皮をむき、きれいに洗います。洗った里芋は、1㎏ありました。1%の塩ですから10gですが、刻み昆布を2gほど入れましたので、10gよりは少し少なめの塩を入れまぶし、1カップの水を入れて、蒸し煮にしました。その間に、牛挽肉100g位を熱湯で洗ってザルに取り、お湯を切り、里芋に火が入り始めたら加え、全体に時々混ぜながら火を通しました。約15分位で串がスーッと入り、完成です。さて、お味ですが、実にねっとりしていて、本当に贅沢な里芋で、期待通りでした。ネットでライオンズファームを見てみましたが、3月に植えて、7月に草取りをし、この11月に収穫した『狭山サトイモ』だそうです。親子が一緒に、農作業を体験しながら、自然や食物に対する理解を深め、全国第3位の生産量を誇る『狭山サトイモ』の郷土学習も同時に行う試みだそうです。ナルホド!ナルホド!と、その試みに感心しながら、1kgの里芋をペロリといただいた主人と二人です。(右下の応援クリックもヨロシクネ)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2009年11月19日 07:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1731