≪ キヌサヤと卵炒め | メイン | 豆腐を入れたニョッキ ≫

2010年05月07日

■ 丸ごとゴボウのハーブ炒め
お庭の話 , わが家の食事

★お肉は使い切らず、少し残して冷凍しておくと、真夜中に重宝します。★
ローズマリーとバルサミコ酢で、洋風のゴボウ炒めにしてみました。 主人は食事をしておらず、この日も遅くからの食事、いつもこんな感じでピンチです。冷蔵庫にゴボウが入っていました。お肉は、いつも少し冷凍で残すようにしていて、牛挽肉を取り出しました。ゴボウを包丁の背で叩いて一口大に切り、フライパンに入れ、庭から摘み取ったローズマリーと、ほんの少しの牛挽肉で、炒めながら蒸し焼きにしました。時々ひっくり返しながら、いい感じになってきたら塩・胡椒とバルサミコ酢で味を調えた一品です。夜中にしては、しっかりと噛まなくてはならず、歯医者に通っている主人には申し訳なかったかなぁ、と思いましたが、洋風に仕上がったゴボウにとても満足げでした。大方ご飯はいただかないで、ビールかワインで賄っているので、今日もしっかりワインを開けて、ゆっくりくつろぎながらの真夜中の食事になりました。もう一品は、新玉ネギとポークハムとワカメのサラダを出しました。 料理には、一枝で充分ですが、庭にローズマリーが山ほどあります。 なんと新玉ネギは3個も刻んでしまい、私も食べるからと言いながら出しましたが、ほとんど主人が食べていました。後は、リンゴと八朔を、チーズと一緒にいただいて、この日の食事は終わりました。(写真をクリックしてね、コメントも出ます。ランキングクリックもポチッと、ヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2010年05月07日 07:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1881