≪ なたぎり切干大根の洋風煮物 | メイン | アサリとキャベツの蒸し煮 ≫

2010年05月22日

■ イサキの煮物
お庭の話 , わが家の食事

★醤油ではなく、初めて塩で煮てみましたが、イケマス。★
水炊きのように余計な味がせず、ワカメも木の芽も美味しいです。 私の田舎はもう高知に近い徳島の漁師町です。ですから毎日のように魚を食べて育ちましたが、少し小骨の多い魚は小さい時は苦手でした。でも大人になると、骨を取りながら食べる魚が、時々食べたくなりますね。この日、中野のブロードウェイに出かけた折、魚屋さんで、イサキが私に買ってとばかりに目が合ってしまい、ついつい買い求めてしまいました。イサキは夏に向かって今が旬ですね。折角ですから、ちょっと新しい食べ方はと思って、醤油を使わず、塩とお酒だけで煮てみました。お酒と水と塩だけで煮たのですが、案外さなか臭さも無く、おいしくいただくことができました。でも下ごしらえはしっかりして、ワタとウロコは取り、熱湯にサッと潜らせ、しっかり洗いました。鍋に入れ、塩と酒と水を入れ沸騰後、少し中火強にしながら、時々煮汁を回しかけながら火を通しました。 玄関先の木の芽も、もう大きくなって、小さいものは少ないです。 最後にワカメを入れ火を止め、庭の大きくなった木の芽の小さいのを採って、飾りました。小さいころ田舎では、母はいつも醤油でしたが、初めて塩煮です。水炊きの感じで、小骨が多い魚こそお魚の味わいがして、好きになりました。一緒に入れた、ワカメも木の芽もそのものの味が生きて、イサキと一緒に口に入れるとても美味しいです。皆さんも、イサキをお店で見かけたら、是非一度試してみては如何でしょう。(写真をクリックしてね、コメントも出ます。ランキングクリックもポチッと、ヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2010年05月22日 08:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1897