≪ 我が家のキヌサヤ・スナップエンドウのチーズ炒め | メイン | フキとシイタケ・ワカメ・挽肉炒め ≫

2010年05月28日

■ 我が家のグリーンピースでリゾット
お庭の話 , わが家の食事

★豆の味わいがとてもフレッシュで、春限定のリゾットです。★
柔らかいグリーンピースで、サヤごと入れました。とってもいい味わいです。 我が家のグリーンピースでリゾットを作りました。でも、写真は何だかサヤ付きですね。これには訳があります。主人は豆が膨らんで来たら、緑の色があせないうちに早めに採らないとと、思っていたようで、私がスーパーで授業のエンドウを青々しいサヤを避け、少し白くなっているものを選んでいたら驚いていました。普通グリンピースご飯は、豆は豆だけでふっくらと柔らかく緑を損なわないように『翡翠(ヒスイ)煮』をし、サヤは米と一緒に炊き上げて取り出し、茹でた豆を混ぜ込むのですが、今回我が家のグリーンピースはサヤも柔らかく、急遽グリーンピースご飯はやめて、サヤごと入れたリゾットになった次第です。リゾットは、フライパンにほんの少しのオリーブオイルを引き、お米を洗わずそのまま、玉ネギ微塵大さじ2位と、炒めます。軽く炒めたら、お米の温度が下がらないように、必ず熱湯を注いでください。フライパンの中がグツグツとして来ますが、やたらにかき混ぜるとお米に粘りが出ますので、フライパンごと揺するでいいと思います。お湯が少なくなって、焦げ付く前にお湯を足す、これを何度か繰り返しながら、アルデンテに持って行きます。アルデンテの目安は15分。今回、グリーンピースは、5分過ぎた頃に入れました。 グリーンピースが、たわわに出来ました。 ホーラ、こんない豆が詰まってて感激です。 フライパンの米のお湯が少なくなって、アルデンテに仕上げたら、塩・胡椒で味を調え、火から降ろして、チーズを混ぜ込みました。グリーンピースのリゾットは、豆の味わいがとてもフレッシュです。主人はとても感動して、嬉しい嬉しいを何度も繰り返していました。我が家のグリーンピースは、少々小さくて弱々しかったですが、自分が育てたものには愛情が一杯で、しかもそれをいただくことができるのは最高だったようです。気が付いたら、主人は1カップ、ペロリと頂いていました。これには私も感謝です。(写真をクリックしてね、コメントも出ます。ランキングクリックもポチッと、ヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2010年05月28日 07:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/1903