≪ 2010年08月 | メイン | 2010年10月 ≫

2010年09月30日
 ■ アボカドのモヤシ炒め わが家の食事

★アボカドと卵のコクで、サッパリ潰し豆腐、モヤシの炒め物です。★
夜遅くなり、帰りにいつものスーパーに寄ったら、見事に肉類がありませんでした。でも考えてみたら、夜も遅いし、あまり重いものも何だし、アボカドでコクを出せばいいんだと思い直しました。で、アボカドとモヤシを買って帰りました。豆腐は180日持ついつもの我が家の豆腐です。まずボウルに潰した豆腐を入れ、卵を割り混ぜ、アボカド1/2を潰し入れ、塩・胡椒して全体を混ぜ合わせた液を作りました。フライパンにモヤシを入れ、少し塩をし、水分が出やすいですが火が通れば、先程の液を入れ込み、大きく混ぜながら蒸し焼きにしました。見た目は地味ですが、とてもサッパリとしながらもコクがありました。アボカドも、うま味成分が多いので、肉と決め付けないでも良いのだと改めて思いました。軽めのおかずですが、胸ヤケせず主人には好評、たまには良いかも知れませんね。(右下の人気ランキングも、ヨロシクね)
●10/27(水)開催『阿波尾鶏しあわせクッキング』参加者募集中! 締切:10/12(木)です。阿波尾鶏を使ったオリジナルレシピ実演・試食、お土産もあります。(詳しくは、左のバナーをクリックしてください。)



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 15:33 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月29日
 ■ 大西ライオンさんと一緒に記念撮影 テレビ

★「心配ないさ~ぁ~」で、皆さん行きましょう!!★
皆さ~ん、大西ライオンさんとの記念写真です。いつも楽しく『PON!』でご一緒していたライオンさんとも、一昨日が最後の回でした。今日は、アシスタントのつぼみちゃん(一番右)とタカハシ(右から二番目)からの、ライオンさんへのメッセージをご紹介しますね。
「ライオンちゃんは、いつもやさしくて、テレビで見ているままの人でした。でもライオンなのに、生もの(魚とか)が少し苦手だったのが印象的です。また夏の暑い日にも、手作りのかぶりもの、カツオ・イカ・ホテル・シイタケなどなどをして、頑張ってくれていたのも、とても可愛く印象的でした。でもやっぱり、ライオンちゃんは、ライオンの被り物が一番!ですね。アシスタントの私達にも、とても優しくしてくれて、普通に話しかけてくれて、とても仕事もしやすかったし、やっぱり嬉しかったです!いつまでも応援したいです!」
ホント、このメッセージの通りのライオンさんでした。いつも本番前に「心配ないさ~ぁ~」と大きな声でリハーサル。そして、この日は最後に「ライオンハート」を素晴らしい声で歌ってくれました。また、ご一緒にお仕事しましょうね、ライオンさん。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:19 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月27日
 ■ クルミの炊き込みご飯と、クルミのブレッド 講習会

★クルミのコクは炊き込みご飯にもピッタリです。★
昨日、渋谷西武百貨店でクルミの講習会をしました。秋らしくクルミを使った炊き込みご飯を私が、クルミを使った簡単ブレッドを教室のつぼみちゃんに担当してもらいました。つぼみちゃんは、私も習いたいくらいパンは得意で『粉ものほっこりレシピ』と言うかわいい本も出しているんですよ(本の紹介はこちら)。会場で見ていた主人は、二人がまるで漫才みたいで楽しかったとのことです。クルミの脂肪酸は血液をサラサラにして、体にとっても良いのですが、どのように料理に使えばいいのか分からない方も多いようです。そこでこの日は、その脂肪とたっぷりのコクを利用して油揚げや肉類を使わず、干しシイタケと刻み昆布のうま味で炊き上げました。米2合、クルミ50g、干しシイタケ4枚、刻み昆布2gです。お米には、干しシイタケの戻し汁、醤油大1、塩小2/3を入れながら、目盛まで水を入れます。後は刻んだクルミ、荒微塵に切った干しシイタケ、刻み昆布を入れ普通に炊きました。秋と言えば栗や松茸ですが、どうしてどうしてクルミご飯も、カリッと食感も良く、とても好評でした。 もう一品のクルミブレッドは、薄力粉100g、ベーキングパウダー小1、砂糖小1、塩少々、胡椒適宜に、水70ccを加えて、フォークでさっと混ぜるだけ。20回も混ぜれば粉っぽくなくなりますので、後は手で砕いたクルミ40g、とろけるチーズ30gを入れて混ぜ合わせます。この日は食べやすいように一口大にして、7~10分オーブントースターで焼きました。とっても簡単に焼けちゃうパンですから、手軽に朝やブランチ、3時のおやつに如何ですか。少人数で一人一人の皆さんの顔を見ながらの講習会で、とってもファミリーな感じ、私も楽しかったです。明日28日(火)は18時より、同じく渋谷西武で行われる『北海道食彩フェアー(9/28~10/4)』でお話をして来ます(詳しくは、こちらを)。北海道の豆を使った料理を提案させていただきますので、お時間がありましたら、是非お越し下さいませ。豆の戻し方や料理の質問も、承りたく思っておりますので、ご一緒しましょうね。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 18:42 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月23日
 ■ 白蛤の野菜蒸し お庭の話 , わが家の食事

★素材の力で蒸しました、だから素材の旨味が、美味しいです。★
お皿には、美味しいスープも一杯でした。 白蛤と言うだけあって、確かに白いですね。 珍しい食材が売っているので、時々主人とミントと麻布のスーパーに行きます。このスーパーは犬を連れ来る人が多いのか、お店の外に犬を繋げるコーナーもあり、「待て!」とミントに声を掛けて、お店に入りました。 クウシンサイの成長力には驚きです。今週もいただきました。 ワクワクして中に入ったのですが、この日はお買い得の野菜が無く、結局は帰りにいつものスーパーで買うことに、でも鮮魚売り場にネットに入ったハマグリがありました。大きめで、貝の数も多めで、しかもお安く出ていました。名前も千葉産の「白蛤」、初めて聞く名前です。家に帰る途中でモヤシを買い、我が家に着いて庭のクウシンサイを摘んでもらいました。モヤシとざく切りにしたクウシンサイを鍋に入れ、その上から白蛤を乗せ、フタをし蒸しました。出てきた一品に主人は、味付けは?お酒は?と聞きますが、実は何も入れずに、素材のみでフタをして蒸しただけと言うと、ビックリしていました。モヤシとクウシンサイの水分だけで、蛤の塩気だけで、とてもとてもシンプルですが、返って味はとても奥深く、やはりハマグリのコハク酸はとても威力がありますね。素材の力、旨味に思わず笑顔になり、会話もはずみます。私は普段、蛤や浅利は積極的には買わないのですが、主人がとても好きなので、でも今回は私も大満足。野菜の水分と一緒に出てきたおいしさは、スープとしても上出来でした。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 08:31 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月22日
 ■ 意外や、行けます!カボチャ餃子 わが家の食事

★ホクホクカボチャと、合挽肉は合いますね。予想以上に行けます。!★
どうです!きれいに焼き上がりました。 ホクホクでヘルシーな餃子です。お肉は多めが良いですね。 久しぶりに餃子でビールにしようと思いました。お店で主人と、餃子の具を相談したところ、カボチャは意外性もあって、面白いと言う事になりました。私も初めてです。もう一度、ピーマンとカボチャは?と聞くと、ピーマンには関心がないようです。さて、どんな感じになるか…。カボチャを買って餃子を作ってみましたが、なんと大成功です!行けます!!カボチャ250gを一口大に切り、電子レンジで火を通し熱いうちに潰し、冷ましました。合挽き肉200gは塩・胡椒をし、庭のオオバを刻んで入れ、カボチャとよく混ぜて、餃子の皮で包みました。我が家では油を使いませんでしたが、皆さんは少し油を引いた方が離れやすくて良いと思います。フライパンに餃子の形に沿って丸く並べて焼き、焦げ目を付けました。そこに熱湯を注いでフタをし蒸し焼きにします。最後は水分を飛ばすようにカリッと焼き、フライパンの中に丁度入るお皿を入れ、ひっくり返して、フライパンを持ち上げました。どうですきれいな形でしょう。さてお味は、行けます、行けます、おいしいです。主人は、色々付けて食べ比べていました。徳島から届いたスダチを絞って頂きましたが、あっさりとしておいしいです。ラー油を付けていただきましたが、香りもあって行けます。酢醤油とラー油にも付けていましたが、もうしっかり餃子です。このカボチャ餃子も、我が家の変わりメニューの一つになりそうです。ヘルシーな一品で、とにもかくにもビールが進みました。以前にも、ホウレンソウの餃子をご紹介しましたが、材料を思い切って変えると、意外と楽しいですよ。皆さんも是非!如何ですか。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 14:22 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年09月21日
 ■ デパ地下一番人気のフルーツサラダとサンドイッチ テレビ

★フルーツにも、ドレッシングにも隠し味があります。★
ちょっと贅沢ですが、お味は間違いありません。 昨日の『PON!』は、デパ地下のサラダカフェで人気のフルーツサラダをご紹介しました。(詳しい材料と作り方は番組のホームページをご覧下さいね。)用意したフルーツは、1cm幅に切った皮付きのリンゴ、半月切りしたキウイとゴールドキウイ、太めに輪切りにしたバナナです。さらに、ここでフルーツでも隠し味に缶詰のパイナップと黄桃を一口大に切って入れます。缶詰のフルーツは、フルーツの砂糖煮ですから、酸味が少なく甘く、味をワンランクアップさせてくれますよ。フルーツが用意できたらドレッシングです。生クリームを少しトロミが付く程度に軽くホイップし、マヨネーズと混ぜ、このドレッシングの味の決め手の練乳を入れて混ぜます。練乳は牛乳に砂糖を加えて煮詰めたものですから、脂肪が少なくてコクがあり、フルーツの酸味を隠し抜群の味にしてくれます。後はもうフルーツとドレッシングを混ぜればフルーツサラダの完成です。番組ではさらにパンに挟んフルーツサラダのサンドイッチもご紹介しました。お子様喜ぶこと間違いなし!是非、お試しください。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。) 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:02 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月19日
 ■ 1日6食ダイエット 本・出版

★痩せたい人はオヤツを食べてください。満腹なのに痩せますよ。★
私の経験と研究と、主人の実践も入った本です。 ダイエットの本の2冊シリーズです。ご好評いただいた、『間食しても必ず痩せる1日6食ダイエット』のマニュアル本と、その実践レシピ本『1日6食ダイエット、100kcalレシピ集』です。1日6食摂って空腹状態を作らないことが、このダイエットのおススメです。どうせ少量しか食べれないとお思いの方、きっとこんなに食べていいのと思われるほどの量ですから、ご安心下さい。そこには、様々な工夫があります。油のこと、調味料のこと、・・・。むやみに食事を減らしたり、偏った食事がいかに無駄かきっと分かります。しっかり3食の食事も間食も毎日いただいて、それでいて痩せてきれい、頭が冴える、家の中が片付いて心地良いと良いこと尽くめです。私の経験に長年の研究をプラスして完成させました。是非書店で、一度この2冊手にとって見てくださいね。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 18:04 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月17日
 ■ 免疫力が上がる食べ方 本・出版

★薬や病院に頼らない体を作りましょう。★
お陰さまでこの本売れているそうです。お店で手に取って見て下さい。 人間本来、外敵から身を守ったり、侵入した外敵を退治したりする力があります。これが「免疫力」です。例えば風邪をひいたらショウガ湯を飲むなどして、便利でない時代はチョットした身近なもので体を守っていました。それが薬が簡単に手に入る時代、体調が悪くなると安易に薬に頼り、そうした機能が低下しているそうです。改めて考えて欲しいのですが、人間の体は食べ物によって培われていると言う事を。食べることで体調を維持することが出来れば、いつの間にか免疫力もアップし、毎日を元気に過ごせるのです。当然ですが車は走るためにガソリンが必要ですが、間違えて灯油を入れるとエンジンが壊れてしまうそうです。車で言うと、そんな灯油のような物を皆さん口にしていませんか。「免疫力が上がる食べ方」、この本では免疫力を上げる10の食材と、その力を高める食べ方をご紹介しました。大切なのは何より継続。毎日実践して強い体になりましょう。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 06:17 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年09月16日
 ■ 浜内千波の料理教室 本・出版

★すぐ身につく、献立力がつくお料理をお教えします。★
私の大切な生徒さんも一緒に沢山出ていますよ。みんな楽しそうです。 料理教室を始めて30年になります。私は、生徒さんから「何だか私にも出来そう。」「お料理が作りたくなった。」「お料理って、こんなに簡単だったんだ。」という言葉を聞くのが一番嬉しいです。そして私は、家庭料理が家族の健康、家族の会話に役立つことを心から願っています。30年の間にライフスタイルも随分と変わりました。お料理の道具も新しくなったり、珍しい食材も日常的になりました。基本は変わりませんが、家庭料理も変わらないといけませんよね。私の家庭料理は、特別な道具や食材は使わず、時間もかけず、心配しなくておいしく出来て、おまけに健康的。そんな料理を、私は自分の手と頭で毎日考えて作って、台所でのストレスを少なくしたい、毎日役に立つ料理をお教えしたいと思っています。そんな思いで続けてきた私の料理教室の厳選レシピを献立の形で本(「浜内千波のすぐ身につく料理教室」)にしました。ご好評で第2弾(「浜内千波の献立力がつく料理教室」)もお出ししましたが、毎日の食事作り、健康へのお手伝いが出来ればこの上ない幸せです。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)  (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 17:51 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月15日
 ■ カツオの塩たたき テレビ

★フライパンさえあれば、カツオのたたきも簡単!です。★
カツオのタタキと玉ネギを一緒に食べてください。サッパリと美味しいですよ。 今週の『PON!』は、カツオの塩たたきのご紹介です。(詳しい材料とレシピはこちら)用意するのは、カツオ1節、玉ネギ1個、スダチに塩です。まず玉ネギをスライスしますが、水にさらしません。手間も省けますし、栄養も逃げません。気になる辛味は、スダチをかければ軽減します。酢と同じ酸の効果ですね。玉ネギはさらに、塩をし、軽く揉んで、シンナリするまで暫く置いておきましょう。さて、カツオは熱したフライパンでステーキのように焼きます。半分に切って断面を見ながら焼くと火の通りが分かりますね。油のある皮面から焼くと、フライパンにくっ付きませんよ。それぞれの3面が焼けたら、余熱でこれ以上火が通らないように氷水に取り、水気をペーパーで取ります。後は、中厚めの一口大に切り、玉ネギを盛ったお皿に乗せ、指で塩を摘んでチョンチョンとカツオの面に乗せればカツオの塩たたきの完成です。カツオと玉ネギですから、旨味の掛け算!一緒に食べれば、スッキリ、サッパリで、かつ美味しいですよ。是非!お試し下さい。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)  (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:41 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月13日
 ■ クウシンサイと豆腐のサラダ お庭の話 , わが家の食事

★クウシンサイとオオバとミツバ、豆腐のサラダです。ローストビーフと巻きましたがおいしかったです。★
クウシンサイは、摘んで1週間ですが、新芽が出てきます。 窓辺のオオバは、根も出て来て元気です。 主人は気になっていたようですね、庭のクウシンサイと窓辺のオオバが。クウシンサイは先週摘んだばかりですが、その後成長が早く、そのままにして置くとまた茎が硬くなるのではないかと、 ノンオイルのドレッシングがやはり良く合いますね。 オオバの方は、先週切って水に入れ窓辺に置いていましたが、根も出て元気ですが、そろそろ使わないと葉も硬くなるのではないかと気になっていたようです。で、主人はそのクウシンサイとオオバを使って、先週の私のメニューをまねてサラダを作ってくれました。クウシンサイは塩茹でにして軽く絞り、オオバはザクザクと小さく切り、それに豆腐を入れ込み、やはり庭のミツバですが、散らして、ノンオイルでいただいたサラダです。他主人は、パンとローストビーフを切ってくれて、この日はこれで済ませましたが、このところ私もお疲れ気味でしたので、とってもおいしく嬉しい一品でした。一緒に切ってくれたローストビーフにこのサラダを巻いていただきましたが、これだけでもうご馳走でした。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 17:45 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月12日
 ■ 赤と黄色の本当に小さい小玉スイカ お庭の話

★お盆前に受粉したスイカで小さいですが、今年の夏の味です。★
この夏初めてのスイカ栽培でした。小さな夏の味を楽しみました。 5月の半ばの庭です。真ん中のネットにスイカの苗を植え、ツルを這わせました。 5月の連休に苗を植えたスイカも、先週ツルを抜きました。すっかり葉は黄色く枯れてしまい、スイカも8月一杯なんですね。その枯れたツルには、実は小さなスイカが二つ付いていました。お盆の前に雌花が咲いたものを主人が受粉させたのですが、大きくなる前に周りの葉が枯れて、十分に育たなかったものです。もう限界とばかり余り期待もせず、主人は摘んで冷蔵庫で冷やしていました。ご覧の赤と黄色の小玉スイカです。半分に切って二人でいただきましたが、スプーンで2~3回すくえる位の大きさです。甘さは十分ではありませんが、とってもみずみずしくて、今年の夏の終わりの味でした。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 13:14 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年09月10日
 ■ ツルムラサキの炒め物 お庭の話 , わが家の食事

★ネットリ歯応えもあり、食べるラー油も効かせて、夏にピッタリのメニューです。★
ツルムラサキは夏の野菜。元気が出そうです。 ツルムラサキを買って来ました。ツルムラサキは、昨年我が家の庭に主人が植え、摘んでも摘んでもどんどん伸びて来た記憶があります。今年は植えていませんが、この暑さで夏バテ気味の野菜が多い中で、ツルムラサキならどうだったのでしょうね。ツルムラサキは少し臭いがあるので、熱湯で塩茹でして使うことが多いのですが、余りアクは無いと思いましたから、ここはそのままざく切りにして炒めてみました。一緒に炒めたのは、イカと玉ネギです。玉ネギはスライスして、先にイカに揉みこみ、イカを軟らかくさせておきます。まずフライパンにツルムラサキの茎を入れ、フタをして蒸し焼きにし、その後イカと玉ネギを入れ、蒸し炒めにし、最後に柔らかい葉の部分を入れ、塩と今流行りの食べるラー油で炒め合わせました。少しねっとりとして、歯応えのある炒め物です。ツルムラサキは、冬のホウレンソウと同じようにカルシウム、ビタミンが多く、夏にあまり期待できないホウレンソウの代わりに、是非買い求めたい食材の一つですね。ツルムラサキの炒め物、ラー油も入れて夏にピッタリの炒め物になりました。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね) (「第1回木頭ゆず料理グランプリ」締切:9/30です。私も審査に参加します。左のバナーをクリックしてドシドシ応募してくださいね。)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 08:25 個別ページ表示 | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年09月09日
 ■ オカラのサラダ テレビ

★粉末のオカラは、水で混ぜればいつものオカラ。使いたい時に使えて便利です。★
オカラのサラダなんて健康的ですね。 粉末のオカラを知っていました?今週の『PON!』は、その粉末のオカラを使ったマヨサラを紹介しました。オカラはとても足が速いのですが、粉末のオカラは水を入れて混ぜればいつものオカラになります。ですから使いたい時に使え、とても便利です。この日のオカラを使ったサラダですが、色取りを考えて具はタクワン、枝豆、生ハムにしました。作り方は、いたって簡単!オカラに材料を入れて、マヨネーズと塩・胡椒で混ぜるだけです。(詳しい材料と作り方は、番組のホームページを見てください。)ここでポイントです。枝豆をおいしく茹でるには?塩の量が大切!茹でる水の4%の塩です。ちょっと多めなような気がしますが、サヤごと茹でますので、この位がおススメです。枝豆の入ったボウルに塩を入れ、塩を全体にまぶしながら両手で擦り洗いし、10分位置きます。そして沸騰したお湯の中で3分茹で、取り出し、ウチワで扇いで冷ませます。水に浸けると水っぽくなりますので、ご注意してください。お好きな具を入れて、是非オカラのサラダ、お試し下さい。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:46 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月08日
 ■ クウシンサイのサラダ お庭の話 , わが家の食事

★クウシンサイは茹でるとヌメリも出て、新感覚のサラダです。★
クウシンサイは茹でるとヌメリも出ます。これが成長力の秘密でしょうか。 クウシンサイは、切った茎から白い液も出ますし、1週間でこんなに伸びました。成長力がありますね。 昨日のブログで硬かったクウシンサイのリベンジを、主人にはお願いをしましたが、早速あれから1週間後主人はクウシンサイを庭から摘んできました。今度のクウシンサイの茎は、明らかに前回と比べて細いです。先週、根元に近い脇芽の直ぐ上で切ったそうで、そこから新芽がどんどん伸びて来たとのこと。で、この日はその新たに伸びたクウシンサイです。これなら柔らかそうと、早速塩茹でにしてみました。茹でたクウシンサイは軽く絞ってボウルに入れ、これまた庭のオオバを摘んで、たっぷり入れ込みました。タンパク質は何でも良いと思いますが、丁度ローストビーフの切れ端が有りましたので、刻んで一緒にボウルに入れて、ノンオイルのドレッシングでいただきました。見事に、リベンジですね。茹でるとモロヘイヤのように案外ヌメリも出て、新しいサラダ感覚でいただきました。クウシンサイ自体、あまりスーパーで見かけず、中華的な発想しかありませんでしたが、今回は少し変えて軽い感じのサラダに仕上がり、ペロリといただきました。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 14:43 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月07日
 ■ クウシンサイの蒸し炒め お庭の話 , わが家の食事

★クウシンサイは蒸しても水分が出にくかったですね…。★
茎は噛み応えのある我が家のクウシンサイでした。 遠目で少なく見えますが、大豊作(?)のクウシンサイです。葉と茎に分けました。 庭のクウシンサイ(空芯菜)を主人が摘んできました。オオバの間に埋もれて、摘むタイミングが遅れたようで、長く伸びて大豊作(?)です。クウシンサイは昨年も植えていましたが、脇芽の上で切ると柔らかい新芽が次々に伸びてきます。ですから、今回はちょっと伸びすぎて茎が太いのが気になりますが、茎と葉に分けました。中国でもタイでもベトナムでも、油で炒めるのがポピュラーのようですが、蒸し炒めにしました。フライパンで、鶏挽肉を油を引かず炒め、茎の部分を入れフタをし蒸し、頃合いを見てフタを開け炒めます。最後に葉を入れ、ザクっと炒めて完成です。味は塩・胡椒で整えましたが、クウシンサイは蒸しても水分があまり出ず、実は途中で水を足して蒸し、最後に水溶き片栗粉でまとめました。とっさの対応ではありましたが、お味の方は十分おいしく頂きました。でも、育ち過ぎた茎は少々硬く、噛み応えがあり過ぎ、主人にはリベンジをお願いしました。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)    

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 14:33 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月06日
 ■ トウモロコシのカジキマグロ蒸し お庭の話 , わが家の食事

★カジキマグロをお肉代わりに使ってみました。脂身のない豚みたいで、実においしいです。★
カジキマグロは、見た目も豚肉みたいです。 この夏の厚さで出来が悪いですが、イタパセは重宝します。 主人のちょっと変わったものを作ってよとのリクエストに、カジキマグロを手にしました。普段は2切れで500円以上もしてお高いのですが、この日は切り落としで、しかも閉店間際、とてもお安くなっていました。頭の中は、豚肉のイメージでしたが、トウモロコシと炒めることにしました。トウモロコシはいただき物ですが、生でそのまま食べてもおいしいホワイトトウモロコシと、名前の通り甘いフルーツトウモロコシがありました。トウモロコシは、生のまま4等分にし、実に沿って包丁をザクザクと入れ、実をほぐします。後は、実に簡単!フライパンにトウモロコシ、カジキマグロ、余り物のシシトウを入れ、フタをして蒸し炒めにし、塩・胡椒で味を調えました。皿に盛ってから庭のイタリアンパセリを散らしました。カジキマグロを、このように炒め物に使うのは私も初めてですが、主人にはとても好評!!主人いわく、まるで脂身の無い豚肉みたいと。蒸したカジキマグロは魚臭いクセもなく、まるでお肉のようにおいしいです。しかもトウモロコシの甘味と一緒にお口に入れると、うま味と甘味が口に広がり、最後に散らしたイタパセもトウモロコシの甘味と丁度いい好対照で、何とも良い感じです。シンプルですが、予想以上のカジキマグロとトウモロコシでした。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)  


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 18:20 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月05日
 ■ 夏野菜の蒸し煮 お庭の話 , わが家の食事

★夏も、ホットな蒸し煮は、元気が出ますよ。★
蒸す前の夏野菜は色も鮮やかでキレイです。 蒸した後です。ホットでタップリ食べて、元気に行きましょう。 夏の野菜の特徴は、実が付く実物(みもの)の野菜です。これは、この時期どんどん花が咲いて、その後実になるからです。秋冬の野菜が葉物や根菜なのは、花は最後の最後に咲き、花が咲く前に葉や根を食べるからです。でも、今年の我が家の夏野菜は、花が咲かなかったり、咲いても実にならなかったりと、出来が悪く主人もガッカリしています。やはりこの暑さのせいでしょうか。お店のお野菜が高いのも頷けますね。それでも、この日は我が家の庭で採り貯めしておいた夏野菜で蒸し煮にしてみました。どうです!夏野菜は、本当に色が鮮やかで元気が出る色ですね。夏野菜は水分も多いので塩加減は0.8%で蒸しました。蒸す前と後の写真を入れおきますが、見ていても何だか楽しいですね。夏はサッパリしたものも良いですが、ホットに夏野菜をタップリいただくのも、元気が出て良いですよ。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:14 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月02日
 ■ イカのワタを使ってイカチャーハン テレビ

★イカのワタの色に全体がなれば、おいしいチャーハンの完成です。★
生イカのさばき方も簡単!是非ワタでおいしいチャーハンを作ってね。 今週の『PON!』は、みんな大好きなイカを使ってチャーハンを作りました。イカは、低脂肪でうま味成分も多く、是非おススメの食材です。そのイカのワタを使いたいのですが、生のイカをさばくなんてハードル高いと思っている方も多いのでは…。でも、ご安心を!とても簡単です。(詳しい材料と作り方は、番組のホームページから)まず胴の内側に手を入れ、足の付け根と内臓が胴と付いているツガイの部分を外し、イカの足を引っ張り内臓と一緒に引き抜きます。で、終わりです。後は、足のゲソの部分と内臓を切り分け、ゲソとイカの身は1cm角に切ります。その時身は、きれいに洗うだけでOK。天ぷらや刺身にする以外は、薄皮は取らなくても良いので、楽ですよ。切ったイカは、玉ネギ微塵と、ボウルの中で揉み込むと柔らかくなります。次に内臓は、薄皮を切って中のワタを取り出し、フライパンでマヨネーズと一緒に炒めます。火が通ればOK。マヨネーズの酢の力でサッパリもします。さらに、揉みこんだイカと玉ネギを入れ、一緒に炒めます。後は、ご飯を入れ、塩・胡椒で味を調え、全体がワタの色になれば、美味しいイカチャーハンの完成です。おいし~いですよ!!是非生イカのワタでチャレンジしてみてください。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 14:14 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年09月01日
 ■ 白ウリの和え物 わが家の食事

★ちりめん山椒を散らしましたが、美味しいです。でもショック、大好きな器を割ってしまいました。★
ピリリのちりめん山椒が、あっさりウリにピッタリです。 白ウリで和え物を作りました。教室の生徒さんからウリを沢山いただき、早速これは和え物にしようと思い、水500ccに対し、塩小2の塩加減の中に漬けました。白ウリは半分に切り、種を取り、薄切りにし、暫く漬けてシンナリしたら絞ります。ちりめん山椒が冷蔵庫にありましたので、これを混ぜましたら、とてもおいしく、主人と二人であっと言う間に食べてしましました。白い器に盛られた白ウリがとてもきれいでした。でもこの大好きなサラダボウル、実は洗っている時手を滑らせて、割れてしまいました、もうとても残念。この家を建てた時に買い求めて10年近く、とても気に入って、いろんな料理を盛って来た、イタリアのビアンカの器です。我が家の普段使いの食器は、ほとんどこのビアンカです。白くてどんな料理にも合い、華美でなく、程々の豊かな丸みや地模様が見ていて、使っていて飽きが来ません。古いシリーズなので、これが今もあるかどうかですが、近いうちにショップを覗きに行ってみたいと思っています。(写真にマウスを置くとコメントが出ますよ。下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 12:03 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)