≪ インゲンのサラダ | メイン | 私が教わりたいお料理、八頭の煮物と、里芋蒸し ≫

2010年10月24日

■ 引き継いで行く幸せの種と、私が教わりたいお母様のお料理
おいしい話

★親子三代で野菜の収穫し、それをお料理で頂きました。感激です。★
主人とミントと昭島まで行って来ました。主人も趣味が家事と言うくらいですから、 休みの日も私達は余り出かけませんので、ちょっとしたドライブです。でもこの日は理由がありました。毎年泥付きの新鮮なお野菜を送っていただいている藤好さんのお父さんの畑に伺う目的です。我が家でも、主人が野菜を作っていますが、 その指導を請うのもその目的の一つです。お父様曰く、今年は夏が暑く、やはり野菜が不作だったようですが、主人はアスパラはこの背ぐらいまでの高さに茂った穂みたいな横になるのを知ったり、ムカゴはフェンスのようにして育てボロボロ落ちてくるのを知ったりして感激していました。 私達のために山椒や柚子も摘まないで残していただいていました。里芋や八頭、生姜、葱など、収穫はお孫さんも加わって親子三代です。こうした親子三代の野菜畑の光景に感激したばかりか、 ご自宅ではお母様にその野菜で次から次へとお料理を出していただき、まさに「私が教わりたいお料理」でした。少しこの場を借りて、明日からそのお料理をご紹介しますね。親子三代、幸せの種、とてもホッコリした気持ちになりました。(下の応援のランキング・クリックもコメントもヨロシクね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2010年10月24日 14:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/2025