≪ 簡単おしゃれなカップちらし寿司 | メイン | エビイモの蒸し煮 ≫

2010年12月15日

■ ポークの赤ワインに
わが家の食事

★安いお肉と余り物のワインでOKのワイン煮で、ちょっとリッチなXmasは如何ですか★
少し時間に余裕もありましたので、ポークを赤ワインで煮て、Xmasの時にピッタリな感じの料理を作りました。ワイン煮と言っても、圧力鍋を使いました。お肉も、安い時に買い求めたもので、玉ネギのスライスをたっぷり乗せて玉ネギの酵素を揉みこんで、冷凍しておいたものを、そのまま圧力鍋に入れました。お肉をそのまま冷凍するより、玉ねぎの酵素を揉みこんで冷凍すると、とても柔らかくなり、火も通り易くなりますので、是非お試しを。後は、赤ワインと、塩をお肉の0.6%入れ、圧力を30分位かけただけです。シンプルですが、とても美味しく贅沢な味に仕上がりました。赤ワインは、とても渋みと酸味が強く、主人の口に合わず残っていたものを使いました。ですから、砂糖大1をフライパンで溶かしカラメルにして入れましたので、とてもマイルドになり、いい色にもなりました。本当はコクを付ける為に最後にバターを入れて、バターモンテしても良いかなと思いましたが、砂糖も使っているし、これ以上はねと…、シンプルに仕上げました。塩も、お肉が収縮するのを考え0.6%と、いつもの1%より少なめにしました。お肉は、肩ロースでしたので、一晩放置して置いて、脂を固まらせ、しっかり取ってから、再度煮詰めました。お肉にナイフを入れた主人も、本当に柔らかく切れてビックリです。テーブルの上は、サラダとバケットとワイン、イヤハヤ主人と、とてもリッチな気分での夕食です。たまにはいいですよね。皆さんも、安いお肉と余り物のワインでOKのワイン煮で、ちょっとリッチなXmasは如何ですか。(皆さん、応援ランキング、ポチッと、是非!クリックしてね)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2010年12月15日 15:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/2067