≪ ダイコンの葉の煮物 | メイン | ハクサイの漬物を使って、ダイコン、ジャガイモのシチュー ≫

2011年02月12日

■ ハクサイの漬物
わが家の食事

★あんな大きな白菜が、こんな漬物に。そして、日々変わって行く味を楽しみました。★
東京にこの冬初めて雪が積もりました。先週までの暖かさが嘘のようですが、その暖かかった内に一仕事、仕掛けたものがあります。 白菜の漬物です。主人のお庭の野菜のお師匠さんの鎌谷さんから、昨日ご紹介の葉付きの大根や白菜や聖護院大根などドッサリ、もう嬉しくて悲鳴が出るくらいの量を届けて頂いていましたので、天気のいい日に早起きをして、白菜を四つ割りにして一日外に干しました。お日さんの陰りも早いので、自宅に居れる日を選んで干して、取り込んだら汚れを 落とすために、水でサッと洗い水気を切って、白菜の重さに対しての3%の塩を用意し、葉の間に振りかけ、器にしっかり押し込むように入れ、上からお皿を置いて重石をしっかりして水が上がって来るまで3日程おき、その水を捨てました(写真上段、左)。   昆布と唐辛子を加え重石を少しにして、さらに3日程おきました(写真上段、中・右)。あまり塩っぱくせず、早めにいただくことを前提にして漬けましたが、案外しっかりと漬かっています(中段、左)。ダシをたっぷり含んだものよりはアッサリです。アッサリですが、サッパリして白菜の味を確かめながらいただきました(中段、右)。バリバリ惜しげも無く頂いていたら、主人にお茶と一緒に食べたいのにと注意されたくらい、とっても行けると思います。後でこの漬物は煮物にも使いましたので、その報告は後日。漬物は、冷蔵庫に入れて、毎日出しては頂きました(下段、左)が、日々味が深くなって行くのが楽しめ(下段、右)、頂いたハクサイに本当に感謝です。皆さんもどうです、簡単ですからハクサイの漬物、ご一緒してみませんか。(ランキングクリックのポチッも忘れずにね。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2011年02月12日 12:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/2896