≪ 2011年06月 | メイン | 2011年08月 ≫

2011年07月31日
 ■ ナスとキュウリの酢モミサラダ お庭の話 , わが家の食事

★ナスは酢と一緒に揉むと色が長持ち、サッパリして夏にピッタリの酢モミサラダです。★
「今日はナスがとれるよ。」なんて言うものですから、期待をしてスーパーで何も買わずに帰って来たら、なんと1本のみの収穫でした。ナスは他所(よそ)様では簡単に良くできると聞きますが、我が家ではいつも上手く行きません。でも、今年はたくさん花も咲いて実もなっていると、主人は期待しています。まずは、この最初の一本目のナスの収穫と言うことで、キュウリとで酢揉みサラダにしました。
ナスは塩で揉んだだけでは、すぐにアクが出てきて黒くなりますが、酢と一緒に揉むと案外長持ちしますので、今の時期にぴったりです。ふえるワカメちゃんを戻して、キュウリとナスを1%の塩をし、酢大3位入れ揉み込みました。しんなりしたら絞り、ワカメと和えたものですが、とてもサッパリとして美味しくいただきました。
ナスは冷蔵庫に入れないで早目に使わないといけません。冷蔵庫ですと、低温障害が起きて実の中がゴマみたいになります。ですので、次のナスの収穫まで待てないものですから、早速酢モミをしてサラダでいただいた訳です。キュウリは相変わらず我が家のバットみたいなキュウリですが、1本ペロリです。夏にピッタリの酢モミサラダ、是非皆さんも如何ですか。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。

 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 18:00 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年07月27日
 ■ コンニャク・油揚げ・ナス・昆布の和食材で冷製イタリアン わが家の食事

★油揚げがトマト味によく馴染んで、美味しくいただけました。★
主人はこの日、かなり遅くなると言っていましたから、戻って来てもビールと柿ピーでいいかっ!と思いつつ、でも煮物を作っておけば何かと便利かな~と思って、キッチンに立ちました。冷蔵庫をのぞいてみると、コンニャクと油揚げ、それに昆布とナスがありました。これは当然、和食でしょ!!と思うのはつまらないので、トマト缶を持ち出して来て、イタリアンにしてみました。
コンニャクは切込みを入れ一口大に切り、鍋で乾煎り(からいり)し、キュッ!キュッ!と音が出るくらいしっかり煎り付けました。そこに、一口大に切ったナスを皮目を下にして入れ、その上に玉ネギ、熱湯でしっかり洗った油揚げの一口大、それに昆布を乗せて、塩とトマト缶でフタ蒸しにしました。
私も含め案外、この食材はこのようにして食べるものだと決め付けているような気がしますね。道具も食材も今の時代に合わせていろいろ進化もしていますので、新たな融合ができると思うのは私だけでしょうか。この煮物はその日、主人も明け方の戻りでしたので、そのまま冷蔵庫に冷やして翌日頂きました。翌日、白い洋皿に入れて盛りましたが、油揚げがトマト味に馴染んで美味しいこと美味しいこと、冷たいコンニャクもコリコリ美味しく、玉ネギとナスのクッタリ感も味が染みて、それはそれは夏の夜にピッタリの冷たい和食材の洋風煮物になりました。和食材でイタリアン、是非皆さんもトライしてみてください。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。

 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 13:44 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年07月24日
 ■ 昨日の玉ネギ・ジャガイモ・お肉のワイン煮のリレー わが家の食事

★私の得意の昨日の余り物を使った食卓のリレーです。立派な一品に変身です。★
昨日ご紹介の玉ネギとジャガイモとお肉のワイン煮、日曜日に九州から戻ってくると、やっぱり主人は残しておいてくれました。時間はもう夜の10時近くで、スーパーに寄って買い物をする力もなく、この残り物さえあれば、立派な一品に変身でき、一安心です。主人は、私のこうした余り物を使った食卓のリレーを知っているので、残してくれていたと思います。
玉ネギを1センチ角に刻み、ビーンズの缶を開けて、塩・胡椒で肉を崩しながらさっと煮込みました。これが美味しいのです。二人で美味しいね、行けるね、疲れも吹っ飛ぶね、と言って、翌日の月曜日の朝の『PON!』の生放送もこれで頑張って行けるような気になりました。でも、美味しくて、ついついビールとワインを飲み過ぎて、日曜日の遅いいつもの食卓のパターンにもなってしまいました。
昨日のブログにコメントもいただきましたが、昨日のワイン煮のお肉は脂の少ない豚の肩の塊を使いました。玉ネギは大3個、ジャガイモも大3個で、トマト缶は私のShopでも扱っているムッティのトマト缶400g1缶です。これにトマトケチャップを少し入れ込んだ方が、少しだけ甘味が出て美味しいと思いましたが、玉ネギ大3個なものですから、十分美味しくいただけました。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。

 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 12:32 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年07月23日
 ■ 丸ごと玉ネギとジャガイモとお肉のワイン煮 わが家の食事

★圧力鍋があると、ホロっと崩れる玉ネギやお肉も、ホクホクのジャガイモも楽ですよ。★
圧力鍋の大活躍の木曜日の夜が、また来ました。翌日の金曜日からまた九州の料理教室に出かけるので、主人の金土日用に圧力鍋一杯に作って出かけます。
お安い時に買い求めたお肉1キロを解凍し、塩・胡椒し、圧力鍋を使ってノンオイルでコンガリ焼きます。その後、赤ワインと水を圧力鍋に入れ、フタをして圧力をかけます。30分ほど圧力をかけたら、圧を落としてフタを開け、ジャガイモと玉ネギとトマトの水煮を加え、もう一度圧力を1分かけて、自然放置をします。で、冷めたらフタを開け、塩・胡椒で味を調え完成です。
この日、主人は外食のため、このお料理の出来あがりを見てないのですが、きっと驚くと思います。普段は、これを温めてねと見せて行くのですが、多分フタを開けたらビックリすると思います。写真のような丸ごとの大きな玉ネギとジャガイモが鍋の中にゴロゴロあるのですから。そして写真のお肉は小分けにされていますが、1キロのお肉がお鍋の中央に鎮座していますからね。私自身も、驚く主人を少し楽しみに九州に出かけられます。きっと主人は美味しいから残してくれていると思いますが、ね。
圧力鍋があると、ホロっと崩れる玉ネギやお肉も、ホクホクのジャガイモも楽ですから、是非皆さんも、お試しください。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。

 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 15:07 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年07月22日
 ■ ニジマスの塩焼き お庭の話 , わが家の食事

★塩焼きもフライパンで焼けば簡単ですよ。もちろん、ノンオイルでね。★
九州からの帰り、迎えに来てくれた主人の車にニジマスが鎮座していました。奥多摩に釣りに出掛けた会社の後輩からいただいたとのことで、ツボミちゃんと私は大喜び。早速、車の中で山分けをしました。内臓を取って塩もしてくれているとのことで、塩焼きにしました。もちろんフライパンで、ノンオイルでしっかり焼きました。レモンの代わりに酢をかけ、ブラックオリーブと庭のパセリとイタリアンパセリを盛り付け、たっぷりと胡椒を降りました。ソースを作ろうと思ったのですが、手抜きした感じです。でもニジマスがとても美味しくて、酢と合わさると甘くもありました。内臓を取って直ぐに塩をしてくれていたせいか、骨離れがとても良く、大きな身を口に運べ、堪能しました。本当に、覚張様ごちそう様でした。今が旬ですものね。普段、買うところまではいかないのですが、今度お店で見つけたら買ってみたいと思います。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。

 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 21:03 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年07月19日
 ■ ブルーチーズ和えのサラダ お庭の話 , わが家の食事

★ブルーチーズで和えるとコクが出て、美味しいですよ。★
庭から主人がスイスチャードとオオバとルッコラとトマトを摘んできました。この日の野菜は、そんなに多くの量でもなく、肉や魚を入れてサラダにするにはバランスも悪く、少々もの足りない感じです。こんな時、我が家はチーズを入れることがよくありますが、中でもブルーチーズはとても好きで、何かにつけて買ってあるので、それをこの日のサラダに混ぜ込むことにしました。
まずボウルにブルーチーズを入れ、ボウルに押し付けるようにして、しっかり練り付けました。そこに野菜を入れて、絡ませるように大きく和え、塩・胡椒で味を調えました。もうコクがあり、それはそれは美味しく頂けました。
写真にはないのですが、ブルーチーズを豆腐としっかり混ぜ、そこにオリーブの輪切り入れ、塩・胡椒して和えましたが、これまたおいしい!。ちょうど横にあった素麺を主人が絡めて頂いたら、これまた美味しいと驚いていました。混ぜ込んだブルーチーズの量は、そのまま食べると、チビチビの量ですが、豆腐と混ぜると豆腐全体がチーズに変身!、とてもリッチな気分になれるねと、二人して喜びの一品になりました。是非、皆さんも一度お試しください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 08:18 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年07月18日
 ■ 大根・コンニャク・ゴボウ・合挽き肉の煮物 わが家の食事

★週末にタップリ作って出かけました。圧力鍋で作ると楽ですね。★
週末の金曜から土日を利用して、月に2回九州に出かけていますが、出掛ける前日の木曜日の夜に、圧力鍋で主人の料理を少し作り置いて行くようにしています。圧力鍋ですと、タップリの量があまり手間を掛けずとも出来て、助かりますね。で、この日は大根、ゴボウ、コンニャクと合挽き肉の煮物を作りました。
合挽き肉は火を止めた熱湯で湯洗いして、旨味を閉じ込め余計な脂を落とします。コンニャクは、一口大に切って下茹でします。後は、大ぶりに切ったゴボウとダイコンと一緒に圧力鍋に入れ、教室で残った煮物の煮汁が余っていましたので、それを持ち帰り味付けにプラスして、塩だけを加えて圧力をかけました。味見をして行きましたが、とても美味しく出来ました。
実はこの時、材料は約2キロはありましたので、沸騰まで少し時間がかかる様子で、ついついビールを飲み始めました。こんなことは滅多にないのですが、主人のために料理を作り、そしてビールをいただくなんて、ちょっと幸せを感じました。
そして日曜日の夜、九州から戻ったら、主人が少し残しておいてくれました。一層味が浸みて美味しかったので、味見をしてもらおうと残しておいてくれたそうです。いやいや予想もしていなかったので、『とても感謝(?)をして頂きました。』。ご馳走様でした。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。

 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 09:51 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年07月17日
 ■ トマト、キュウリ、玉ネギに鮭を乗せたサラダ お庭の話 , わが家の食事

★色鮮やかで、まるで太陽みたいな、元気の出るサラダです。★
今、庭で採れて嬉しいものの一つにトマトがあります。値段も高い感じがしていて、安い時を狙って買い求めるようにしているので、主人が採って来てくれるととても嬉しいですね。お店のように立派ではありませんが、庭先ですから完熟の状態で摘めますので、本当に赤や黄色の元気な色で、太陽を感じます。
で、この日は時間も遅いと言うこともあり、トマトはシンプルにクシ型に切って入れ込みました。一緒に入れたのも、キュウリと玉ネギで、これも我が家で採れたものです。キュウリは相変わらず大きくてスリコギみたいです。玉ネギは今年も大きくはなりませんが、採れたてで、みずみずしいです。どちらも薄切りにして塩をし、酢で下味を付けながら揉みました。しばらく置いておくので、その間に鮭(サケ)に塩をして、しっかり焦げ目を付けながらコンガリ焼きにし、大ぶりにほぐして盛り付けました。鮭の色もピンクで、主人はこの色鮮やかなこのサラダを、まるで太陽みたいなサラダと言っていました。本当に見てもいるだけで元気になります。全体に下味は付いていますので、後はよく混ぜていただくだけです。
主人からは、トマトっていくらしているの?玉ネギは?キュウリは?と色々質問が来ますが、最後に一食助かって良かったねと、言うのがお決まりの会話です。でも採れたて野菜をいただけるなんて、本当に嬉しく、助かりますね。ありがとうです。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。

 



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 08:11 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年07月16日
 ■ ドライカレーのオオバ巻き お庭の話 , わが家の食事

★暑い日を乗り切るためにピッタリ、ビールにもよく合いますよ。★
毎日暑い日が続きますが、皆さんもうもう大変ですよね。この暑い最中にピッタリのお料理を作りました。
主人が、顔ぐらいあるオオバ(ちょっと大袈裟かな…、でも大きいです。)を庭から摘んで来ました。とても元気で、窓辺に置いては、ソウメンに入れたり、サラダにしたりと毎日格闘しています。で、この日は冷凍ご飯がありましたのでドライカレーを作り、このピリピリしているドライカレーをこのオオバの青じそと赤じそで巻きました。頂きましたら、もうもうこれはエスニック!『ここはベトナム?』と言った感じになりました。色は白っぽくて、これでドライカレー?と思われるかもしれませんが、実はインドのお土産のカレー粉で、ピリ辛もすごいものです。色んなスパイスの組み合わせで、出来ているのですね。さらにこれに生姜の摩り下ろしを加えると、フレッシュにピリッと来ます。
この暑い日を乗り切るためにピッタリのドライカレーのオオバ巻き、ビールにもよく合い、暑さを忘れる一品になりました。皆さんも如何ですか。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 教室の4人がノンオイルのメニューを次々に更新して、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。是非facebookに参加して、「いいね!」ボタンを押してください。コメントをいただいた方には、教室の4人がお答えしますので、是非、皆さんと一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げましょう。
「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ていますので、こちらもヨロシクね。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 18:42 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年07月13日
 ■ アセロラゼリー テレビ

★ビタミンCとコラーゲンたっぷりの簡単美肌スイーツです。★
今月の『PON!』は、コラーゲンがたっぷり取れる美肌料理の特集です。その第1弾で「アセロラゼリー」をご紹介しました。おいしくって、カロリーも控え目ですよ。(詳しい材料と作り方は、番組のホームページを見てください。
まず、ゼリーの中に入れるグレープフルーツの皮を剥きます。ところで皆さん、グレープフルーツはどのようにして食べておられますか?半分に切ってスプーンですくって食べておられる方が多いようですが、我が家では1房ずつホッコリ取り出して食べます。以前ブログでその剥き方をご紹介してありますので、見てください。スプーンですくうよりボリューム感もあり、お口の中でとてもジューシーですよ。そんな風にして、1房ずつ剥いたグレープフルーツを器に入れておきます。次は美肌作りの素、コラーゲンですが、ゼラチンを使います。ゼラチンは動物や魚から取ったコラーゲンで、ビタミンCと一緒に摂ると美肌効果大です。ですので、ビタミンCの多いアセロラジュースで溶かします。アセロラジュース大3を耐熱ガラスボウルに入れて40秒電子レンジで温め、そこにゼラチンを入れて溶かします。そのゼラチンを溶かした温かいアセロラジュースの方に、残りのアセロラジュースを徐々に入れて混ぜます。その時、逆に冷たいジュースの方に、温かいゼラチンを溶かしたジュースを入れると一気に固まりムラが出来ますのでご注意!。さあ後は、ゼラチンを溶かしたアセロラジュースをグレープフルーツが入った器に入れ、冷蔵庫で40分ほど冷やせば、美肌スイーツ「アセロラゼリー」の完成です。熱い夏にピッタリのゼリーでもあります。是非皆さんお試しくださいね。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 私の教室の4人がノンオイルクッキングのメニューを次々に更新しています。ファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援していますので、是非見て「いいね!」ボタンを押してくださいね。「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出ています。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 08:08 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年07月12日
 ■ 簡単大豆雑炊(リゾット) わが家の食事

★大豆の水煮の茹で汁がとてもいいおダシ。簡単ではありますが、おいしい大豆リゾットです。★
主人がとても遅くて、聞いてみるとお昼を食べ損ねたとのこと。『これはいかん!』何か食べさせなければ。朝、持たせるはフレッシュジュース600ccと言っても、それだけではね~ェ。で、冷凍ご飯に大豆の水煮を入れ、簡単リゾットを作りました。大豆の水煮には、茹で汁もしっかりあり、とてもいいおダシが出ていますので、簡単ではありますが、とてもおいしい大豆リゾットができたように思います。 冷凍のご飯をレンジにかけて戻し、大豆の水煮と水を入れ、温かいご飯を入れ煮込み、塩・胡椒で味を調えて、最後にパルメジャーノレジャーノを削って降りました。私も主人も豆類がとても好きなので、豆類はついつい買っては保存しておきますが、何かにつけて便利です。そしてこの日のように、時間が無い時は助かりますね。このお皿で主人は、3回もお代わりをしました。でもご安心を、ごはんは200gで、後は水分ですので。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。教室の4人がノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出しました。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 16:04 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年07月11日
 ■ フルーツサラダ わが家の食事

★夏の夜の白ワインにピッタリのサラダです。★
フルーツのサラダが、とても美味しくおいしくできました。ワインとピッタリのサラダになりました。主人とはもっぱら赤ワインで、白ワインは冷やしていますが、お客様が来られた時くらいしか、いただく事があまりなかったのですが、チャレンジしてみました。とても美味しく、この日のサラダは、白ワインのために作った感じになりました。
オレンジ、キウイ、リンゴを一口大に切り、庭のアップルミントを入れ、ブルーチーズを切って塩コショウを降って、しっかり混ぜていただきました。この時は余りお腹も空いていなかったはずですが、フランスパンを焼いてチーズを塗ったり、干しブドウを出して来て…なんて、二人で次々と動き始めてしまいました。遂には、ワインを一本空けて、次はどのワインにする?なんて、二人で言っている、夏の夜にピッタリのフルーツサラダでした。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。教室の4人がノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出しました。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 10:25 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年07月10日
 ■ ゴボウとカブのおかず煮物 わが家の食事

★具材の旨味がコラボして美味しい、おかず煮物です。
久しぶりに週末の時間を料理に入れ込みました。気分的には、やはり嬉しいですね。
ゴボウ2本とカブ3個と玉ネギ1個、鶏肉100g、豚肩ロース100gとシメジ100gを、塩だけで煮てみました。どれも早く味が出て浸みやすいので、水は1カップ程だけ煮ていきます。7~8ミリの斜め切りのゴボウ、熱湯で洗ったお肉(沸騰させて火を止めたお湯で洗った肉)を入れ、1センチ幅に切ったカブ、ざく切りの玉ネギ、シメジを入れ、塩をして中火でフタ蒸し煮します。沸騰後フタを開け全体を一混ぜして煮込み、最後に胡椒を降り、主人が庭から取ってきたイタパセを散らしましたが、とても洋風な煮物になり、主人とゆっくりパンとワインでいただきました。
ゴボウのみとか、コンニャクのみで煮物をするより、具材を沢山入れた煮物の方が現代的で、私は「おかず煮物」と名付けています。素材の旨味がコラボして美味しくなりますものね。こうした「おかず煮物」をメインに作っておけば、品数は少なくても食べ応えのある食卓になります。
この日は、特に味の浸みやすい素材を考えて入れ込みました。時間にして10分も掛からなかったです。ゴボウやカブは、アッと言う間に味が浸み込む素材ですので、忙しい時の煮物として利用してくださればと思います。是非、皆さんも「おかず煮物」は如何ですか。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。  おかず煮物も、ノンオイル料理です。私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。教室の4人がノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出しました。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 10:05 個別ページ表示 | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年07月09日
 ■ 切り干し大根、ヒジキ、パンチェッタ わが家の食事

★塩っぱくて食べれないオリーブと、軽くブルーチーズで味付けました。グッドです。★
我が家では、乾物と冷凍食材にしかないことに時々見舞われます。この日もどうしようと言いながら帰りました。主人はパン(冷凍のフランスパン)とワインとチーズがあれば大丈夫といつも言ってくれますが、そう言う訳にはいきませんものね。
戻って、早速冷蔵庫に入っている切り干し大根と食品庫のヒジキを取り出し、ヒジキは熱湯を沸かして戻しました。切干大根はしっかり洗い、鍋に入れ、水を入れてフタをして蒸し煮にしました。玉ネギが冷蔵庫にぽつんとありましたので、スライスして追いかけて煮ました。それから冷凍庫を覗くと、パンチェッタがありましたので、細切にし、戻したヒジキとともに入れ煮込みました。塩っぱくて食べれないオリーブありましたので刻んで入れ、塩・胡椒で味を調えたのがこの状態です。
少しパンチェッタをケチったのに悔いが残り、今一ピタッと来ずにいただき始めたのですが、ブルーチーズを軽く切って混ぜ込んだら、今度は本当においしい!という結果になりました。
このところチキンや鴨肉などにブルーチーズを使ったレシピが少し流行っていますが、いい感じに仕上がりました。この日はとても沢山作ったこの煮物と、おいしい黒豆納豆をいただきましたので、それといつもの冷凍フランスパンを焼いて、チーズでワイン、果物で終了でしたが満足でした。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 この日も油は使いません、ノンオイル料理です。私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。教室の4人がノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出しました。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 08:07 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年07月07日
 ■ ツボミちゃんのパン クッキングスクール

★日々は小さなことの積み重ね、きっとそれが大きな力に。★
教室のツボミちゃんにメールでお便りが来ました。彼女が出した「粉ものほっこりレシピ」の本を見て、大好きなナンが美味しくでき、カレーに乗せていただいたお便りです。「他愛もないことですが、本当に嬉しくて、ありがとうございます。」と書いてありました。
このお便りには、いただいたツボミちゃんの方こそ、勇気づけられた感じです。失敗したり、上手く行ったりの日々は小さなことの積み重ねですが、それを見てくれている人がいると言うのは大きな力ですね。その力で、また頑張れるんですもの。私も嬉しいです。
そんな粉もの作りの得意なツボミちゃんが作ったパンを、主人がいただき、美味しくて感激していました。主人は、そのパンがどう言うパンか、とても知りたかったみたいです。彼女からのコメントをそのまま披露します。写真を見て、お味を想像して下さい。頑張れツボミちゃんです。

パンのほうですが、オリーブのパンは、実は今回あのパンを作ったのには理由があります。インターネットで注文した、フランスの粉を使ったのです。「ファリーヌ・ド・ムール、タイプ110」というもので、カンパーニュなどの素朴なものを作るのに適したものなのですが、時間があまりなかったため、2次発酵がとっても短くてすむ、目の詰まったフォカッチャをイメージして作ってみました。フォカッチャはよく作るので、違いが分かるかな・・・と。やはり、気候も違いますし、いつも使っている普通のものとは、少し違ってましたね。次回は、是非違ったものにチャレンジです。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。  左の写真の先頭が私、田村です。私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。私たち4人でノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」の本もあります。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 10:08 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年07月06日
 ■ ホウレン草のマッシュルーム・サラミ・チーズ乗せ、ノンオイルサラダ わが家の食事

★ゴールデンコンビのような美味しさも、ノンオイルのドレッシングで活きます。★
私の健康おりこう野菜は、ホウレンソウと思っています。何かにつけて買い求め、サラダや朝のジュースにとできるだけフレッシュな状態でいただくようにしています。栄養面からみると本当にホウレンソウはポパイだと改めて実感しています。皆さんの中には、シュウ酸が気になると言う方も多いかと思いますが、300gを毎日3回、3か月続けた場合に石になる可能性があるかな~と言われています。いくら好きだからと言っても、私たちはそんなに沢山いただくことはできませんね。と、言いつつもこの日は400gを二人でいただくことになりました。マッシュルームの生と、サラミソーセージの薄切りと、粉チーズを降ったサラダですが、ゴールデンコンビのような美味しさで、ノンオイルのドレッシングでいただきました。
私もこのサラダってオイルを掛けたら、美味しくおいしくなるだろうな~と思うこともありますが、それはそれでノンオイルでいただくと、『おいしい!』と思うことも事実です。ホウレンソウの味や、マッシュルームの味、そしてその間を繋いでくれるサラミとチーズの味が、ノンオイルですと絶妙にコラボして、油の旨みではなく、素材の旨みが楽しめます。何だか、いただいている内に元気になってくるようなサラダでもあります。我が家は本当にサラダファミリーのような気がします。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 サラダにノンオイルはクセになります。素材の味が美味しいですからね。私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。教室の4人がノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出しました。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 16:36 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年07月05日
 ■ 九州久留米の小学校で講演 私のお仕事

子供たちの元気と幸せのもとは、家庭の食卓にあり。
九州の久留米の南小学校から講演に呼ばれました。とても教育熱心なところで、小学5、6年生の児童とお母さまたちが500名以上も集まって下さり、約1時間お話をさせていただきました。私もお子さんたちを飽きさせないようにクイズにしたりと、とてもいい勉強になりました。色んな話をさせていただきましたが、体の食育と心の食育はとても大事で、親が子供ためにおいしい料理を作り、そしてそれを家族が楽しく話をしながら、感謝をしていただくことは、大人になって大きく影響すると思います。何気に作る毎日がとても大事、と言う思いを込めてお話しさせていただきました。その後、生徒さんから一人一人の手書きのお葉書と、アンケートへのお母様のコメント、それに当日のお写真を、心をこめてキレイに整理されたファイルを5冊もいただきました。もうこれは、私の宝物です。お話したハンバーグの作り方や、お肉を軟らかくするコツとか、さらに野菜の大切さ、脂や甘い物の取り過ぎに注意など、すごく細かいことまで覚えていてくれたみたいで、感心しました。私の一冊の本との出会いから、その小学校の先生がお声を掛けていただき、小さなことでもいいから始めてみましょうとお話し、家庭の味を知らない子、温かさに触れずに育った子もいるかも知れませんが、何かを起こすことで何かが変わるきっかけになったと後でお便りをいただき、とても私も嬉しかったです。私が出来ることは小さなことですが、皆さんが力を合わせればきっと何かが動きます。今後も、是非是非頑張って、社会に役立つ自分でありたいと思います。(応援クリックもヨロシクネ)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 15:58 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年07月04日
 ■ ローカロリー酢豚 テレビ

昨日に続いて6月の『PON!』から、定番料理がおいしさそのままに、カロリーダウンの「ローカロリー酢豚」をご紹介します。(材料と作り方は、番組のホームページを見て下さい。
★油を使わなくても美味しい酢豚が出来ますよ。★
酢豚のお肉は普通三枚肉ですが、豚ヒレ肉を使い、軟らかく下ごしらえするために酢で揉みこみました。その後、塩・胡椒し、片栗粉を1枚ずつまぶして、フライパンに油を引かず、そのまま焼いて行きます。油は大さじ1杯で111キロカロリーもあります。私は油を使わなくても、お肉の旨みはありますし、これで十分だと思います。お肉に火が通ったら一旦取り出し、パプリカ、玉ネギ、シイタケをフライパンで炒めます。これもノンオイルで炒めます。野菜から出る水分を利用して炒め、その水分を飛ばすように炒めれば焦げずに、水っぽくもならず炒められます。油で炒めない分、野菜の味が楽しめて私は好きです。火が通ったらお肉を戻し、甘酢もフライパンの中で作ります。酢を入れ、酸味を飛ばします。醤油を入れ、砂糖の代わりにパイナップルジュースを入れます。よく酢豚にパイナップルが入っていますが、酸っぱいものに相性が良く、カロリーも押さえられます。最後に水溶き片栗粉でまとめて、完成です。サッパリしたローカロリーの酢豚、油は使っていませんが美味しいですよ。皆さんも大好きな酢豚、是非お試しください。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 この酢豚もノンオイルクッキングです。私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。教室の4人がノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出しました。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 12:39 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年07月03日
 ■ ノンオイルカレー テレビ , ホームページ

6月の『PON!』は、定番料理がおいしさそのままに、カロリーダウンのダイエット特集でしたが、その第3弾で「ノンオイルカレー」をご紹介しました。
★ノンオイルカレーの我が家の逸話★
YahooでもGoogleでも「ノンオイルカレー」と検索してみてください。私のノンオイルカレーが一番に出て来るくらい、私の十八番です。このノンオイルカレーには、我が家に逸話があります。カレーの鍋を洗ってくれていた主人が、「本当に油が一つも浮いていない!」と感激して大きな声を出したことがあるのです。主人はカレーが大好物ですが、でも毎回食べては胸ヤケを起こしていたそうです。無理もないですね、カレーのルーの大半は油ですものね。でも私のノンオイルカレーを食べてからは、安心してお腹一杯に食べれると言ってくれます。
★2011年『PON!』カレーは、あっさりした辛さが癖になるお手軽カレーです。★
カレーは、辛さと甘みと酸味そのバランスで美味しくなります。この『PON!』カレーの甘みは、カボチャを使いましたが、カボチャが入っているなんて誰も気づきませんよ。(材料と作り方は、番組のホームページを見てください。)カボチャを一口大に切って、ラップをして、電子レンジで5分かけ、皮と身に分け、身はボウルの中で熱いうちにフォークで潰します。お肉はカロリーの低い鶏胸肉の皮を取って使いましたが、胸肉のパサつきは玉ネギ微塵1/4個と酢で揉んで柔らかくしました。またこの酢の酸味がカレーの美味しさのバランスになります。残りの玉ネギ微塵をフライパンに入れ、水を加え、一煮立ちさせます。その煮汁で潰したカボチャを伸ばしながらフライパンに入れます。後は、お肉を入れ、カレー粉と塩を入れ、あればガラムマサラも加えて鶏肉に火が通れば完成です。カボチャの皮は細かく切ってご飯に混ぜます。あっさりした辛さが癖になる、煮込む時間のいらないお手軽カレーですよ。
★2008年『ラジかるッ』でも、ノンオイルカレーを紹介★
以前『ラジかるッ』でも、ノンオイルカレーをご紹介しました。同じく甘みはカボチャと、フタ蒸しの玉ネギ・ニンジンで引き出し、酸味はトマトを使いました。お肉は牛肉を火を止めた熱湯に入れて、アクと余分な脂を落とし、旨味は閉じ込めました。今も番組のホームページで見れますよ。
こちらをクリックして下さい。→『ラジかるッ』の下のメニューの『LIVE』をクリック。→月曜日の『ハードなクッキング』をクリック。→右のバックナンバーの下の方の『2008年の放送』をクリック。→1年分ありますから、2008年5月19日の『ノン老いるカレー』をクリックしてください。)
★私のサイトでもノンオイルカレーをご紹介しています。★
私のサイトでは、しっかり玉ネギを炒めて甘みを引き出し、ヨーグルトとトマトで酸味を加えた、本格的なノンオイルカレーをご紹介していますので見てくださいね。
是非、皆さんのその時の気分で、材料に合わせて、ご自分のノンオイルカレーをお試しください。油は、一滴も使っていませんので、胸ヤケせず、お腹一杯にお代わりしてください。(応援クリックもヨロシクネ)


こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。 カレーも勿論ノンオイルです。私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。教室の4人がノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」も出しました。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 09:08 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年07月01日
 ■ 教室に谷原章介さんが来られました。 テレビ

★何事につけても『お』を付けたくなるようなお方でした。★
先日、教室に谷原さんが来られました。もうもう私は興奮しっぱなしで、もうもうの一日でした。本当にお素敵で、とてもお料理がお上手で、お本当にお素敵な方でした。お料理が本当にお好きのご様子で、いろいろお作りになる前にお打合せをさせていただいたのですが、その時から釘付けになりました。ミーハーでごめんなさいね。何事につけても『お』を付けたくなるようなお方でした。「お、はい!」

●教室の田村です。
関西テレビお昼の情報番組『キキミミ』、毎週火曜の「浜内千波の絶品!べっぴんごはん」の収録で、谷原さんと先生の2ショットです。谷原さんは、見た目通り、とても穏やかで、優しく、お料理もとても上手な方でした。先生との息もぴったりで、いつもの「アメリカザリガニさん」たちとは、また違った雰囲気で、楽しい収録でした。間もなく放送されますので、関西の方是非見てくださいね。(応援クリックもヨロシクネ)
こちらをクリックして、「おいしいノンオイル生活」を見て下さい。  左の写真の先頭が私、田村です。私たちファミリークッキングスクールは、「おいしいノンオイル生活」をfacebookで応援しています。私たち4人でノンオイルクッキングを発信していますので、是非「いいね!」ボタンを押してくださいね。また「おいしいノンオイル生活レシピブック」の本もあります。一緒に「おいしいノンオイル生活」の輪を広げて行きましょう。



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 06:58 個別ページ表示 | コメント (3) | トラックバック (0)