≪ 東京FMの『ふんわり時間』 | メイン | 寒い日が続きますよね。今夜はポトフです。 ≫

2011年12月22日

■ 圧力鍋で大根煮
わが家の食事 , 私のお薦め

★普段でも使えるように鍋口が広くて浅型の圧力鍋にこだわりました、『浜内家の圧力鍋 クイックボーノ』★
深夜に帰宅して、もう寒くて、大根(ダイコン)を炊くことにしました。冷凍庫を開けたら豚薄切り肉があり、しかも熱湯洗いをして冷凍になっているので、ラッキー!!とばかりに取り出しました。圧力鍋を利用した大根煮、圧力をかけるのはわずか0分の大根煮です。
まず鍋に1センチ弱の厚さの半月切りの大根と、熱湯洗いをした豚肉を入れ、1%の塩と、水を1カップ入れ、沸騰後すぐに火を止め(圧力0分)、蒸らすこと10分位で、フタを開けたらもう出来上がりです。雑炊をいただきながらの待ち時間でしたので、とっても有効的な煮物になりました。
最近イトーヨーカドーで圧力鍋をご提案させていただいています。圧力鍋は、時間が無い時は早くて便利なので、普段から私は重宝して使っています。でも皆さんの中には、せっかくの圧力鍋も特別なものとして、棚の奥にしまっておられる方も多いのではないかと思います。 そこで私は、普段でも使えるお鍋にしました。煮る・焼く・蒸す・炒める・炊くにも使えるように、鍋口が広くて浅型の鍋にこだわりました。しかも、私の圧力鍋は優れもので中はフッ素加工、ですから焦げ付きにくいのも特徴です。広くて浅いですから、炒め物、焼き物にも使え、中が見えて便利なガラスのフタも付いて、蒸し物、煮物にも使えます。このように普段使いの鍋ですから、棚からわざわざ圧力鍋を取り出さなくても、思い立ったら直ぐに圧力料理もできます。そして広くて浅いと、圧力をかけるのも実は楽なんですよ。私のレシピもついて、お値段もお求めやすい『浜内家の圧力鍋 クイックボーノ』、是非イトーヨーカードーでご覧くださいね。軽さもあり、毎日出しておいてもいいと思います。蒸したり、炒めたり、いつもの料理に、そして圧力をかけたり、な~んて全部一つでこなせるようになりますよ!なんてね。(応援クリックもヨロシクネ)
●圧力鍋の私の本もヨロシクです。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2011年12月22日 13:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3133