≪ ハクサイのクタクタ煮 | メイン | コールラビのポタージュ ≫

2012年01月06日

■ 樽にびっしりお漬物
おいしい話

★干したハクサイとキャベツを、唐辛子と昆布、塩を振り入れながら、しっかり漬け込みました。★
樽にびっしりお漬物を漬けました。もうもう寒い夜に、それも元旦の夜に一人で。年末のブログの写真でもご紹介したようにベランダに干したハクサイとキャベツを、唐辛子と昆布、塩を振り入れながら、しっかりと樽に漬け込んだものです。
普段、野菜は貴重で、こんなに贅沢にはできませんが、折角いただいた野菜に興奮気味で、たくさんの野菜をしばらくぶりに漬け込みました。手も冷たかったですが、でも何だかとても穏やかな気持ちになりながら、昔の母のことを思い出しながら、漬け込むそんな時間がちょっと嬉しくなりました。
5日経ったのがこちらで、全部で白菜が4株と、キャベツが3個分入っています!重石の石も大分下にさがりました。おいしく漬かっているんだろうなと思うと、もうもう嬉しくて、この樽が宝物のように見えて来ました。主人がいない間に漬け込みましたので、帰って来たらきっとビックリすると思います。
保存の本に続いておいしい野菜を楽しめたらと、発酵食品の本を今書いています。もうすぐ出ますが、自家製のお漬物はいいですね、何だかほんのりして。今度は糠漬けを作ろうと思っています。(応援クリックもヨロシクネ。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年01月06日 14:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3146

コメント

日本の発酵食品はなんといっても日本人の体に最高だと思います。体を暖める塩と冷やす野菜がコラボして発酵して素晴らしい食品になるのですよネ
先生の本、出来上がりを楽しみにしております。

先日は娘の誕生日に、おもてなし菜時記のお料理を作り皆でおいしく頂きました~♪

投稿者 フェリーチェ : 2012年01月09日 06:39