≪ 豚肉とチンゲン菜炒め、これも糖質offです。 | メイン | フライパン一つで出来るボンゴレ ≫

2012年03月11日

■ シャキシャキのモヤシ炒め
テレビ

★チョイ干しすれば、味や旨味が凝縮され、味付けもシンプル。炒めても水っぽくならないので、味も決まってシャキシャキです。★
野菜が劇的においしくなる方法「チョイ干し野菜」を、『PON!』でご紹介しました。「チョイ干し」のモヤシを使っての「シャキシャキのモヤシ炒め」です。(詳しい材料と作り方は、番組のホームページから。)
モヤシを、ザルやバットの上にキッチンペーパーを敷いて3~4時間、そのまま広げて置いておくだけです。買って来て時間があれば、室内で良くて、途中ひっくり返さなくてもOK。ラップをせずに冷蔵庫に入れてもいいですね。水分の抜けたモヤシは、味や旨味が凝縮されておいしくなるので、味付けもシンプルに、炒めても水っぽくならないので味も決まって、誰が炒めてもシャキシャキです。
フライパンに油を引かずに、細切りにしたベーコンを入れます、ベーコンの脂でOK、余計な油は要りません。ベーコンに軽く火が通ったら、モヤシを入れて中火で炒めて行きます、炒めていても水分が出て来ません。3分程して透明になったら、塩・胡椒をふって完成です。
ダイコン、ニンジン、キャベツ、チンゲン菜やキノコ類など水分が多いものは干してみてください。炒め物ならざく切りにして、煮物ならその大きさで、お好み焼きのキャベツなら1センチ角、ロールキャベツなら葉っぱのまま干してください。ロールキャベツは普通湯がいて軟らかくして包みますが、茹でなくても軟らかくなります。おでんや煮物のぶ厚い大根も、水分が抜けてスポンジ状態ですので、サッと調味料が入って時短になります。味や旨味が凝縮されておいしくなる「チョイ干し」は「チョイ」が大事、「干し過ぎる」と硬くなり戻すのも大変です。買って来て時間がある時は「チョイ干し」、お試しください。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年03月11日 06:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3200

コメント

炒め物の水分は火力が弱いと思っていましたが

野菜の水分を減らす事で解決ですね。

またまた目から鱗です。

「チョイ干し」ですね。

投稿者 ひろ子 : 2012年03月13日 18:53