≪ 鶏肉とスナップエンドウの塩麹炒め | メイン | 『炒った米ぬか』をふり入れた、ジャガイモとキノコとリンゴのトマト煮込み ≫

2012年06月07日

■ 『炒った米ぬか』をふり入れた、野菜とハーブとキノコのサラダ
お庭の話 , わが家の食事

★まるでチーズのようにコクが出て、とても甘く、おいしく感じました。★
今『米ぬか』にハマって、色々な料理に振りかけて確認をしています。と言いますのは、『はなまるマーケット』(5月16放映分)で『植物ステロール』の特集があり、一番多く含む食品の「米ぬか」を使ったレシピをご紹介したからです。ステロールは油の一種で、動物性のものはコレステロールと呼ばれますが、植物性のものは植物ステロールと呼ばれ、体にほとんど吸収されずに血中のコレステロールを下げる働きがあります。植物ステロールは、豆類・穀類の胚芽の中に多く含まれますので、それから作られた油には濃縮されて多く含まれていますが、私はこれを油からではなく、直接食品から直接摂って欲しいと思いました。そこで私が考えたのが、「米ぬか」を炒って美味しい調味料代わりにして使うレシピです。この時の『はなまるマーケット』にご出演の教授に調べていただいたら、熱を加えてもその働きに変化はなく、「米ぬかを、炒って調味料に使うなんて、すごい発見だ。」と言われたようです。フライパンで7~8分、中火弱で色が着かないように炒ると、米ぬか臭さが消え、とても甘くなります。
この日は、いつものようにサラダを作りました。マイタケとブナピーを焼き付けるようにしっかりコンガリと焼き、我が家で採れたサニーレタス・サンチュ・チャービルに、トレビスも加えた野菜とハーブとキノコたっぷりのサラダです。これに、炒った米ぬかを降りかけてみましたが、まるでチーズのようにコクが出て、とても甘く、おいしく感じました。
我が家では、この「炒った米ぬか」を冷蔵庫に入れて、いつでも使えるように保存していますので、色々作っては報告しますが、これはちょっとクセになりそうですね。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年06月07日 23:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3252

コメント

米糠が良いことは以前から言われていましたが、用途は糠漬けくらいでしたよネ。
我が家は両親が米も作っているので精米する度に米糠が大量発生?します。
先生の調味料代わりに使おう!アイデア、しかも素晴らしい発見ですね!
次回は来週精米に行くので(少量ずつしています)ヌカちゃんが楽しみです♬♬♬♬

投稿者 フェリーチェ : 2012年06月08日 18:34