≪ プチトマトのマリネ | メイン | 原宿プロントのデザート ≫

2012年06月23日

■ お客様にお出した洋風チラシ寿司
我が家のおもてなし

★余ったら、お持ち帰りしていただけることもあり、今回もたっぷり用意しました。★
私はいつもお客様が多い時は散らし寿司をお出しするようにしています。余ったらそのまま、お持ち帰りをしていただけることもあり、今回のおもてなしでも5合をたっぷり用意しました。
もちろん今回も砂糖を一切入れずにチャレンジです。まず具材はヒジキを戻し、マイタケ、シメジ、ブナピーなどのキノコ達を入れ、人参の細切と共に、水を入れ火に掛け、ドライトマトと塩・胡椒で煮切りました。そして酢飯は、砂糖無しで酢と塩を入れ混ぜました。今回、酢は黒酢オンリーです。砂糖の甘味がないので、とても洋風になります。我が家だけでしたら、これでいいのですが、皆さんにお出しするには少し冒険かもと思い、酢飯を具材と混ぜ、その上から新玉ネギ、パプリカのスライス、蒸した卵を刻んで散らし、庭のセルフィーユを飾りました。少し新しさもあり、みなさまには好評でした。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年06月23日 07:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3262

コメント

ドライトマトで奥深い味を出し砂糖が入らなくても美味しいのでしょうね。是非作りたいお寿司です!
よく素材の陰陽を生かした重ね煮料理で砂糖を使わない方法が出てきますが、素人の私ですが先生のレシピも砂糖なしなのにとても甘みのある味を想像できます。
ブログを拝見するのがウキウキワクワクです♪

投稿者 フェリーチェ : 2012年06月25日 18:51

砂糖はほとんど使いませんが、

酢飯には少し入れていました。

ノンシュガーやってみます。

人参とドライトマトの甘みで充分ですね。

投稿者 ひろ子 : 2012年06月26日 19:10