≪ 麦を使ってパラパラのファイバーチャーハン | メイン | 食物繊維いっぱいの『ゴボウのポタージュ』 ≫

2012年06月29日

■ 食物繊維いっぱいの『ヒジキと切干大根の煮物』
テレビ

★今月の『PON!』は食物繊維がテーマです。(3回目)★
皆さん!食物繊維のことお分かりになりましたか。是非意識をして取り入れてくださいね。大麦に続いて、今回は食物繊維いっぱいの『ヒジキと切干大根の煮物』を紹介しました。ヒジキと切干大根と言えば、和風の定番ですが、現代的な感覚の煮物にしました。しかも、時間をかけずにヒジキや切干大根を戻す調理法も一緒に伝授しましたよ。(詳しい材料と作り方は番組のホームページをご覧ください。)
ヒジキを戻すには普通は30分水に浸けますが、たった5分です。乾燥ヒジキに砂糖を少々入れ、熱湯を被る位に入れれば、煮物は5分、生でいただく時は10分でOKです。熱湯を掛けると旨みが出て行ってしまいますが、それを防ぐのが一緒に入れた砂糖です。干しシイタケを戻す時にも、そうなのはご存知ですよね。浸透圧のせいで旨みが出て行きません。
切干大根も水で戻すと30分はかかりますが、まず食べやすい大きさに切って、よく洗って、よく水を絞っておきます。続いて、煮る分量の水に入れて揉みます。後は、そのままフライパンに移して、フタをして、中火で蒸し煮にし、沸騰して3分もすれば大根は透明になります。この時、水で揉んだ時の水をスプーンで試しに飲んでみてください。実は驚く位とっても甘いのです。ですので、もう砂糖は入れません、後は醤油だけです。戻したヒジキを入れ、細切りにしたベーコン・ニンジン・エリンギを入れて、醤油を入れて、中火で3~4分もすればアッという間に汁けも無くなり、煮切れて完成です。油揚げを入れずベーコンで、現代的な煮物です。
ヒジキはもちろん、切干大根は普通の大根の5倍の食物繊維、ゴマもひねって入れればさらに食物繊維もアップです。食物繊維いっぱいの『ヒジキと切干大根の煮物』を是非皆さんも如何ですか。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年06月29日 13:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3266

コメント

切干しにはお揚げ・・・

ではなくベーコン!!

いつものひじきとにんじんは参加ですね。

他の相性の良いものも考えます。

戻し時間が短いとストックしている食材で簡単に出来て

うれしい一品です。

投稿者 ひろ子 : 2012年06月29日 20:13