≪ おもてなしの気持ち | メイン | 豆腐とササミのノンオイル中華炒め ≫

2012年10月17日

■ 「鮭そぼろ」と「塩そぼろ」の「2色そぼろ弁当」
テレビ

★『塩そぼろ』は、以前『はなまるマーケット』で紹介した常備菜。便利ですよ★
今月の『PON!』はお弁当の月。お弁当は作る側も食べる側も、愛情を直球的に投入したり感じる場所ですね。今週は2色弁当、イメージは『味つき弁当』は楽しいよ!です。
本番前の打合せでは、中村昌也さんとディレクターの三人で、この1週間の出来事を話してから本題に入るのですが、ここ最近中村家では前もって料理をしてくる事になっています。でも今回は、矢口真里ちゃんが居ずで一人で作ってみたそうで、『バッチリ!』ですとのことでしたが、終わると『全然違う!』『料理って見ると作るとは大違い!』とのことでした。
今週紹介の『塩そぼろ』は、以前『はなまるマーケット』で紹介した常備菜。保存できる常備菜は特に最近人気になっていますね。挽肉は私自身も脂が多いと思っていますので、この塩そぼろはとてもおススメです、余計な脂も取れて!しっかり炒めて冷凍しておけば、トマトケチャップと混ぜるだけで簡単ミートソースができたり、また野菜と炒め合わせたりと、とても便利です。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●[鮭そぼろ]《材料》鮭(尻尾側)1切れ〈鮭はしっぽ側、脂が少なくそぼろに向いています〉、ゴマ小1 《調味料》塩少々、酒大1/2、酢小1 ●《作り方》①鍋にお湯を沸かし酢を加え、鮭を2~3分茹で、鮭の生臭さを取ります。②茹でた鮭を冷まし、骨と皮を取り、布巾に包んで絞って水気を取り、そのまま布巾の中でよく揉みほぐす。②鍋にほぐした鮭を入れ、酒・塩を加え、菜箸2組の太い方を下に持って中火で底を絶えず動かしながら炒りつける。④鍋底に鮭の身が薄く付くようになったら、ゴマを加えて完成。
●[塩そぼろ]《材料》★合挽肉400g、玉ねぎ1/4個 《調味料》塩大1/2、砂糖大1、酒大2 ●《作り方》①熱湯を用意し火を止め、合挽き肉を入れ洗う。臭みが取れ、余分な脂を取ります。②ザルに移して、水気を軽く取ります。③再度鍋に移して、玉ネギ微塵・酒・塩・砂糖を加え、水分がなくなるまで炒り付ける。
※多目に作って冷凍保存すると便利。冷凍して2~3時間で一度シェイクして冷凍すると、いつまでもパラパラです。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年10月17日 12:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3371