≪ アサリとグリーンピースのリゾットと、エビスープでトマトリゾット | メイン | 豆3種(ヒヨコ豆・グリーンピース・レンズ豆)と人参タップリの煮込み ≫

2012年10月26日

■ 大麦とエリンギの炒め物
わが家の食事

★最近、はまっているのが「大麦」です。★
最近、はまっているのが「大麦」です。
この日も徳島の姪のご主人と、主人の3人で食事ですが、お腹が空いた様子でしたので、茹でた大麦をエリンギの小口切りと炒め、塩胡椒で味をつけて出しました。これまた初めての麦だったようで、恐る恐る食べた様子ですが、とても気に行ってくれ、おいしいの連発をいただきました。
私は「大麦」を、穀類というより野菜感覚で食べることを提案しています。糖尿病と密接な関係にあるインスリンを必要以上に出さないようにしてくれて、朝食べると夜までコントロールをしてくれるとの嬉しい情報を聞いたので、早速朝のジュースに入れてみようかと思っています。簡単ですので、茹でて冷凍しておけば、サラダは勿論のこと色んな料理にも対応できますね。私も頑張ります。(「はなまるマーケット」でも好評でしたよ。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》押し麦150g(ハクバク2袋)、エリンギ1袋 《調味料》塩、こしょう ●《作り方》①お湯に押し麦を入れ15分茹でる。②ザルに取ってよく洗ってヌメリを取り冷ます。③エリンギを小口切りにする。④大麦とエリンギを炒め、塩・胡椒で味付る。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年10月26日 08:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3380

コメント

大麦にインスリンを出さないようにする作用があるのですね。夫はノンオイル料理のおかげで肝機能のγ-gtpが下がってきましたが、年齢的にも夫婦で肝機能のほか血糖値や中性脂肪の上昇には注意しようと思います。大麦サラダが苦手なようなので、この炒め物を作ってみようかしら! これからも先生のノンオイル料理を真似て美味しくお酒を飲める体でいたいです♪

投稿者 フェリーチェ : 2012年10月27日 15:03