≪ 豆3種(ヒヨコ豆・グリーンピース・レンズ豆)と人参タップリの煮込み | メイン | 松茸ご飯 ≫

2012年10月28日

■ 作り置いたカボチャ煮
わが家の食事

★副菜でありながら食べ応えのある料理です。★
翌日から九州に出張なので食事中に、徳島からの親戚と主人のために作り置きの料理を作りました。重い蓋で作っておけば、開けなければ足もつきませんので、カボチャと豚肉とマイタケを入れて蒸し煮にしました。このところ主人も、しっかりメモ帳を持って勉強してくれるようになりました。「今日も薄味だね」だなんてメモを取っていましたが、私も全体の塩分を計算して、そこから少し引いて薄味に心がけています。
カボチャを一口大に切り、豚肉のざく切りを入れ塩胡椒し、10分位置いてから弱火で蒸し焼きをしました。途中様子を見て焦げそうでしたら水を少し加えてあげて蒸し、マイタケを入れて火を通した料理です。
副菜でありながら食べ応えのある料理になっていて、主人達はこれに昨日の残りの豆料理とワインで十分おいしく頂いてくれたそうです。カボチャは女性だけのものではありませんでした。良かった!作り置きをしていて、ですね。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》カボチャ、マイタケ、豚肉ロース肉 《調味料》塩、胡椒 ●《作り方》①カボチャを一口大に切る。豚ロース肉を1センチ厚に切り分ける。マイタケをほぐす。②鍋にカボチャと豚肉を入れ、塩・胡椒をして暫く置き、カボチャから水を出させる。③蓋をし弱火で蒸し焼きにする。途中でマイタケを入れる。様子を見て焦げそうだったら少し水を加える。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2012年10月28日 07:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3382