≪ 2012年10月 | メイン | 2012年12月 ≫

2012年11月30日
 ■ 伏見唐辛子のさっと煮 わが家の食事

★醤油、砂糖、又はミリンを使って佃煮風も良かったのですが、塩味で煮ました。★
伏見唐辛子でさっと煮を作りました。
もう沢山の伏見唐辛子ですが、シラスと鰹節と生姜を組み合わせて塩味で煮ました。醤油、砂糖、又はミリンを使って佃煮風も良かったのですが、普通に見えますし、思いっ切りました。それと皆さんご存知の通り、元々我が家には醤油・砂糖・ミリンはありませんしね、ピーマンだと思ってみて下されば、なるほどねと言ったところだと思います。
鍋に入れ、水を1/4カップ入れ蓋をし、蒸し煮にし少ししんなりしたら、シラスと切り昆布、薄切り生姜、塩を入れさっと煎り付けるように煮て、最後に水分が少なくなれば鰹節を入れ全体をざっくり混ぜたら完成です。
時間にして10分もかからない料理で、急ぎの時は良いですね。冷凍しておけるシラスもとても便利です。ちなみに伏見唐辛子は60本はあり、案外ワインにもよく合いました。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
● 《材料》伏見唐辛子、シラス、ショウガ 《調味料》塩、カツオ節、切り昆布 ●《作り方》①ショウガを薄切りにする。②鍋に伏見唐辛子を入れ、水1/4カップでフタ蒸しする。②しんなりしたら、シラスと薄切りにしたショウガを入れ、塩と切り昆布を加え、煎り付けるように煮る。③水気が無くなれば、カツオ節を入れ全体に混ぜる。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 06:08 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日
 ■ 旨みタップリ!オニオンスープ テレビ

★矢口真里ちゃんには、「本当に自分で作ったの?」と言葉が返って来た位おいしかったとか。★
今週の『PON!』はオニオンスープです。
コーナーで一緒の中村昌也さん家では、例によって試作をしてくれたそうです。一人で玉ネギを500g切ったようで、もうもう中村さんは泣きまくりだったとか。正しい包丁の扱い方を今度お教えしますね。でも遅く家に戻ってきた矢口真里ちゃんには、「これ、本当に自分で作ったの?」と疑いの言葉が返って来た位おいしかったとか。嬉しいですね。
玉ネギはしっかりと甘くなるのが、大事なポイントです。オニオンスープはとても時間がかかるのですが、わずか20分位でねっとり甘くなるのですから、一度ぜひお試しください。
最近はとても寒いので、スープやシチューがとても人気があり私達のコーナーも注目されている様子です。来週はクリスマスの料理としてのカリフラワーのポタージュをご紹介します。これまた簡単ですので、是非是非みなさん見てくださいね。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
● 4人分《材料》玉ねぎ500g、ベーコン2枚、ズッキーニ1/2本、水4カップ、生姜(おろし)10g 《調味料》塩小1強、コショウ適宜、カレー粉小1/2 ●《作り方》①)玉ねぎは繊維に逆らって切り、ベーコンは細切りにして鍋に入れ、フタをし中火弱で20分蒸し煮する。②水を加え、ひと煮立ちさせる。③塩コショウ、カレー粉、おろした生姜を入れ味を整える。④ズッキーニの薄切りを入れさっと煮込めば完成!


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 12:05 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日
 ■ サトイモのドライトマト煮 わが家の食事

★ドライトマトを入れて煮込むことにしました。ちょっと変えてみるのはとても楽しみですよね。★
さあ、大好きなサトイモ料理です。じっくり煮るのはこの前やったし…、でもねっとりとしたサトイモは楽しみたいし…といろいろ考えた結果、ドライトマトを入れて煮込むことにしました。ちょっと変えてみるのはとても楽しみですよね。鍋にサトイモを入れ、水を加え、ドライトマト、昆布、戻した干しシイタケを入れ、塩をして蓋をし、じっくり煮含めました。
この日は『ははなまるマーケット』で審査員として出かけるので、いつもより早めに起き、掃除、洗濯、拭き掃除をやりながら、サトイモを煮ました。主人は京都に出かけて終電と言っていましたが、お腹の空き具合も分からないし、でもこれさえあれば大丈夫!食べる喜びを思う幸せさはいいものね!と思いつつの用意です。ましてこの日の審査は、家族のための手料理でしたので、ますます家族のための思いを感じる一日でした。
さてドライトマトを入れたお味は洋風とも違い、クセもなく縁の下の力持ち的になり、昆布とシイタケの味と香りがガツンと来ていましたし、胡椒を降っても器を変えても全くの和風でした。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
● 《材料》里芋、ドライトマト、昆布、干しシイタケ 《調味料》塩・胡椒 ●《作り方》①里芋を鍋に入れる。②鍋に里芋が被る程度に水を入れる。③一緒にドライトマト、戻した干しシイタケ、昆布と里芋の1%の塩を入れてコトコトじっくり煮る。④器に盛って胡椒する。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 19:18 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月27日
 ■ 鰈(カレイ)の塩酢煮 わが家の食事

★私はこの塩酢煮込は好きです。★
スーパーで主人と待ち合わせをしました。あれやこれや悩んでいたら主人が来て、私が手に取っていた鰈(カレイ)に賛成してくれ、肉を選ばず、魚にしました。台所に立つまでは、『PON!』でも紹介した生醤油で煮付けようと思っていたのですが、酢と塩を使って塩酢煮にしました。
この塩酢煮には、食材として玉ネギは絶対ありきです。と言いますのは、酸味と塩味と甘味のバランスですので、玉ネギがあれば大丈夫です。で、鰈を酢大4と塩1%と玉ネギ1個をスライスして煮ました。まずフライパンに鰈がヒタヒタになる位の水2カップに、玉ネギスライス、酢、塩を入れ、一煮立ちしたところで鰈を入れ、中火強で煮ました。
主人に火が強いよねと言われましたが、脂分が少ない白身魚は火が弱いと時間がかかり、煮崩れることになります。逆に脂が乗っている白身魚は弱火で煮て火を通してください。周りがトロッと仕上がります。鰈は脂肪分が少ないですよね。半分位煮汁が少なくなれば、もうOKです。後は酢が程よく飛んで、味が決まれば火を止め、黒胡椒を降ったら完成です!割と私はこの塩酢煮込は好きです。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
● 《材料》カレイ1尾、玉ネギ中1個 《調味料》酢大4、塩(鰈の1%)、黒胡椒 ●《作り方》①玉ネギをスライスする。②フライパンにカレイがヒタヒタになる位の水2カップを入れ、酢、塩、玉ネギ入れ、一煮立ちしたところでカレイを入れ、煮崩れないように、短時間で火を通すために中火の強で煮込む。③火が通って、酢が程よく飛べば、黒胡椒を振る。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:56 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日
 ■ 和風ビーフシチュー テレビ

★試作中の中村昌也家では矢口ちゃんが大丈夫?と何回も聞いたそうですが、シチューは僕だと確信したそうです。★
昨日紹介の『PON!』のクリームシチューは、大勢のみなさんが見てくれて視聴率もぐんぐんあがった様子です。さすがクリームシチューは、みなさんが好きだということがよく分かりました。
で、翌週の『PON!』も引き続き和風シチューです。具材が和の食材で、醤油ベースでの味付けです。バターは大1しか使いません。トロミは水溶き片栗粉ではなく、小麦粉で出します。
試作中の中村昌也家では途中矢口真理ちゃんが大丈夫?と何回も聞いて、中村さんもその事態に不安になったそうですが、仕上がりはもう本当にびっくり、先週に続きシチューの立ち位置は僕だと確信したそうです。
シチューは皆さんお作りになりたいと思っているのでしょうか。ならば、この日も皆さんにご紹介できるのが楽しみと思いながら、打ち合わせを終えて生本番の現場に行きましたら、な!なんと今週も小雨が…。で、またまたこの日も室内に移りました。寒さから解放、嬉し~い!そして頑張ろう!と臨んだ和風シチュー。お蔭で、これまた視聴率は良かったそうです。みなさんもお試しあれです。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●4人前 《材料》牛薄切り肉200g、ニンジン1/2本、里芋4個、レンコン200g、エリンギ1パック 《調味料》水4.5カップ、しょう油大4、小麦粉大4、バター大1 ●《作り方》①ニンジン、里芋、レンコンを一口大に切り、鍋に水と一緒に入れ、フタをし中火で煮る。※レンコンは火が通りやすいので、ニンジン、里芋が柔らかくなった頃に加える。②牛肉を熱湯で洗い、アク抜きをする。③しょう油と小麦粉を混ぜ、野菜の煮汁でのばす。④野菜が軟らかくなったら鍋に上記③と溶かしたバターを加える。⑤エリンギと牛肉を入れ、2-3分煮込めば完成!

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:07 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日
 ■ クリームシチュー テレビ

★中村昌也・矢口真理家のシチューはこれで決まりだそうです。★
とても寒い!こんな日はシチューの日です!『PON!』でシチューをご紹介しました。
『PON!』は生放送で場所も屋外、とても緊張もしますしこの寒さです。でも、いつも嬉しい気持ちで局入りします。と言うのは、みなさんに情報を発信できる機会をいただいているからです。お天気のも嬉しいことに雨になり、スタジオの中で本番に変更、まずはこの日の寒さの悩みはこれでクリアです。
例のごとく、打ち合わせに中村さんはとても元気に入って来て、中村家のクリームシチューが決まりました!とのこと。自宅で試作に作ったシチューがこんな僕にでも上手にできる!と自信たっぷりで、矢口ちゃんに宣言をした様子。「子供ができたらパパのクリームシチュー』と言って作るそうです。そのくらいルーが簡単だった様子です。手作りって本当にいいですね!と嬉しそうに話をしてくれました。みなさんも是非、如何ですか。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●4人前 《材料》鶏胸肉1枚、ジャガイモ2個、ニンジン1本、ブロッコリー1/2株、玉ネギ1個 《調味料》塩小1.5、白コショウ適宜、水2カップ、生クリーム少々 ≪ホワイトソース材料≫小麦粉大さじ4、バター大さじ4、牛乳2カップ ●《作り方》①カロリーを抑えるために鶏肉の皮を剥き、塩・コショウで味付けをする。②一口大に切った玉ネギ・ニンジン・ジャガイモと鶏肉を一緒に揉み込んで1~2分置く。③鍋に玉ネギ・ニンジン・ジャガイモと水を入れて、フタをして煮る。④火が通ったら、作っておいたホワイトソース・塩・コショウを入れ、さらにトロミが出るまで煮る。⑤鶏肉と、子房に分けたブロッコリーを加え、火を通し、生クリームを回し入れれば完成!《ホワイトソースの作り方》①鍋にバターを入れ溶かし、そこに小麦粉を加える。②鍋を火から下ろし、冷たい牛乳を少しずつ足して、ソースを伸ばせば完成!

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 19:15 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日
 ■ サツマイモとグリーンピースをプラスして、煮込みのリレー わが家の食事

★是非サツマイモを煮込み料理に使ってみてください、美味しくて便利ですよ。★
予定通り、昨日残しておいたものに、サツマイモをプラスしてバージョンアップしました。
家に戻ると着替えもせず台所に直行です。サツマイモを1センチ角位に切り、フタをして中火弱で蒸し煮を仕掛けました。着替えて戻って来ると、いい感じで火が通っています。グリーンピース(夏に収穫して冷凍しておいたもの)もプラスして、最後にカレー味を加えて煮ました。このカレーはインドのお土産で、ちっとも辛くなく、少しスパイシーになるくらいで、昨日の残りのトマト煮込みとよく合います。
本当に最近寒さが一段と厳しくなって来ていますので、ついつい煮込み料理が多くなりがちですが、昨日や今日のように皆さんもぜひ薩摩芋を料理に使ってみてください、美味しくてしかも便利ですよ。
ちなみに我が家のミントはサツマイモが大好きで蒸かしていると、もうもうク~ンク~ンと声を出してせがみます。ですので、これまた料理をこっそりするのが大変。この日も嗅ぎつけたようですが、トマト煮込みですので、ミントにはあげられません。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●【昨日のトマト煮込みのリレーです。】 《材料》昨日のトマト煮込み、薩摩芋、グリーンピース 《調味料》カレー粉●《作り方》①薩摩芋を1センチ角に切る。②昨日のトマト煮込みに薩摩芋を入れ、フタ蒸しする。③火が通ったらグリーンピースを入れ、カレー粉を加え煮る。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:53 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日
 ■ 里芋と薩摩芋のトマト煮 わが家の食事

★寒い夜でしたので、ホクホクのお芋を入れてトマト煮込みをしました。★
寒い夜でしたので、ホクホクのお芋を入れてトマト煮込みをしました。
まずベーコンを炒め旨みを引き出し、サトイモ5個とサツマイモ1個を一口大に、そして玉ネギ1個はくし型に切り、シメジ1パックをほぐして、水1カップで蓋をし蒸し煮にしました。あいにく計量器の電池切れで重さが分からず勘で入れましたが、主人が電池を入れ替えてくれた時には、時すでに遅し、小さじ1杯を目安に塩を入れました。軟らかくなればトマトの水煮を入れ、最後にインゲン豆を入れて、さっと煮こんで完成です。
サツマイモは蒸かして食べて、案外お料理には使わない方が多いようですが、我が家では登場回数も多くおいしくいただいております。お芋さんは、お腹にもたまり、おかずになって、とても便利!一石二鳥です。
明日は、この残りにさらにサツマイモを足してお料理のリレーしようと思っています。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》里芋5個、薩摩芋1個、玉ネギ1個、シメジ1パック、インゲン豆 《調味料》トマトの水煮缶、塩、黒胡椒 ●《作り方》①里芋と薩摩芋を一口大に、玉ネギをくし型に切り、シメジ1パックをほぐす。ベーコンを1センチ幅に切る。②鍋でベーコンを炒め、里芋、薩摩芋、玉ネギ、シメジを入れ、塩をし、水1カップを加え、フタ蒸しする。③軟らかくなったら、トマトの水煮を入れ、最後にインゲン豆を入れ煮込む。④お皿に盛って黒胡椒をする。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:47 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月20日
 ■ 白菜のお湯かけサラダ わが家の食事

★お湯をかけると量(かさ)が減り、たくさん食べれて、旨みも出てきます。★
白菜の外葉を先日煮ましたが、まだ内葉が残っていたので、お湯かけサラダを作りました。白菜を一口大に切り、熱湯を回しかけ、少しシンナリさせ、しっかり水切ります。お湯をかけると量が減り、たくさん食べれます。旨みも出てきて、おいしく食べれますよ。ジャコや油揚げや刺身の残りなどタンパク質も一緒にお湯かけサラダにすると、一層おいしくなりますよ。
このお湯かけは主人に手伝ってもらいましたが、最近妙に積極的です。とても嬉しい限りですが、時々あれして、これしてと言いますと、トンデモナイことになっています。私の言い方が、ついつい主語が抜けるもので、理解に苦しむようで、そのくらい分かるでしょと思うのですが、私もめげずに前に前に進んで行きます。でもこのサラダは、スンナリと作ることができました。お湯かけのハクサイに、紫玉ネギをスライス、ラディッシュを薄切り、そして竹輪の輪切りで可愛くまとめます。
この日はとても生サラダがたっぷり食べたい!との思いがガチッと合い、二人で1キロ近く食べてしまいました。それもアッと言う間で、我が家のサラダ好きは日本一ではないだろうかと思う位です。ノンオイルの青じそをかけて食べましたが、白菜の甘いコト!甘いコト!芯に近い部分はとても甘くてサラダに向いていますね。お湯かけサラダは、わたくし浜内の発案です。ぜひぜひ皆さんお試しを!(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》ハクサイ、ラディッシュ、紫玉ネギ、竹輪 《調味料》ノンオイルドレッシング ●《作り方》①白菜を一口大に切って、ザルに入れ、熱湯を回しかける。よく水を切ってボウルに移す。②紫玉ネギをスライス、ラディッシュを薄切り、竹輪を輪切りにし、お湯かけのハクサイに入れ込む。③ノンオイル青じそをかける。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 22:12 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日
 ■ 福山名物、『福山城』と『ガス天』 おいしい話

★食べるとガスガスと音がして、色も少々ガスっぽい『ガス天』★
主人が田舎に帰りました。広島県の福山です。ここ福山は、駅とお城が本当に隣り合わせです。そのお城の山の紅葉が今とてもきれいで、思わずこの写真を撮ったそうです。確かによく見ると、新幹線のホームに列車を待つ人の姿も見えますね。
また主人は、お土産にいつも『ガス天』を買ってきます。瀬戸内で獲れた小魚が骨ごとすり身になっていて、食べるとガスガスと音がし、色も少々ガスっぽい色のテンプラです。値段の安い方がおススメだそうですが、これがとてもビールに合い、私もいつも楽しみにしています。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。

私もお手伝いをしているデパ地下の『サラダカフェ』で、「フルーツを使ったサラダ」をテーマにしたレシピコンテストを行っています。グランプリは「ショップの商品」としてこの春に発売されます!是非奮ってご応募ください。(応募締め切りは、11/20まで)
 

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 19:35 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日
 ■ トウモロコシと人参の蒸し炒め わが家の食事

★炒め物にして良かったです。一粒一粒を、おいしく噛みしめることができました。★
広島から沢山の野菜たちをお送りいただいた中にトウモロコシが入っていました。「えっ、こんな時期に…。」と主人と感心しながら料理をしました。
トウモロコシは、皮をはいで、横4等分に切り、切り口を下にして立て、粒をまとめて削ぎ取るように包丁を入れます。削いだものは指でほぐすと、簡単に粒にできます。主人は、このやり方を不思議そうに、隣でしげしげと見ていました。
粒にしたトウモロコシは生のまま炒めることにしました。冷蔵庫にあったトンカツ用の豚ロース肉を炒め、火が通ったらトウモロコシとニンジンを入れ、フタ蒸し炒めし、塩・胡椒で味を整えたシンプルな一品です。
トウモロコシは旬の夏ですと甘く、おやつにも出て来るくらいですから、この時期のトウモロコシはどうかしらと思いながらいただきましたが、しっかり甘くて、立派なメインになりました。ごっそりスプーンですくっていただきます。実のところ最初はポタージュにしようかと迷ったのですが、炒め物にして良かったです。一粒一粒を、おいしく噛みしめることができました。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》トウモロコシ2本(240g)、人参1本(100g)、豚ロース肉(脂を取って60g) 《調味料》塩3g(1%の塩4g-塩貯金1g)、胡椒 ●《作り方》①トウモロコシの皮をはぎ、横4等分に切る。切り口を下にして立て、粒をまとめて削ぎ取るように包丁を入れる。削いだものを指でほぐし、粒にする。人参は5mm厚の輪切りにする。豚ロース肉は脂身を取り除き、5mm幅に切る。②肉を炒め火が通ったら、トウモロコシとニンジンを入れ、フタ蒸し炒めします。③塩胡椒で味をつける。

私もお手伝いをしているデパ地下の『サラダカフェ』で、「フルーツを使ったサラダ」をテーマにしたレシピコンテストを行っています。グランプリは「ショップの商品」としてこの春に発売されます!是非奮ってご応募ください。(応募締め切りは、11/20まで)



1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:05 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日
 ■ 里芋の洋風煮 わが家の食事

★洋風にしてみました。本当は醤油がいいかもね~とも思いましたが…。★
ワクワクして作った料理です。サトイモの親の料理です。本当にほっくり、ねっとりの親サトイモと聞いていましたので、朝からワクワクしていました。家に帰るのが楽しみでしたし、主人にも夜はサトイモの料理よ!と宣言して来たほどです。でも普通になるといけないと思い、洋風にしてみました。本当は醤油がいいかもね~とも思いましたが…。
親里芋は1個850gあり、大振りに切りました。玉ネギ1個150gは粗微塵、ベーコン30gとドライトマト3枚は細切りにし、圧力鍋に入れました。水2カップと塩は3gほど塩貯金をして8gを加え、圧力を4分かけました。サトイモは軟らかくなるまで、そんなには時間は掛かりません。
主人は相変わらず、料理のメモを取っていますが、料理ってお互いに楽しもう、美味しいものを頂こうと思うだけで会話になりますね。煮上がりは、とてもとてもホックリ、ネットリで農家の方から聞いていた通りの食材でした。本当に重かったのですが、徳島から頂いて来て良かったです!でも、この幸せと引き換えに、重い荷物を持っていたせいか機内に携帯電話を忘れてしまって、トホホです。でも、でも、本当においしくいただけました。ごちそう様でした。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》親里芋1個(850g)、玉ネギ1個(150g)、ベーコン30g、ドライトマト3枚 《調味料》塩 ●《作り方》①親里芋は大振りに、玉ネギは粗微塵、ベーコンとドライトマトは細切りにし、圧力鍋に入れる。②水2カップと塩8g(1%の塩10g強-塩貯金3g)を加え、圧力を4分かけ、自然放置で冷まして完成。

私もお手伝いをしているデパ地下の『サラダカフェ』で、「フルーツを使ったサラダ」をテーマにしたレシピコンテストを行っています。グランプリは「ショップの商品」としてこの春に発売されます!是非奮ってご応募ください。(応募締め切りは、11/20まで)


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 01:18 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日
 ■ 大きな里芋のゴロゴロ煮 わが家の食事

★素材が良いとこうも違うのかと、確信をしました。徳島の海陽町のサトイモです。★
この日は休日で、ちょっと力を入れました。なぜなら美味しいサトイモを地元徳島から頂いたからです。これは本当にしっかり煮なくてはと思い、朝から掃除をしながら煮ました。
まずは干しシイタケを水に入れて戻し、鍋にサトイモ、昆布、戻したほしシイタケとその汁、それに水を足し、塩を1%して煮ました。ただそれだけでしたが、軟らかくなったら火を止め、夜温めなおしたら完成です。
主人に出したら、これは美味しいと三ツ星をもらいました。確かにこのサトイモは普通の倍はあり、その大きさにまずは驚きますが、美味しさにも驚きます。本当に美味しい!素材が良いとこうも違うのかと、確信をしました。徳島の海陽町のサトイモは特産物になっていますので、確かに美味しくいただくことができました。ほんと!美味しい1キロをペロリといただいちゃいました。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》サトイモ、干ししいたけ 《調味料》塩、昆布 ●《作り方》①干しシイタケを水に入れて戻す。②サトイモの皮をむく。③鍋にサトイモ、昆布、戻したほしシイタケとその汁、それに水を足し、塩を1%して煮ました。④この時は、軟らかくなったら火を止め十分味をしみ込ませ、再度温めて出しました。

私もお手伝いをしているデパ地下の『サラダカフェ』で、「フルーツを使ったサラダ」をテーマにしたレシピコンテストを行っています。グランプリは「ショップの商品」としてこの春に発売されます!是非奮ってご応募ください。(応募締め切りは、11/20まで)
  


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 06:02 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月14日
 ■ 白菜の蒸し煮 わが家の食事

★白菜の旨味を信じてこの素材のみで煮ました。★
季節を感じることもお調理の楽しみの一つですね。で、この日は今が旬のハクサイです。これからどんどん甘くなって行きますね。丸ごとの1/4強を使って、冷凍してあった油揚げと共に蒸し煮をしてみました。
まず白菜を縦に繊維に沿って切ってから、横に一口大に切ります。ショウガは千切りにします。油揚げは熱湯で湯掻いて1cm幅に切り、鍋の下に敷き、途中生姜を入れ込みながら白菜を乗せて行きます。白菜が多くて蓋が浮いてもOKです、そのうち白菜から水分が出てフタは閉まりますので。塩は薄めに0.8%位でフタ蒸ししました。10分位かけ、途中2回程ひっくり返しながら蒸し煮したものです。
時間があれば本当は干しエビと共にと思ったのですが、あいにく深夜で時間もなく、白菜の旨味を信じてこの素材のみで煮ました。仕上がりの感想は、あっさりしていて深夜に沢山食べても安心と言った感じです。これでなんと白菜は1000g。まさしく朝飯前の真夜中の食事でした。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》白菜1/4強(1000g)、生姜、油揚げ2枚 《調味料》塩 ●《作り方》①白菜を縦に繊維に沿って切り、横に一口大に切る。ショウガは千切り。油揚げは熱湯で湯掻いて1cm幅に切る。②油揚げを鍋の下に敷き、生姜を入れ込みながら白菜を乗せる。(白菜が多くて蓋が浮いてもOK、そのうち白菜から水分が出て閉まります。)③塩は薄めに0.8%でフタ蒸し。10分位かけ途中2回程ひっくり返しながら蒸し煮する。

私もお手伝いをしているデパ地下の『サラダカフェ』で、「フルーツを使ったサラダ」をテーマにしたレシピコンテストを行っています。グランプリは「ショップの商品」としてこの春に発売されます!是非奮ってご応募ください。(応募締め切りは、11/20まで)
 


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:26 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日
 ■ 大麦とレンズ豆と玉ネギのスープ わが家の食事

★軽めで温かくて体に良いものをと思い、深夜の麦ごはんスープを作りました。★
このところ主人が外食をして帰ることが多く、私も帰りが遅かったので、ある意味ラッキー!と思っていました。でも聞くと、しっかり食べていないとのことで、やっぱり作ることになりました。で、軽めで温かくて体に良いものをと思い、深夜の麦ごはんスープを作りました。
鍋に玉ネギ1個分を刻み、ドライトマトの刻んだものと、水3カップを入れ、火にかけます。沸騰したら、麦と一呼吸してレンズ豆を入れ、15分煮て塩胡椒で味をつけました。
麦のプチプチ感と玉ネギのシャキシャキ感とレンズ豆の軟らかさが一体になり、本当にほっこりしたスープ煮です。明日またこれを温め直したらいいよね~と言いつつも、結局主人はお代わりをして全部いただいてしまいました。やっぱり外食よりいいのかしら。それにしても深夜ですけどね~。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》押し麦1袋(75g)、玉ネギ1個、レンズ豆(30g)、ドライトマト2枚 ●《作り方》①玉ネギを1cm強各に切る。ドライトマトは細く切る。②鍋に水3カップ入れ、玉ネギを入れ、火にかける。③沸騰したら押し麦とドライトマトを入れ15分タイマーを掛ける。(大麦は15分で茹で上がる。出るヌメリもスープに利用する。)④4~5分してレンズ豆を入れる。(レンズ豆は水に戻さず使えて楽。10分強で茹で上がる。)⑤15分経ったら塩・胡椒で味を調える。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 13:18 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日
 ■ オイルサーデンとレタスサラダ わが家の食事

★たまにはいいですよね、少しオイルが入ったオイルサーデンも。★
毎日遅くて…、最近は食品庫に入ることが多く、で見つけたのが、オイルサーデンでした。とてもオイリーなので敬遠してきたのですが、食べるものが少ない時は仕方ありません。オイルサーデンはお客様にと思っていたのに、思い切っていただくことにしました。時計を見ると夜中の1時近くでしたのでサラダにしました。
オイルサーデンはオイルを出来るだけ取り除いて砕き、レタス500gとノンオイルドレッシングでいただくことにしましたが、これがバッチし合いました。とても美味しくて、旨味がガツンときました。たまにはいいですよね、少しオイルが入ったオイルサーデンも。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 09:55 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日
 ■ ジェノベーゼ鉄火・粒マスタード鉄火巻き わが家の食事

★洋風のジェノベーゼ鉄火巻きと粒マスタード鉄火巻きは大好評★
お母さんと子供の料理教室で、子供に海苔巻きをラップで巻いてもらおうと練習をしました。具材はマグロを買ってきまして、粒マスタードとジェノベーゼを入れました。主人が真剣に隣で覗き込んでいます。普段も何気に見ているのでしょうが、真剣に見ています。
太巻きは海苔1枚でご飯が250gです。リンゴ酢25ccに塩2.5gを溶かしボウルのご飯に入れ、混ぜて酢飯にしました。ラップを敷き海苔を乗せ、その上にご飯を広げます。海苔の向こう側は少し余らせてご飯を広げ、具材を置きました。巻き方は、ラップごと具がずれないように指で軽く押さえ巻き込みます。全体に軽く押さえて形を作り、ラップを巻き込まないように残りを巻き込めば完成です。
主人にはこの洋風のジェノベーゼ鉄火巻きと粒マスタード鉄火巻きは大好評でした。特に我が家のバジルで作ったジェノベーゼですので、格別でしょう。きっと私がいない時、また人に自慢げに作ると思います。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●粒マスタード鉄火1本分 《材料》ご飯250g、酢25cc、塩2.5g、マグロ、粒マスタード、海苔1枚 ●《作り方》①ご飯をボウルに入れる。酢と塩を溶かしてご飯に掛け、混ぜて酢飯を作る。②マグロを1cm角柱に切る。③ラップを広げ、海苔を乗せ、ご飯を広げる。向こう側は少し余らせる。④マグロを乗せ、粒マスタードを塗る。⑤ラップごと具がずれないように指で軽く押さえて巻く。全体に軽く押さえ形を作る。ラップを巻き込まないように残りを巻き込む。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 11:31 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日
 ■ チンゲン菜煮 わが家の食事

★もう美味しいダシが煮豚から出ていますので、するりとチンゲン菜をいただきました。★
昨日の約束通り残りの煮豚を半分とスープ150ccと共に、チンゲン菜を半分に切り、生姜をスライスしました。
鍋に煮豚50gを切って入れ、煮豚のスープ150ccで煮ます。チンゲン菜は600gあり、葉の柔らかい部分と根元の硬い部分に分け、硬い部分を先に入れフタをし蒸し煮にしました。塩は6g用意しましたが、チンゲン菜から水分も出て量も減りまし、塩分貯金もしていますので減らして入れました。軟らかくなれば葉の部分を入れ、全体を混ぜながら火を通し、生姜を入れ、水溶き片栗粉でまとめます。
もう美味しいダシが煮豚から出ていますので、するりと600gのチンゲン菜を2人でいただきました。もうもうアッという間です。とてもしっかりしたチンゲン菜は徳島県立農業大学から頂いたもので、学生の手作りのチンゲン菜だそうです。甘くて美味しくいただきました。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》煮豚50g、煮豚スープ150cc、チンゲン菜600g、生姜 《調味料》塩、片栗粉 ●《作り方》①煮豚を薄く切る。チンゲン菜は葉と茎の部分に分けて切る。ショウガをスライスする。②肉をスープと煮る。②チンゲン菜の葉の部分を入れ、塩を加えフタをして蒸し煮する。③軟らかくなれば茎の部分を入れ、生姜も加えて蒸す。④暫くして全体を混ぜながら火を通す。⑤水溶き片栗粉でまとめる。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 12:51 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月09日
 ■ 煮豚でステーキ お庭の話 , わが家の食事

★豚ブロックを買い求め、リーキと玉ねぎを丸ごと圧力鍋に入れ圧力をかけました。★
この日は日曜日でしたが、仕事が朝早くから夜遅くまでみっちりでしたので、前夜に仕込みました。
豚肉肩ロースを買い求め、リーキと玉ネギを丸ごと圧力鍋に入れ、圧力さえかけておけば、とりあえず何とかなるよねと思いつつの下準備です。リーキは広島から届いたお野菜です。
まず600gの豚肉と玉ネギ1個、リーキ1本に水3カップを加え、軽く塩をし圧力を25分かけました。圧力鍋の中は美味しい煮豚ができていることでしょう。色々な料理に使えるように塩は薄味にしました。
一晩経ってフタを開け、固まった脂を取り除き、一口大にスライスしステーキ風にしました。庭で主人がチャービルを収穫してくれていたので、チャービル風味のステーキです。圧力でクタクタになったリーキと玉ネギはミキサーに移しピュレし、鍋に入れ、少し煮詰めて酢・塩・胡椒で味を調え野菜のソースにしました。付け合せは1センチ厚さの輪切りにした長芋をコンガリ焼いて塩胡椒して添えました。
残りの肉は、明日チンゲン菜とともに煮たり、スープはビーンズと煮てみようと計画を立て、主人に話をしましたので、明日が楽しみとのことでした。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》豚肩ロース肉のブロック、リーキ1本、玉ネギ1個、長芋、チャービル 《調味料》塩、黒胡椒、酢 ●《作り方》①豚ブロック肉とリーキ、玉ネギを丸ごと圧力鍋に入れ、25分圧力をかける。(そのまま一晩置きました。)②固まった脂を取り除き、豚肉は一口大にスライスし、フライパンでチャービルと一緒に焼く。③リーキと玉ネギはミキサーに移しピュレし、鍋に入れ少し煮詰め、酢・塩・胡椒で味を調えソースにする。④長芋を1センチ厚の輪切りにし、コンガリ焼いて塩胡椒して添える。残りのチャービルも添える。
※Chinami shopで圧力鍋ソテー用のフライパンをご紹介していますので、ご覧ください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:19 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月08日
 ■ リーキを軸に人参・ジャガ・蕪のスープ わが家の食事

★野菜から旨みを十分引き出す方法でスープを作りました。野菜は1キロ近くありました。★
私のshopでもご紹介している野菜が広島から届きました。嬉しくてその中から蕪(カブ)、ニンジン、出島ジャガイモを取り出し、リーキを軸に具だくさんのスープを作りました。
主人はリーキをネギと思っていたようですが、まずそのリーキを1センチ長さの小口切りにして、5ミリ角のベーコンと共に鍋に入れフタをして蒸し炒めしました。1センチ角強の人参も追いかけで入れ、野菜の旨みを引き出します。その間に葉付きの蕪とジャガイモも同じ位の大きさに切りました、もちろん皮付きのままです。
お鍋の中がしんなりして来たら水を加え、ジャガイモと蕪の根の方を入れ、一煮立ちさせ軟らかくなれば蕪の葉を入れ塩胡椒で味を整えたスープです。
最近は薄味を実行していまして、『塩貯金』と言うものをしています。1%分量の塩を量り、そこから少し残して使い、残りは瓶に入れています。瓶に貯まるので、目で見えますから意識も高まりますし、食事が夜遅いときも翌朝むくまずにいい感じです。ですので「薄味よ!」と声をかけて食べるようにしていますので、主人の意識も高まる様子です。
野菜から旨みを十分引き出す方法でスープを作りました。二人で1キロ近くの野菜でした。広島の旬のお野菜に感謝です。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》葉付き蕪1個、ニンジン1本、ジャガイモ(出島)1個、リーキ2本、ベーコン1枚、ドライトマト1個 《調味料》塩、黒胡椒 ●《作り方》①野菜はある程度存在感が楽しめるように、人参・ジャガイモ・蕪は皮付きのまま1センチ角強、リーキ・蕪の葉は1センチ長さの小口切り。ベーコンは5ミリ角、ドライトマトは細切りにする。②鍋にリーキとベーコンと入れフタをし中火弱で蒸し炒め、追いかけで人参も入れ、蒸し炒めする。③しんなりして来たら水を加え、ジャガイモ・蕪の根を入れ煮る。④火が通ったら蕪の葉を入れ、塩胡椒で味を調える。
※しょうりき山里公園・孫野菜農園の野菜の宅配サービスは、Chinami shopではご案内だけで、販売はしていません。直接こちらからお申込みください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:29 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月07日
 ■ 麦とカボチャの雑炊 わが家の食事

★麦のプチプチ感は大好きで、カボチャは大きさを考えて切れば味噌汁感覚で作れる速さです。★
この日はすこぶる寒くて時間もなく、で大好きな2つの食材で雑炊を作りました。
押し麦は我が家では冷凍していますので、時間にして10分もかからず、おいしい雑炊の出来上がりです。カボチャは大きさを考えて切れば味噌汁感覚で作れる速さですが、麦のプチプチ感は二人とも大好きですし、軟らかいカボチャと合わせると案外触感が合いますね。そしてカボチャをフォークで潰しながらいただくと、これまたおいしい感じです。今回は切り昆布を組み合わせていただきましたが、パルメジャーノレジャーノを降り掛けても、もっとおいしくなること受け合いですね。
今かぼちゃは海外物が多く、いわゆる西洋カボチャですが、とてもホクホクしていて私は大好きです。これからの寒い日の食材には重宝しますよ。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》カボチャ、大麦(茹でて冷凍したもの。茹で方は、こちらを参考にしてください。) 《調味料》塩、切り昆布 ●《作り方》①カボチャを一口大に切る。②大麦を鍋に入れ、水を加えカボチャと煮る。③塩で味を調える。お好みで切り昆布を加える。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:34 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月06日
 ■ 鮭の漬け込み焼き テレビ

★冷めても硬くならない「鮭の漬け込み焼き」です。★
10月の『PON!』、最後の週のお弁当おかずは冷めても硬くならない「鮭の漬け込み焼き」です。
コーナーで一緒の中村昌也さんは奥さんの矢口真理さんと、いつも試作して来てくれ、その時の話に毎回花が咲きます。
この鮭焼きはオーブントースターで焼き上げるのですが、中村家にはオーブントースターではなく縦型のポップアップトースターしかなく、二人でよくよく考えてこれでは無理だろうと結論をつけたとか。普通はすぐに考えつくだろうと、みんなであきれて笑うしかない!!と本番前のワイワイ言いながらの打ち合わせでした。結局のところ魚焼き器で焼いたそうですが、本当にかわいい新婚生活!!ですよね~。
醤油とお酒とミリンの1:1:1は肉・魚の万能タレの比率です。ミリンは煮崩れせず煮魚にはイイですが、焼いて冷めると硬くなりますね。そこでミリンをお砂糖に変えました。お砂糖の保水効果で冷めても軟らかですので、是非、お試しくださいね。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●【鮭の漬け込み焼き】 《材料1人前》鮭1切れ 《調味料》醤油大1、酒大1、砂糖小1 ●《作り方》①調味料を合わせ、つけダレを作る。②つけダレに鮭を片面15分ずつ、合計30分漬ける。③トースターにアルミホイルを敷き、皮目を下に5分、返して5分焼く。④つけダレを小1/2程度もう一度塗って、更に2分焼けば完成!

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:29 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月05日
 ■ 油で揚げないジューシー唐揚げ テレビ

★油少なく、忙しい朝でもバッチリ、冷めてもジューシーな鶏の唐揚げ★
今年は「お弁当ブーム」があり、私たちもその波に乗って!の10月の『PON!』はお弁当のおかずです。後半戦になって、王道の「鶏唐揚げ」の登場です。
本番前に教室のスタッフの祥子ちゃんが、仕上がり用のお弁当を撮り終え中村昌也さんと試食をしたら、「今までの唐揚げよりこちらの方が好き!周りの衣が薄くて、カリッとしていて、いつもは衣ばかりの時があるから。」との声で、みんなで頑張った甲斐があったと、特に何度も鶏肉を買いに走った祥子ちゃんは思ったそうです。
この唐揚げは実に大変でした。試作をさんざん行い、オーブントースターで焼くだの、レンジに掛けるだの…もう色々沢山、私もやっとこれで唐揚げから逃れることができる!と思った位のテーマでした。
フライパンに入れる油はなんと!大さじ1/2、忙しい朝でもバッチリ、冷めてもジューシーな唐揚げ、下記のレシピから是非お試しくださいね。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●【ジューシー唐揚げ】 《材料4人分》鶏モモ肉(250g)、片栗粉大3弱 《調味料》ショウガ汁2.5g、醤油小1強、塩小1/2弱、コショウ適宜 ●《作り方》①鶏モモ肉を一口大に切り、調味料を合わせたものと混ぜる。②温めたフライパンに大1/2の油をひき、片栗粉をまぶした肉を入れ、フタをする。③片面2分半ずつ、両面を揚げれば完成!
※唐揚げはお肉の脂と調理油の交換です。250gの鶏モモ肉は3%が脂、250g×3%=7.5gです。この量は大さじ1/2強、理論的にはこの油の量で良いと言うことです。ポイントはフタをして揚げることと、フタの裏についた水滴を引っ繰り返す時に落ちないように拭き取ることです。


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 09:37 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月04日
 ■ ほうれん草サラダ わが家の食事

★我が家では、ホウレンソウは定番のサラダです。★
ホウレン草がお店に多く出回る季節になりました。主人からホウレンソウを食べたいリクエストがあり、サラダにしてみました。我が家では、ホウレンソウは定番のサラダです。
ほうれん草はざく切りにして、サラダドライでしっかり水を切ります。ブロッコリー1束は小房に分けし、モヤシ1袋と鍋に入れ、水を少し加えてフタ蒸しにし、ザルに移して冷ましました。これで合計750g位あります。これを二人で食べます!
いつもながら大変な量でしょ。二人とも馬になった感じです。ただ、この日はブロッコリーも入っていましたので、とても顎が疲れ、噛むのも疲れ果てたサラダになり、途中からちょっと憎らしくなって来ました。でも主人はしっかり噛むのは健康の素と、喜んで食べていました。命名は「迷惑なサラダ」と名付けて、二人して大笑いです。顎が疲れるのが覚悟であれば、是非おすすめのサラダです。ごめんなさいですよね~。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》ホウレン草1袋、モヤシ1袋、ブロッコリー1束 《調味料》ノンオイルドレッシング ●《作り方》①ホウレンソウはサラダドライで水をしっかり切り、手でちぎる。②ブロッコリー1束は小房に分けし、モヤシ1袋と鍋に入れ、水大2を加えてフタ蒸しにし、ザルに移して冷ます。③ボウルに盛ってお好みのドレッシングで。(ちなみにノンオイル青じそでいただきました。)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:08 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月03日
 ■ 麦と野菜のスープ わが家の食事

★麦は具材になり、私は穀物と言うより野菜感覚で使っています。★
我が家には麦がいつも常備してあります。夜中に帰った時とか、少し小腹が空いた時とか、野菜がない時野菜代わりに、ぜひこの麦はおすすめです。
お皿にキャベツの芯とトマトが少し見えますが、冷蔵庫の余りのキャベツと以前使って残ったトマトの水煮の冷凍を使って、麦入りス―プ煮を作りました。いつも麦は茹でて冷凍をしていますが、この日は冷凍が切れていて、まるで昔の「脱線転覆ゲーム」のような、とても慌ただしい現場になりました。
まず帰ったら直ぐに台所に行き、キャベツを切って、水を入れた鍋に入れ火に掛け蓋をし、部屋に行き、洋服を着替え、戻るとちょうど沸騰していて、鍋に麦を入れ中火で15分、トマトの水煮を解凍して、途中鍋に入れ煮て、塩で味を調えて完成させました。
麦は具材になり、私は穀物と言うより野菜感覚で使っています。栄養も水溶性食物繊維が多く、夜遅い食事にも安心です。お米と同じく15分で茹で上がりますので、冷凍していつでも使えるようにしています。
でも丁度この日は冷凍が切れていて、夜中に脱線ゲーム感覚で作っている自分が居ました。元気で頑張っている姿は、何より主人は嬉しいみたいで、安心する様子です。元気は一番ですよね。この一品だけでしたが、美味しいねと満足の一品になりました。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》大麦、キャベツ、トマトの水煮缶 《調味料》塩、黒胡椒 ●《作り方》①キャベツをスプーンですくえる位のざく切りにする。②水を入れた鍋にキャベツを入れ火に掛ける。③沸騰したら大麦をそのまま入れ15分煮る。ヌメリはそのままスープに利用する。④途中トマトの水煮を入れる。⑤塩・胡椒で味を調える。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 14:45 個別ページ表示 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月02日
 ■ サツマイモのポタージュ わが家の食事

★こうした簡単な一手間で、あのサツマ芋がポタージュになります。★
鳴門金時を今年も徳島の友人から送ってもらいまして、さんざん蒸しておいしいねと言いながらいただきましたが、この日はポタージュを作りました。我が家はとてもポタージュが大好きです。
230g位のサツマイモを薄切りにして豚肉50gとともに圧力鍋に入れ、水1カップ加えて1分加圧します。主人は圧力鍋の原理がまだよく分からないみたいでさんざん聞いてきますが、この日は直接水に浸して茹でると言ったらやっとわかったみたいです。このところ蒸してばかりいましたからね。加圧後は自然放置して冷まし、ミキサーに移し、豆乳1カップを加えてピュレしました。こうした簡単な一手間で、あのサツマ芋がポタージュになるのが主人には不思議なようです。
ピュレしたものは鍋に移し、水2カップをプラスして塩胡椒で味を調えました。主人も私も大の芋好きですので、とてもおいしくいただきました。この日は深夜に雨が振り、なんだかしっとり気分でサツマイモポタージュが妙に合って幸せな気分でした。(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》サツマイモ230g、豚肉50g、無調整豆乳1カップ 《調味料》塩、黒胡椒 ●《作り方》①サツマイモをスライスする。②サツマイモと豚肉を圧力鍋に入れ、水1カップで1分圧力をかける。③自然放置で冷ましてミキサーに移し、豆乳1カップを加えピュレする。③鍋に移し、水2カップを加え塩・胡椒で味を調える。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 13:29 個別ページ表示 | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月01日
 ■ エリンギ・獅子唐・牛肉のコチジャン炒め わが家の食事

★ビールをキュー!と飲みたくて、コチュジャン風味にしました。★
エリンギが大好きで、この日は贅沢に3パックも買い求め、牛肉ステーキ1枚と炒め合わせてビールをキュー!と飲みたくて、コチュジャン風味にしました。おまけにシシトウも入れて、なおかつピリッとさせました。
ビーフを5mm幅に切り軽く塩胡椒し、一口大に切ったエリンギとともに炒め合わせ、唐辛子を入れコチュジャンと塩胡椒で味を整えて完成です。時間にして火をつけ始めて5分位でしょうか。あっという間にメインができました。
気が乗らない時に作ると返って元気になる一品ですね。エリンギの触感がとてもよく、ビーフステーキ肉1枚分でもう十分、余る感じになりました。やはり我が家はキノコ好きですね~!(人気blogランキング、クリックもヨロシクね。)
●《材料》エリンギ3パック、牛ステーキ肉1枚、シシトウ20個位 《調味料》コチジャン、塩、黒胡椒 ●《作り方》①エリンギを一口大に切る。牛肉は5ミリ厚に切る。②フライパンで牛肉を炒め、エリンギ、シシトウを塩・胡椒して炒める。③コチジャンで味をつける。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 13:01 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)