≪ ブルーチーズが決め手のリンゴと茹で卵のサラダ | メイン | ヘルシーチキンピラフ ≫

2013年06月10日

■ フライパン一つで美味しくできるフレッシュトマトのパスタ
テレビ

★パスタをアルデンテに持っていきながらソースを作ります。★
『PON!』にフルーツポンチの村上さんがいらしてくださりました。緑一色の派手な学生服で、先日の杉浦泰三さんのブルーに続いてです。この調子で行くと、次のゲストの方は赤色かしら?
さて、この日は『フレッシュトマトのパスタ』です。フライパン一つでおいしくできる簡単パスタを紹介しました。パスタは意外と道具が多く必要ですが、フライパン一つのパスタです。これは理に適っていると!たくさんの女性からメールもいただきました。フライパン一つでパスタを作るポイントは二つ、①茹でるお湯の量と②その茹で汁でソースを作ることです。
パスタは2.3倍のお湯の量があれば、アルデンテになります。パスタ160gですから2.3倍で約370g、一緒に入れるトマト120gも水分量に含めて、370-120=250g(cc)の湯をフライパンに沸かします。塩は全体量の1%ですが、後でソースにするものの塩気もありますので、1%より少な目の4g(小2/3)を入れます。オリーブオイルもパスタがくっ付かないように使用料の半分を入れ、パスタはフライパンより長いので半分に折って入れ、フタをして茹でます。
続いてソース作りですが、5分経ったらトマト・ニンニク・ベーコンの微塵切りとケチャップ入れて、再びフタをしてアルデンテに持って行きます。アルデンテになったら、香り付けに残りのオリーブオイルを回しかけ、お好みで粉チーズとバジルを散らして完成です。
フレッシュトマトはお高いですが、トマトケチャップを使うと塩・砂糖・香辛料を入れて煮込んでありますので、ソースに深みが出ておいしく仕上がります。またパスタは、アルデンテになりながらソースの旨みも吸ってくれますので、一石二丁です。
皆さんも案外と病み付きになると思いますよ。側にいた知念チャンも今日は是非パスタを作るとのことでした。やはりフライパン1個で作れるのは嬉しいですよね。
★アルデンテになりながらソースの旨みも吸って、一石二鳥です。★
●《材料2人分》パスタ(9分茹で)160g、トマト(小)1個、にんにく1かけ、ベーコン1枚、オリーブオイル大2、バジル適宜 《茹でるお湯》水250cc、塩小2/3 《調味料》コショウ適宜、トマトケチャップ大1
《作り方》①水をフライパンで沸騰させ、塩、オリーブオイル(大1)、半分に折ったパスタを入れ、フタをして5分茹でる。(※オリーブオイルは仕上げでも使用するため、分量に注意。)②トマトを1㎝角切りにし、ニンニクとベーコンをみじん切りにする。③パスタを5分茹でたところで、具材とトマトケチャップをフライパンに入れ、さらに4分茹でる。④アルデンテになったら、刻んだバジルと残りのオリーブオイル(大1)をかけ、お好みで粉チーズをかける。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2013年06月10日 14:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3584

このリストは、次のエントリーを参照しています: フライパン一つで美味しくできるフレッシュトマトのパスタ:

1日中、紙に追われる(^_^;) from コガネムシのつぶやき−甲斐小泉のドけち指南部屋
 今日は在宅で、たまりにたまった紙類の整理をしようと思いました。  昨日の突然テレビがぶっちん!は管理会社にメールしたお返事によりますと電気系統の故... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2013年06月15日 12:34