≪ 出ました我が家のバットキュウリとサンチュとリーフレタスのサラダ | メイン | 庭のブラックベリーの一番実を摘みました。 ≫

2013年06月30日

■ 庭のルバーブで甘さ30%のジャム
お庭の話 , わが家の食事

★砂糖は30%で作りますので、甘過ぎず果実の味が生きています。★
今年もルバーブのジャムを作りました。毎年主人はこのルバーブを庭に植えてくれます。大きな葉っぱが付き、その下の茎が立派に赤く色づきます。そんなに日当たりが良い庭ではないので、時には茎も細く色も緑のままの時もありますが、今年はいい感じに赤くなってくれました。
家庭で作って食べるジャムですから、ギリギリ保存の効く30%の砂糖で作りました。店で売られているのは、せいぜい50%止まりですね。30%ですから甘過ぎず果実の味が生きています。
このルバーブのジャムは、私が料理研究家を目指していた20代の時ヨーロッパで初めて出会いました。ですので酸味のあるこの味はあの頃の思い出の味でもあります。今年は沢山収穫できてジャムにしましたので、教室のスタッフに分けてあげようと思います。いつしかこの子達もこの味を思い出してくれるでしょうかね。
★ルバーブの酸味のある味は私の思い出の味でもあります。★
●《材料》ルバーブ、砂糖(ルバーブの重さの30%)
●《作り方》①皮を剥きます。見た目はフキのようですが、きれいに剥けます。②1センチくらいの薄切にする。③鍋に入れ、砂糖を入れて全体にまぶし、蓋をして中火で煮込む。④一煮立ちしたら、蓋を取りアクを引いて、煮詰める。少しトロ~として来たら完成。
:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 kanrinin : 2013年06月30日 18:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3599