≪ 豆腐に、トマトと茹で卵をのっけたサラダ | メイン | トマトとナスの漬物サラダ ≫

2013年08月21日

■ 主人の自慢のフォカッチャ
わが家の食事 , 主人の料理

★とても美味しくできています。自分でも自信もついたみたいです。★
主人の自慢のフォカッチャです。正直とても美味しくできています。自分でもご満悦の様子で、案外自信もついたみたいです。私もさすがね!と。人にお出しするタイミングがあれば、ぜひ頑張って作って出して欲しいと思うくらい、自慢パンになると思います。いいですねぇ、皆さんに喜んでもらえる料理や出来るものがあるということは、大賛成です。
私達の自慢の叔父夫婦も年齢は80才を超えている家族ですが、私たちが訪ねると叔父も負けじと料理をしてくれます。とても良いことだと思います。ですので、主人にも自慢料理の一つや二つは持ってもらえたらと思っていました。ちなみに叔父の自慢料理は圧力鍋を使って筑前煮で、もう絶品です!主人も頑張れ!です。
★主人にも自慢料理の一つや二つは持ってもらえたらと思っていましたので、頑張れ!です。★
●《材料》強力粉250g、イースト2%(5g)、塩1%強(3g)、砂糖3%強(8g)、ぬるま湯60%(150cc)、オリーブオイル4%(10g)、
仕上げ用に、オリーブオイル仕上げ用大1、オリーブ、ローズマリー、岩塩
●《作り方》①:大き目のボウルに粉とオリーブ油を入れておく。②:別の小さ目のボウルにぬるま湯(35度)を入れ、砂糖、塩を入れ混ぜ溶けたら、イーストを入れ軽く溶かす。③:粉を入れた①のボウルに、②の液を入れ、全体に水分が行き渡るように、手で素早くかき混ぜる。④:生地をボウルの中で1分(60回)混ぜる。その時、生地が温まってベタ付かないように、手の平は使わず、指先を広げて折り返すように混ぜる。⑤:生地を手に取って丸くなるようにまとめ、合わせ目を手で摘んで閉じる。閉じた方を下にしてステンレスのボウルに戻し、ラップをして20分、第1次発酵させる。⑥:十分に膨らんでいるのを確認して(不十分であれば5分単位で追加して様子を見る)、ボウルの中でグーにした手で軽くかつ十分に押して、ガス抜き抜く。⑦:生地をクッキングシートの上に取り出して置き、めん棒で上半分→下半分→右半分→左半分と伸ばして、四角にする。指で穴を開けるように万遍なく跡を付ける。⑧:クッキングシートごとオーブンの天板に乗せ、布巾・ラップの順に被せ、20分ほど第2次発酵させる。⑨:生地に十分なハリが出るくらい発酵したら、生地の穴にオリーブとローズマリーを飾り、オリーブ油大1をスプーンで全体にかけ、岩塩をふる。⑩:オーブン190度にして、焼き目が付くように15分焼く。
:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::
 


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2013年08月21日 13:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3644