≪ これでもか!サラダ | メイン | 大根とサバの煮物 ≫

2013年09月14日

■ お持て成しの主人のフォカッチャ
わが家の食事 , 主人の料理 , 我が家のおもてなし

★どうよ!いけてるでしょう!と言わんばかりに、どアップです。★
徳島からの姪夫婦のお持て成しにフォカッチャを主人が焼きました。どうよ!いけてるでしょう!と言わんばかりに、どアップです。油も今話題のオメガ3です。姪のご主人はお医者様ですので、ついつい頑張って体にいい油で焼き上げたようです。
みんなで大騒ぎをしていただき、作る行程もお見せしながらのまさしくライブパン屋さんでした。もうこのお客様は感化され、家に帰って焼こうと根ほり葉ほり主人に聞いて、主人も何度も話をしながらの食事会でした。パン一つで、これだけ楽しめるなんて料理は最高ですね。でも、前回練習をしていて良かったね!!
次はまた違うパンにもチャレンジして欲しいです。
★油も今話題のオメガ3です。頑張って体にいい油で焼き上げたようです。★
●《材料》強力粉300g、イースト2%(6g)、塩1%強(4g)、砂糖3%強(10g)、ぬるま湯60%(150cc)、オメガスリーオイル4%(12g)、
仕上げ用のオメガスリー大1、黒オリーブ、ローズマリー
●《作り方》①:大き目のボウルに粉とオメガスリー油を入れておく。②:別の小さ目のボウルにぬるま湯(35度)を入れ、砂糖、塩を入れ混ぜ溶けたら、イーストを入れ軽く溶かす。③:粉を入れた①のボウルに、②の液を入れ、全体に水分が行き渡るように、指先で大きくかき混ぜる。④:生地をボウルの中で1分(60回)混ぜる。その時、生地がベト付かないように、手の平は使わず、指先を広げて折り返すように混ぜる。⑤:生地を手に取って丸くなるようにまとめ、合わせ目を手で摘んで閉じる。閉じた方を下にしてステンレスのボウルに戻し、ラップをして20分、第1次発酵させる。⑥:十分に膨らんでいるのを確認して(不十分であれば5分単位で追加して様子を見る)、ボウルの中でグーにした手で軽くかつ十分に何か所か押して、ガス抜く。⑦:生地をクッキングシートの上に取り出して置き、めん棒で上半分→下半分→右半分→左半分と伸ばして広げる。指で穴を開けるように万遍なく跡を付ける。⑧:クッキングシートごとオーブンの天板に乗せ、布巾・ラップの順に被せ、20分ほど第2次発酵させる。⑨:生地に十分なハリが出るくらい発酵したら、開けた穴にローズマリーとオリーブを飾り、オメガスリー油大1をスプーンで全体にかける。⑩:オーブンを190度にして、焼き目が付くように15分焼く。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::


1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 kanrinin : 2013年09月14日 18:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3662

コメント

焼き色もばっちり!

最高のお饗なしですね。

オメガスリーは初めて聞きます。

ぜひ使ってみたいですね。

投稿者 ひろ子 : 2013年09月14日 19:22

●ひろ子さん
いつもコメントありがとうございます。主人も周りから褒められて少し自信を持ったようです。

投稿者 浜内 : 2013年09月16日 11:02