≪ 子供の日に4歳の子が焼いたパン | メイン | チキンのミルク煮 ≫

2014年05月06日

★お赤飯を姪家族が作ることになりました。★
お赤飯を姪家族が作ることになりました。と言いますのも、折角の端午の節句なので、教室の皆にもお裾分けをしたいと言うことになり、圧力鍋で作りました。
姪は、赤飯は小豆を一晩水に浸けたりとか、なかなか面倒で出来ないわと思っていたようですが、この圧力鍋のやり方を知って、驚いていました。
姪夫婦と米の研ぎ方からみんなで行い、途中で香ってくる小豆の香りを嗅ぎながら、とても楽しいひと時です。蓋を開けて小豆がきれいに並んでいるのを皆で見て、歓声が上がりました。きっと、もうこれで姪の自慢料理になったと思います。
明日、教室に持って行きたい!ね、ですって。良かったです。本当に料理の力は凄い!!
★赤飯は小豆を一晩水に浸けたり面倒だと思っていたようですが、圧力鍋のやり方で驚いていました。★
●《材料》米1合、もち米2合、小豆1/3合、水2.7合(90%の水) 《調味料》塩小1
●《作り方》①米ともち米を洗い水気を切る。②小豆を洗い、水2合分位とともに圧力鍋に入れ、蓋をセットし沸騰後弱火で4分位圧力をかける。③自然放置をして蓋を開け、小豆と水に分ける。④洗って水気を切った米を入れ、塩と水(小豆の汁をベースに水を足す)を入れ、その上に小豆をのせ、再び加圧。⑤沸騰後、弱火で4分圧力を掛け、自然放置する。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2014年05月06日 07:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/3841