≪ 2014年05月 | メイン | 2014年07月 ≫

2014年06月28日
 ■ キノコと玉ネギ・竹輪・大豆の煮物 わが家の食事

★土・日で出掛けている間に食べてもらおうと思って作り置いた出張スープ★
九州の料理教室に土・日で出掛けている間に、夫に食べてもらおうと思って作り置いていった出張スープです。沢山作って出掛けますので、丁度この機会に食品庫や冷凍庫の余りものが使えて、私にとっても助かり、お互いにメリットある出張スープです。
大豆や玉ネギ、それにキノコ達、竹輪などを入れて煮込み、液体塩こうじと胡椒で味を整え、後は庭のバジルを乗せて食べてもらいました。
鍋一杯に作って出掛けたのですが、何回に分けて全部完食してもらった様子で、『重宝したよ!』と言ってもらえて幸せな感じでした。
★食品庫や冷凍庫の余りものが使えて、私にとっても助かります。★
●《材料》玉ネギ、大豆の水煮、マイタケ、竹輪、バジル ≪調味料≫液体塩こうじ、胡椒
●《作り方》①玉ネギとマイタケを少しの水で蒸し煮する。②火が通ったら、大豆の水煮と竹輪を入れ、水を足し、一煮立ちさせる。③液体塩こうじと胡椒で味を調える。バジルを盛って完成。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 20:09 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月27日
 ■ モロヘイヤのグラタン テレビ

★老化防止や美肌効果など、美容に欠かせない栄養満点のグラタンです。★
毎週月曜日の『PON!』から【モロヘイヤのグラタン】のご紹介です。モロヘイヤには、美肌や老化防止の効果があると言われるβカロテンや、胃腸の粘膜を保護し、消化不良や食欲不振の予防につながるといわれるムチンが含まれており、この暑い時期の食欲不振を改善してくれます。教室のスタッフにもとても人気なグラタンでした。皆さんも是非お試しください。
★モロヘイヤのネバネバ成分は、暑い時期の食欲不振を改善してくれます★
●《材料》(2人分)新じゃが(中)3個、モロヘイヤ(葉)1/2袋(30g)、とけるチーズ40g、かつお節小袋1パック、《調味料》塩小さじ1/3強、トマトソース1/2パック(145g)、黒こしょう適宜
●《作り方》
①新ジャガは皮付きのままラップをせずに、電子レンジ600Wで約6分かける。火が通ったら、皮をむいてボウルの中に入れフォークで潰します。②モロヘイヤの葉を摘み取り、ざく切りにし入れ、塩、カツオ節、とけるチーズの半量(20g)、トマトソースを加えて混ぜます。③オーブン皿に全て入れ、残りのとけるチーズを乗せてオーブントースター1200Wで4分前後焼きます。お好みで黒胡椒ふる。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 23:06 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月25日
 ■ 超簡単カボチャのテリーヌ テレビ

★カボチャ、パプリカ、紫キャベツとアンチエージングな食材をたくさん使いました。★
毎週、月曜日の『PON!』からのご紹介です。オーブンを使わず、超簡単な『カボチャのテリーヌ』です。カボチャ、パプリカ、紫キャベツとアンチエージングな食材をたくさん使いましたよ。オシャレな一皿が簡単にできて、冷蔵庫に作り置いておけば、皆さんの決めメニューになること間違いなしです。是非お試しくださいね。
★冷蔵庫に作り置いておけば、皆さんの決めメニューになること間違いなしです。★
●《材料》カボチャ大1/8個300g、赤パプリカ大1/2個、ゴマ小1 《調味料》塩小1/2、胡椒少々、マヨネーズ大2 《ソース》ジェノベーゼソース(市販・適宜) 《付け合せ》紫キャベツ1~2枚100g
●《作り方》①カボチャを一口大に切って皿に乗せる。塩を良くまぶし、ラップをかけ電子レンジ600Wで4分かけ、火を通す。②カボチャをボウルに移し、粗目に潰し、マヨネーズ・胡麻・胡椒を加え和える。③紫キャベツを千切りにし、熱湯でさっと茹でる。水気を絞って、塩・胡椒する。④赤パプリカは1センチ幅に縦に切る。⑤保存容器(タッパー)をテリーヌの型に利用し、内側にラップを敷く。⇒潰して和えたカボチャを半分入れる。⇒赤パプリカを縦に並べる。⇒残りのカボチャを乗せる。⇒残りの赤パプリカを並べる。⇒ラップを閉じ、上からギュギュっと押さえる。⇒ラップごと容器から取り出す。⇒テリーヌの完成。包丁を入れる。⑤紫キャベツの上に乗せ、ソースをオシャレに敷く。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 17:45 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月23日
 ■ イタリアン ピータン豆腐 我が家のおもてなし

★ピータンは中華も良いですが、イタリアンもとても良かったです。★
オードブルを作りました。豆腐にピータンを乗せて、パクチーと一緒に和えようと思いきや、パクチーが苦手なメンバーが居て、バジルを乗せてイタリアン仕立てにしてみました。
元々はピータンでもなく実はアボカドを豆腐と和えようと思って、スーパーで探してみたのですが、ちょうどいい感じの熟れ具合がなくて諦めて帰って来ました。でも、このイタリアンのピータン豆腐は姪たちに好評で、とても簡単でしたので、近々の食卓の参考にもなった様子です。
ピータンは中華も良いですが、イタリアンもとても良かったです。おかげでワインも進みました。
★パクチーが苦手なメンバーが居て、バジルを乗せてイタリアン仕立てにしてみました。★
●《材料》豆腐300g、皮蛋1個、バジル《調味料》塩小1/2、胡椒、粉チーズ大1、オリーブオイル
●《作り方》豆腐にピータンを潰しながら乗せ、塩・胡椒・粉チーズをふり、バジルをたっぷり乗せる。オリーブオイルをまわしかける。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 11:48 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月21日
 ■ イカとモヤシの炒め物 わが家の食事

★イカの内臓も使ったので色が少々悪いですが、味的には美味しく出来ました。★
モヤシを2袋使っての炒め物です。閉店間近に行ったので、お魚売り場にはイカしか残っていませんでした。で、今日は蒸し炒めにしました。もうアッと言う間にできましたので、夜中の1.時を回っていましたが、二人で消化の悪そうなものをたっぷり食べました。
まずイカの輪切りを下に置き、その上に玉ネギのスライスを乗せ、モヤシを乗せ、塩・胡椒し、蓋をし蒸し炒めをしました。水分が出てきたら蓋を取り、炒め合わせて完成です。最後の我が家のバジルをたっぷり載せて完成です。
最近はモヤシの分量が200gとなったので、400gはあっと言う間です。イカの内臓も使ったので、モヤシの色が少々悪いですが、味的には美味しく出来ました。明日、消化が悪いので胃薬が必要かもね、なんてね。
★夜中の1.時を回っていましたが、二人で消化の悪そうなものをたっぷり食べました。★
●《材料》イカ、玉ネギ、モヤシ、バジル 《調味料》塩、胡椒
●《作り方》①イカの輪切り、その上に玉ネギスライス、モヤシを乗せ、塩・胡椒し、蓋をし蒸し炒めする。②水分が出てきたら蓋を取り、内臓も入れて炒め合わせ、バジルを乗せる。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:57 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月20日
 ■ イチジクのデザート 我が家のおもてなし

★父の日にイチジクを使って女性陣でデザートを作りました。★
この日は父の日なので、徳島からやって来た姪のお土産のイチジクを使って、姪姉妹と女性陣でデザートを作りました。本当は焼きケーキにしたかったのですが、日本戦のサッカーに夢中になって、また残念にも負けて力も抜けたり、時間も無くなったりして、固めるデザートとなりました。
庭で取れたラズベリーがもう終わりで少な目でしたが、オレンジに、牛乳、ハチミツを加え、ゼラチンで固めました。イチジクはタンパク質を分解してしまうので、一緒に入れられないので、後で上から乗せることになりました。
とても簡単でしたが、気持ちがこもった意味では姪の旦那様と我夫に大好評で、みんなでタップリと頂きました。
★イチジクはタンパク質を分解してしまうので、後で上から乗せることになりました。★
●《材料》ゼラチン大1.5、牛乳2.5カップ、ハチミツ大3、オレンジ3個、イチジク6個、ラズベリー50g位
●《作り方》①ゼラチンを大4杯くらいの水でふやかす。②牛乳1カップと共に弱火で溶かし、溶けたらハチミツを入れ火から降ろす。③残りの牛乳とオレンジ、オレンジの絞り汁、ラズベリーを入れ冷やす。④固まれば上からイチジクをトッピング。

:::励みになりますので、たんキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:40 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月19日
 ■ レタスのポタージュ 我が家のおもてなし

★このポタージュのグリーンの色はレタスの外葉です。★
この緑すごいでしょう!でも俊君もすごい!
このポタージュのグリーンの色はレタスの外葉です。徳島からもう一人の姪もやって来て、みんなで食事を取ることになり、スーパーに出かけました。サラダをタップリ出そうと、野菜売り場に行ったら、レタスの外葉が沢山捨てられているではありませんか。どれも新鮮そのもの。我が家はこれでいつもジュースを作りますので、ここぞとばかり頂いて帰りました。が、思い直してポタージュにしてみました。で、このような色鮮やかなポタージュの出来上がりです。
作り方は、レタスの葉っぱ300g位、玉ネギ1/2個、ベーコン1枚、牛乳2カップ、小麦粉大1位、塩胡椒です。まずスライスした玉ネギと細切りにしたベーコンを蒸し炒めし旨みを出したら、小麦粉とレタスのざく切りを入れて、さらに炒め蒸し煮し、しんなりして来たら火から下ろし、牛乳と共にミキサーにかけて滑らかにし、再び鍋に戻して温め塩・胡椒して完成です。
正直外葉ばかりですので、4歳の俊君には今一かと思いながら見ていましたが、でも頑張って全部飲んでくれました。大人が美味しいと言って飲んでいたのも大きいかも知れませんね。レタスは免疫力を上げる筆頭野菜、嬉しいです。
★レタスは免疫力を上げる筆頭野菜、嬉しいです。★
●《材料》レタス300g、玉ネギ1/2個、ベーコン1枚、牛乳2カップ、小麦粉大1 《調味料》塩、胡椒
●《作り方》①スライスした玉ネギと細切りにしたベーコンを蒸し炒めする。②小麦粉とレタスのざく切りを入れて、さらに炒め蒸し煮する。③しんなりしたら火から下ろし、牛乳とミキサーにかけて滑らかにする。④再び鍋に戻して温め、塩・胡椒する。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:53 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年06月18日
 ■ カリフラワーのポタージュ 我が家のおもてなし

★4歳の姪の息子にポタージュを作ってあげたいと思い、カリフラワーを買いました。★
4歳の姪の息子にポタージュを作ってあげたいと思い、カリフラワーを買い求めました。簡単にできるポタージュです。
カリフラワーは600gありまして、玉ネギのスライス100gとベーコン30gを刻み、鍋に入れ一緒にじっくり蒸し炒めをしたら、水を加え一煮立ちさせました。おいしい牛乳2カップと共にミキサーにかけピュレし、再び鍋に戻して塩・胡椒したのみです。
子どもは本当においしかったらしく、アッと言う間にペロリです。私たち大人4人はスプーンの持ち方運び方を教えたりで、それがきれいに運べるようになったことも嬉しかったです。きちんと学ぶことが今の時期大事だと思いますが、コーチが4人も居るので、子供にとってはある意味大変ですよね~。
★子どもは本当においしかったらしく、アッと言う間にペロリです。★
●《材料》カリフラワー、玉ネギ、ベーコン、牛乳 《調味料》塩、胡椒
●《作り方》①カリフラワー、玉ネギ、ベーコンを刻み、鍋に入れじっくり蒸し炒めしたら、水を加え一煮立ちさせる。②牛乳2カップと共にミキサーにかけピュレする。③再び鍋に戻して塩・胡椒する。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:18 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月17日
 ■ ソラマメ わが家の食事

★季節のソラマメをいただきました。★
季節のソラマメをいただきました。
熱湯の1%の塩で3分茹でるだけですが、少し気取った器に盛ってみました。何てことは無いのですが、毎日の食事の会話の一つにでもなればと思って、こんなステンレスの器に入れてみました。これは夫が買い求めてくれたもので、とても喜んでくれました。また、夫は茹で方も皮のむき方も自信が無かったのですが、今日はしっかりと教えて覚えてもらいました。
やはり家庭は二人で作るものですね。お互いに尊重し合うことが、うまく行く秘訣だと思います。季節を感じながら、簡単なメニューからでも会話は生まれます。枝豆の茹で方、空豆の茹で方、しっかり覚えたようですから、次は夫がやると思いますよ。
★熱湯の1%の塩で3分茹でるだけですが、少し気取った器に盛ってみました。★
●《材料》ソラマメ 《調味料》塩
●《作り方》①お湯を沸かす。湯の1%の塩を入れる。②ソラマメを入れ3分茹で、お湯を切る。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:17 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月16日
 ■ 茹で玉子とサラミソーセージのトマト・レタス・サンチュサラダ 我が家のおもてなし

★フランスからお土産のサラミソーセージを千切りにして入れ込みました。★
サラダは我が家の定番で、今日は何を入れようかといつも考えています。
この日はフランスからお土産のサラミソーセージを千切りにして入れ込みました。庭でそろそろ終わりのサンチュと青山のマルシェで買い求めたトマト、それに茹で卵とレタスです。色がとてもきれいで、いただきながら見る見る内に体が元気になる感がし、私も夫も姪夫婦もおいしいといいながら白ワインをいただきました。
食べることってとても大事で、みんな同じことなのですが、そこに会話があり、笑顔があり、そして感謝があれば、どんな料理だって本当に豊かになれます。
私達には子供はいませんが、姪家族とこのような機会を作れることの幸せを、夫と二人でとても感謝をしています。ですので、今日のサラダも益々おいしく感じている二人です。
★色がとてもきれいで、いただきながら見る見る内に体が元気になる感がしました。★
●《材料》レタス、サンチュ、トマト、茹で玉子、サラミソーセージ 《調味料》胡椒、ノンオイルドレッシング
●《作り方》①サラミソーセージは千切りに、トマトはくし形に、レタスとサンチュは手でちぎり、茹で玉子は大き目に手で潰す。②胡椒し、ノンオイルドレッシングでいただく。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:44 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月15日
 ■ オレンジページ広告大賞 私のお仕事

★日本の未来を意識しながら情報を発信する使命を、改めて強く感じました。★
オレンジページの広告大賞の授賞式に先日参加させていただきました。とても素敵で盛大なイベントでした。
このような素敵なイベントを通して、日本の未来を意識しながら情報を発信する使命を、改めて強く感じました。広告の向こう側に居られる読者さんに向かって、しっかりみんなでチームを組み、豊かな食卓を、幸せな食卓をお届けする仕事を、是非したいと思いました。
沢山の食品メーカーの方々とその後懇談会となりましたが、少し時間も経ち和やかな雰囲気になったところで審査員の皆さんと一緒に記念撮影をしました。服部校長、コウケンテツ氏、鏡リュウジ氏とともに、我スタッフの祥子ちゃんと友子ちゃんです。二人ともとても勉強になったそうです。皆様ありがとうございました。
★我スタッフの祥子ちゃんと友子ちゃんです。二人ともとても勉強になったそうです。★
:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 16:00 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月14日
 ■ 鶏と野菜のハーブ蒸し煮 我が家のおもてなし

★鶏胸肉に玉ネギとニンジンを揉み込み、ハーブ塩で蒸し煮をしました。★
今日は鶏胸肉に玉ネギとニンジンを揉み込み1時間位置いて、ハーブ塩で蒸し煮をしました。今日も姪夫婦と一緒で、夕方から久しぶりにワインを飲むことになりまして、その残りを少し入れ込んでの蒸し煮です。
まずパンチェッタの薄切りを鍋に敷きます。その上に揉み込んだ鶏肉と野菜にハーブ塩を全体にまぶし、人参、玉ネギ、鶏肉の順に乗せ、残りの白ワインを1/4カップほど入れ、蓋をし中火弱でじっくり蒸し煮しました。
全体に軟らかく火が通れば、庭のパセリを微塵切りにし、混ぜ込めば完成です。鶏胸肉は皮を取り除きました。全部で1500gはありましたが、4人でペロリです!
★全部で1500gはありましたが、4人でペロリです!★
●《材料》鶏胸肉、玉ネギ、ニンジン、パンチェッタ、パセリ 《調味料》ハーブ塩、白ワイン
●《作り方》①鶏胸肉に玉ネギとニンジンを揉み込み1時間位置き、ハーブ塩を全体にまぶす。②パンチェッタの薄切りを鍋に敷き、その上に人参、玉ネギ、鶏肉の順に乗せ、白ワインを1/4カップほど入れ、蓋をし中火弱でじっくり蒸し煮する。③全体に軟らかく火が通れば、パセリ微塵を散らす。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:00 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月13日
 ■ シラスと蜂蜜スクランブルエッグのサラダ 我が家のおもてなし

★少し緩めのスクランブルエッグを作って乗せてみましたが、みんなに受けましたね。★
夫婦から地元徳島のシラスをいただき冷凍しておきました。今日はそれを取り出して、庭のサンチュとディルでサラダにしてみました。姪の夫が卵が大好きですから、少し緩めのスクランブルエッグを作って乗せてみましたが、いつもの塩・胡椒のほかに蜂蜜も加えてみたところ、これがみんなに受けましたね。
皆さん毎日のサラダですので、いろいろ悩むことも多いと思います。私は冷蔵庫にある野菜でシンプルに作ることが多いのですが、少し旨みを足してあげれば、もうそれで十分だと思っています。
ですので、おいしくなりそうなものを冷凍庫から探し出しては、少し入れてみます。夫はそうしたものが少し入っているだけで、おいしいよねと必ず声にしてくれます。
旨みの強いものが一つ入るだけで随分と違うものになりますが、今回は蜂蜜の甘みと卵のコク、シラスのふんわりとした磯の味わいと、とても贅沢なサラダになりました。
★蜂蜜の甘みと卵のコク、シラスのふんわりとした磯の味わい、とても贅沢なサラダになりました。★
●《材料》サンチュ、ディル、卵、シラス、蜂蜜 《調味料》塩、胡椒、ノンオイル青じそ
●《作り方》①溶き卵に、塩・胡椒・蜂蜜を加え、緩めのスクランブルエッグを作り、食べやすい大きさにちぎったサンチュ、ディルに、シラスと一緒に乗せる。②ノンオイルドレッシングでいただく。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:14 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月12日
 ■ ピーマン肉詰め 我が家のおもてなし

★目はすごく手の込んだように見えますが、ハンバーグを作るより簡単かも。★
肉厚のピーマンが出回るようになりましたので、今日はピーマンを12個買い求め中に詰めて煮込みました。見た目はすごく手の込んだように見えますが、ハンバーグを作るより簡単かも、です。
まずピーマンの上部を切り、中の種を全部取ります。中身はと言いますと、合挽き肉、ごはん、玉ねぎ、トマトケチャップ、塩、胡椒、そして先ほど取り出した種を全部入れ混ぜたものです。
詰め込みますので、力を掛けずに混ぜるだけ。ピーマンに詰め、切った上部をのせ、楊枝で止めました。鍋に詰め詰めに縦に入れ、水と塩を入れ、蓋をし20分位煮込みました。それで完成です。
とても簡単ですが、12個揃ったら圧巻でしたね。一人3個はいけ、姪夫婦と4人でペロリです。粒マスタードがとても合い、メインにもなりますね。
★とても簡単ですが、12個揃ったら圧巻でしたね。粒マスタードがとても合います。★
●《材料》ピーマン12個 (中の具合)挽き肉200g、ご飯50g、玉ネギ1/2個(100~150g)、トマトケチャップ大2、塩小1/3、胡椒 (スープ)水1カップ、塩小1/2
●《作り方》①ピーマンの上部を切り、中の種を取り出す。②合挽き肉、ごはん、玉ねぎ、トマトケチャップ、塩、胡椒、取り出した種を全部入れ混ぜる。③ピーマンに詰め、切った上部を乗せ、楊枝で止める。④鍋に詰め詰めに縦に入れ、水1カップ、塩小1/2入れ、蓋をし、20分位煮込む。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:39 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月11日
 ■ アーモンドとシラスを乗せたサンチュサラダ お庭の話 , 我が家のおもてなし

★アーモンドはローストして刻みました。これが今日のキーワードです。★
今日もサラダパーティーになりました。
庭から採れたサンチュを沢山用意し、頂いたおいしいミニトマトとシラスに、アーモンドスライスと粉チーズを入れ込み、ノンオイルドレッシングでいただきました。
我が家のサンチュもそろそろ終わりかな~と思いながら週末に摘んでは、また逞しく1週間後の週末にはしっかりサラダだよ~と招いてくれる位の量が採れます。とても、とてもみんなで感謝をしながらいただいています。
アーモンドはローストして刻みました。これが今日のキーワードです。シラスもいい塩加減でおいしく、ノンオイルドレッシングは少なくて済みました。
★シラスもいい塩加減でおいしく、ノンオイルドレッシングは少なくて済みました。★
●《材料》サンチュ、ミニトマト、シラス、アーモンド、粉チーズ 《調味料》ノンオイルドレッシング
●《作り方》サンチュに、ミニトマトとシラス、アーモンドスライス(アーモンドをローストして刻む)と粉チーズを入れ込み、ノンオイルドレッシングでいただく。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:36 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月10日
 ■ 豆とエリンギ・コマツナを蒸して卵とじ わが家の食事

★昨日の反省です。今日はサヤを外して卵とじにしました。★
昨日の反省です。さすがにサヤの硬いのには参りましたね。夫は頑張って、食物繊維を頂くとばかりに、サヤを食べてくれていましたが、途中で白旗でした。
で、今日のこの料理はそのサヤを外して卵とじです。新玉ネギ1個、コマツナ1束、エリンギ1パックを刻み、エンドウ豆1カップを入れて、水1/2カップで蒸し煮しました。火が通ったところでハーブ塩で味を調え、溶き卵3個分を回し入れ蓋をし蒸しました。
今日は上手に火も通り、とても優しい卵とじです。やはり、グリンピースとキヌサヤは分けて、ちゃんと収穫時に摘まないとダメですね。来年は、そのように夫にお願いをしたいと思います。
★今日は上手に火も通り、とても優しい卵とじです。★
●《材料》新玉ネギ1個、コマツナ1束、エリンギ1パック、エンドウ豆1カップ、卵3個 《調味料》ハーブ塩
●《作り方》①新玉ネギ、コマツナ、エリンギを刻み、エンドウを入れて、水1/2カップで蒸し煮する。②火が通ったところでハーブ塩で味を調え、溶き卵3個分を回し入れ蓋をして蒸す

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:04 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月09日
 ■ キヌサヤ炒め 我が家のおもてなし

★実は大変なことになりました。★
実は大変なことになりました。
収穫時がいつもより遅くて夫が心配していたグリンピースとキヌサヤ、しかもツルが絡んで、もうどちらか分からない状態でしたが、私は食べる時選り分ければ大丈夫と、皆でせっせと摘みました。軟らかいかな~と思うものを弾き出し、期待も込めてサヤごと、ベーコンと一緒に蒸し炒めをしてみたのですが、これが大変!サヤが硬い、硬い。もう大袈裟に言うと枝豆的で、チュウチュウ吸いながら皆でいただく羽目になりました。
味はとてもいいのですが…ね。まだ半分位残っているのですが、次はしっかりとサヤを外してから料理をしようと思いました。
★大袈裟に言うと枝豆的で、チュウチュウ吸いながら頂く羽目になりました。★
:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:26 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月08日
 ■ タコとトマトのマリネ 我が家のおもてなし

★今日はタコとトマトのマリネです。とてもご馳走マリネで、大きいガラスの皿に入れました。★
今日はタコとトマトのマリネです。とてもご馳走マリネで、大きいガラスの皿に入れ、姪夫婦といただきました。夫が出かけていましたので、待っている間に丁度良く味が浸み込むと言った計算です。
タコを薄く切り並べ、トマトをくし形に切り散らし、庭で採れたバジルをちぎって乗せました。タコに塩分が含まれていますし、トマトは旨みも強いので、レモン汁とバルサミコ酢、塩と胡椒のみのさっぱりとしたマリネです。
予定通り約1時間位漬け込んだ頃に夫も戻り、味も程よく浸み込んで、サッパリとおいしく皆でいただくことができました。
★約1時間位で味も程よく浸み込み、サッパリとおいしく皆でいただくことができました。★
●《材料》タコ、トマト、バジル 《調味料》レモン、バルサミコ酢、塩、胡椒
●《作り方》①タコは薄く切って並べる。トマトはくし形に切って散らす。②レモンを上から絞り、バルサミコ酢を掛け、塩・胡椒する。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 10:52 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月06日
 ■ 姪の夫のリゾット 我が家のおもてなし

★予告通り、姪の夫のリゾット作りです。★
この前の日曜日はみんな楽しみに集まりました。予告通り、姪の夫のリゾット作りです。
彼は今まで料理と言うものを作ったことがない人でしたが、見てください!もうもうお手のものです。4月に家族と上京し、土日を私たちと一緒に過ごすようになって、それが一変したようです。子供も台所に入って手伝ったり、焼き上がりのパンを待つようになったり、とても大きな変化だそうです。この日の子供の顔もとても楽しそうで、ついつい夫もカメラを向けたくなったようでした。
前日子供と採ったグリンピースのリゾットは、3カップのオーダーなものですので、少し大変と言いながらも、最後にはおいしいリゾットの完成です!オリジナルと番外編で生卵を割り入れ、二つの味を堪能し、気持ちは☆3ッですが、途中でみんなのアドバイスがはさまって、上手にできましたので、☆2つにしておきます。
来週も、またこのメンバーでいろいろ料理を作りたいと思っています。
★子供の顔もとても楽しそうで、ついついカメラを向けました。★
●《材料》米3カップ、グリンピース1カップ、玉葱微塵大4、粉チーズ大4、(生卵一人一つ) 《調味料》塩10g、黒胡椒
●《作り方》①少量のオイルで玉ネギ微塵を炒め、米を炒め、熱湯を注ぐ。②沸騰後少しゆすりながら熱湯を足す。混ぜすぎると粘りが出るので、鍋底の焦げ付きを確かめる程度にヘラで混ぜ、お湯が少なくなったら足す。③8分位経ったところでグリンピースを入れ、焦げ付かないようにお湯を足しつつ、15分のアルデンテに持っていく。④アルデンテになれば塩・胡椒し火を止め、粉チーズを混ぜ完成。⑤番外編で卵を割り入れ味の変化を堪能。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 19:50 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月03日
 ■ 豆ごはん 我が家のおもてなし

★庭で摘んだグリーンピースで『豆ご飯』です。★
待ちに待った我が家の『豆ご飯』です。昼間に、庭でみんなで摘んだグリーンピースです。姪は私が作るのを隣で見ていて、感心していました。なるほど!これで、豆がシワシワにならないんだ!豆の香りも、飛ばないんだ!と。
夫が豆ご飯は大好きですし、姪家族も一緒ですので5合の米を洗って内釜に入れました。塩は15g入れ、目盛りまで水を張って、その上にきれいに洗ったサヤを乗せ普通に炊き上げます。その間に豆の1%の塩を加えた熱湯で豆を茹で、茹で汁ごと冷まします。ご飯が炊き上がったら、フタを開け旨みに入れたサヤを取り除き、水気を切った豆を入れこみ大きく混ぜて、再びフタをしておきます。
もう5合炊いて良かったと思うくらい、この日の最後に出したのにも拘らずみんなしっかり食べてくれました。明日は姪の夫にリゾットを作ってもらおうと思っています。
★なるほど!これで、豆がシワシワにならないんだ!豆の香りも、飛ばないんだ!★
●《材料》米5合、エンドウ豆 《調味料》塩1%(15g:米1合はご飯になると300g。5合は1500g、その1%=15g)
●《作り方》①エンドウ豆は鞘から外して、豆の1%の塩で茹でる。茹で汁ごと冷ます。②米を研ぎ塩を入れ普通に目盛まで水を入れ、鞘を入れ込み、普通に炊く。③炊き上がったら鞘を取り除き、茹でた豆の水をよく切って入れ込み、混ぜる。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 07:01 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月02日
 ■ 庭で豆とラズベリーの収穫 お庭の話

★庭に植えてあるグリンピースとラズベリーを収穫しました。★
今日は姪とその子供と庭に植えてあるグリンピースとキヌサヤを収穫しました。夫は、いつもより収穫のタイミングが少し遅くなって心配しています。確かにサヤが白く枯れているものが随分とありましたが、とりあえず全部収穫して、豆の様子を見ながら仕訳をしてみました。
サヤがきれいでしっかりしているものは、そのサヤを炊き込みご飯用の旨みに回しました。そしてサヤが柔らかくて豆も薄いものは、そのまま料理に使おうと思います。枯れているものも含め豆が詰まっているものは、全部取り出して集めました。
私が豆好きなことを思って夫が植えてくれたものですから、捨てるところも無く何とか間に合って夫はホッとしていましたね。それと庭のラズベリーも赤い実をつけていて、摘んではそのまま口に運びましたが、こんな体験が子どもの役に立つと良いですね。ちなみにミントは見ているだけです。
今夜はこれで豆ご飯にします。明日は姪の夫にリゾットを作ってもらい、サヤ付きの物で料理をしてみたいと思います。
★今夜はこれで豆ご飯にします。明日は姪の夫にリゾットを作ってもらいます。★
:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 14:32 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月01日
 ■ 千切り人参と炒り卵を炒め合わせて乗せたサンチュサラダ 我が家のおもてなし

★とても人気のあるサラダの1つになりましたね。★
もう誰が見ても「すごいよね!」と驚かれると思います。昨日の厚焼き卵と言い、今日のサラダ。もう何人分作っているの?と思うくらいの量の庭で採れたサンチュのサラダです。
千切りにして煎り付けた人参200gと、液体塩こうじ入れた溶き卵1個でホロホロの炒り卵を作って、炒め合わせゴマをふり、サンチュに乗せました。他に羽田でサンプルでいただいたパスタのフライを少しくだいて散らし、庭のパセリも散らしました。ドレッシングはノンオイルドレッシングです。
姪の夫が、トングでしっかり空気をはらむように混ぜて、取り分けてくれました。いつも我が家はたっぷりのサラダから始まります。これも、とても人気のあるサラダの1つになりましたね。
★いつも我が家はたっぷりのサラダから始まります。★
●《材料》サンチュ、人参1本(200g)、パセリ、卵1個、ゴマ 《調味料》液体塩こうじ大1、ノンオイルドレッシング
●《作り方》①人参を千切りにして煎り付ける。溶き卵に、液体塩こうじ入れ、炒り卵を作る。人参と炒り卵を炒め合わせゴマをふり、サンチュに乗せる。②砕いたパスタのフライとパセリを散らし、ノンオイルドレッシングで和える。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

<エッセーを書かせていただきました、宜しかったら手に取ってみてください>。
料理は相手を思いやり、作ってくれた方への感謝の気持ち。
おにぎり一つからでもその気持ちは伝わります。
みなさん、一緒に頑張りましょうね。
『料理で家庭がまるくなる』(新潮社)
ブログも見てください。

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿時間 : 15:17 個別ページ表示 | コメント (0) | トラックバック (0)