≪ ブロッコリースプラウトのサラダ | メイン | 大根の無水料理 ≫

2016年01月29日

■ 蕪の葉を入れこんだ豆腐の煮物
わが家の食事

★蕪の葉を細かめに刻み、豆腐と一緒に卵スープに入れてさっと煮ました。★
蕪(カブ)の葉が沢山ありましたので、細かめに刻み、豆腐と一緒に卵スープに入れてさっと煮ました。塩・胡椒で味をつけましたが、焼いた塩サバもほぐし入れ、最後に水溶き片栗粉でまとめました。
夫いわく、スプーンで煮物をいただくのは新しいね。野菜雑炊みたいで、違った料理になるよねと。少し目先が変わった感じがしたのでしょうか。シンプルな所にサバのタンパク質感も加わって、さっぱりしながらもボリウムのある煮物になりました。
元々は、ローマ風卵スープを授業で作りその残りと、塩サバの焼いたものがありましたので、そのリメイク料理です。蕪の葉はアッと言う間に黄色に変身してしまうので、出来るだけ早めに料理をした方がいいですね。
★夫曰く、スプーンでいただく野菜雑炊みたいな煮物。★
●《材料》蕪、絹ごし豆腐、焼き塩サバ、卵スープ(卵・粉チーズ)、片栗粉 《調味料》塩、こしょう
●《作り方》溶き卵に粉チーズを入れて、一煮立ちしたお湯に回し入れ、泡立て器で卵を潰した卵スープを作る。そこに細かめに刻んだ蕪の葉、崩した豆腐、焼き塩サバをほぐし入れ、塩・胡椒で味を調え、水溶き片栗粉でまとめる。

:::励みになりますので、ランキングクリックもヨロシクね。:::

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 kanrinin : 2016年01月29日 12:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/4299