≪ キヌサヤ卵とじ | メイン | トマト煮込みの大葉巻き ≫

2016年06月11日

■ 炊飯器で作る肉巻きロール
テレビ

★9日のスッキリでご紹介したレシピです。
9日のスッキリでご紹介したレシピです。
炊飯器の保温スイッチを利用するととっても簡単に一品出来ます。私はこの保温機能を使って、普段から色々試しては研究していますので、その中から一品「肉巻きロール」を番組でご紹介しました。
炊飯器の保温は70℃で、お肉が硬くならず、旨味が一番出て来る温度帯です。保温料理はその温度帯でじっくり煮込んでくれる料理で、それを利用すれば、誰でも簡単に一品がとても美味しく出来ます。番組でご一緒の松嶋尚美さんもビックリの一品でした。是非、皆さんもお試しくださいね。
★炊飯器の保温は70℃で、お肉が硬くならず、旨味が一番出て来る温度帯です。★
●《材料》パプリカ300g、豚肩ロース8枚、梅干し、片栗粉 《調味料》塩、胡椒
●《作り方》パプリカを細切りにし、梅肉を潰して塗った豚肩ロース肉で巻き、楊枝で止める。パプリカの酵素がタンパク質を分解し、梅干しのクエン酸もお肉を軟らかくします。塩・胡椒をして炊飯器に入れ保温スイッチを入れON。2時間したら取り出し、スープに水溶き片栗粉でトロミを付けたら出来上がり。

:::励みになりますので、右下のランキングクリックもヨロシクね。:::

1日1回、応援のクリックをお願いします→ 人気blogランキングへ

投稿者 管理人 : 2016年06月11日 23:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chinamisan-blog.com/MT/mt-tb.cgi/4381